イートモ日記

<   2018年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

参観していただきます

今週はある先生が1日参観にいらっしゃいます。
大好きな先生です。
私はつい自分がいいカッコしようとしてしまいます。
でも、始まってまだ10日くらいのクラスを見ていただくのです。
自然な様子を見ていただいて、私の指導の弱点をご指導していただこうと思います。う


[PR]
by pyson-i | 2018-04-16 21:01 | Comments(0)

執筆モード

道徳授業の原稿を書いています。
素材は,私のお気に入りのもので,もう10年くらい使っているものです。
この機会がなければ,きちんと人に伝わるように書いていなかったので,このような機会をいただいたことに感謝しています。
しかし。
私が締め切りを勘違いしていて,明日が締め切りだと今わかりました。
がんばります!

[PR]
by pyson-i | 2018-04-14 18:45 | Comments(0)

ホームラン!「始業式の日の朝自習」

始業式の日。
クラス替えの前に朝自習がありました。
15分間,自分たちで静かにできる活動を何か準備しなければなりません。
今まで担任していた子達に何をしてもらおうかなあと考えました。
考えた末,手紙を書いてもらうことにしました。
「新しくイートモ先生(仮名)のクラスになるあなたへ」
というタイトルで書いてもらうことにしました。
さすが1年間いっしょに過ごした子どもたちです。
子どもたちは,私が伝えたいことを見事に書いてくれました。
「こういう先生だよ。」
「こういうことをするよ。」
「こういうことをすると褒められてこういうことをすると叱られるよ。」
何枚かを新しいクラスの子に読み聞かせ,全部を教室に掲示しました。
これはヒットだなあと思いました。

でも,もっとよい実践,ホームランがありました。
それが,今のクラスの子たちが書いたものです。
前の学年主任の先生がやってくださいました。
それは,「新しく担任になる先生に自分のことをアピールしなさい。」というものでした。
紙に得意なことや好きなこと,苦手なことが書かれていました。
こちらの方が,子どもたちが新しいクラスの担任の先生と良い関係を築くための助けとなります。
今日はそれをじっくり読み,すべて手帳に書き写しました。
子どもたちのことを知るために,大きな助けとなりそうです。

私の実践は言わば自分のためのもの。
前の学年主任の先生の実践は子どもたちのためのもの。
来年度は子どもたちのことを考えてこちらにします。




[PR]
by pyson-i | 2018-04-08 19:57 | Comments(0)

授業づくりネットワーク東京集会

授業づくりネットワーク東京集会でお話させていただきました。

先々週が千葉。
先週が仙台。
そして,昨日の東京。
3週連続で学級開き,授業開きをテーマにお話させていただきました。
修了式から始業式までのこの期間に3週連続は,ちょっと大変でした。
しかし,得るものも大きく,やってよかったと思いました。

昨日の私の出番は次の3回でした。
・8分間トーク
・武田緑さんとの対談
・学級開きアクティビティーの提案と鈴木優太さんとの対談

8分間トークでは,私の出番は7番目でした。
すでに,参加者のみなさんは1時間以上座って話を聞いているという状況でした。
この状況を生かして,話を進めました。
8分であれもこれも話すことは不可能なので,ポイントをしぼって話をしました。

次は対談です。
これがおもしろかったです。
教育コーディネーターの武田緑さんと私は立ち位置が全然違います。
だからこそおもしろい話になりました。
「なんで~をする必要があるんですか?」
普段当たり前にやっていることの価値を考えさせられました。
脳が揺れました。
「あれ?間違っているかも?」
なんて思いました。
異種との交流。大事です。

最後はアクティビティーの提案と優太さんとの対談でした。
これは時間が足りませんでした。
もっともっと伝えたいことがありました。
しかし,終わった後にたくさんの人が質問に来てくれたので,その人達には伝えることができたのでよかったです。
優太さんは対談が終わった後,自分の気づきを教えてくれました。
この姿勢に驚きました。
私が何気なく質問したことから,彼は自分の中でそれを掘り下げて考えていたのです。
この人はいつもこうやって人との対話を通して,学び成長していっているのだと感動しました。
先週の仙台での対談や1年前に私が話したことを自分の中に取り入れて実践していました。そして,フィードバックをくれました。
私のような者からも学ぼうとする姿勢,本当にすばらしいです。
だからこそ,こんなにすごい実践家になっているのだと思いました。
見習いたいと思うし,私の周りの人たちにもっと彼を知ってもらいたいと思いました。

さて。
修了式では,担任していたクラスの子供たちの様子に気持ちをすべて持って行かれ,
送別会では,お世話になった先生方とお別れして,
我が子の卒業式や入学式があり,
そして,新しい学級の子供たちとの出会いがあり,
そんな中,3週連続で外に出て話をするというナカナカない状況でした。

忙しいですが,それだけ充実しているとも言えます。


[PR]
by pyson-i | 2018-04-08 08:23 | Comments(0)

仙台から帰って来ました。

仙台で学級開きのお話をさせていただきました。
2年連続でお話をさせていただきました。
昨年参加して下さった方もたくさん参加して下さっていました。
昨年私が紹介した実践をやっているという話もたくさん聞きました。
嬉しかったです。
同時に責任の重さも感じました。

堀先生のやわらかい雰囲気の下,私も参加者の方々といっしょにワークに参加しました。
話を聞いたり,話したりしていく中で,自分の考えが明確になっていくのがわかりました。
書いたホワイトボードやワークシートを見ると,頭の中がすっきりしました。

松尾さんとは,似ているところもたくさんあり,違うところもたくさんあります。
私のやっていることを松尾さんが紹介したり,その逆もあったりします。
私がやっていることを松尾さんというフィルターを通すと,「こうなるんだ!」という発見がありました。
これがおもしろかったです。
松尾さんのよさをどんどん吸収していきたいです。

尾形さんと優太さん。
この二人からはいつも刺激をいただけます。
実践の中味もすばらしいのですが,特にその伝え方が勉強になりました。
二人とも伝え方がめちゃくちゃうまいです。
実践とその伝え方を取り入れていきたいです。
特に今回私は「できるだけたくさんの役に立つおみやげを!」とたくさんの資料を用意しましたが,消化しきれなかった感が残ったので。伝え方がたいへん参考になりました。

2年連続呼んでいただいたことで,遠く離れた仙台に仲間ができたように感じました。
ステキな方々との交流からは,多くの刺激をいただきました。
講師でなくても普通に参加したいと思いました。

[PR]
by pyson-i | 2018-04-01 12:24 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

最新のコメント

前進あるのみです。 変..
by pyson-i at 18:22
痛みを受け止められるから..
by しーさん at 19:07
授業をした直後、「ああ、..
by pyson-i at 05:14
飯村先生が授業下手って(..
by 松尾 at 22:42
元教え子さん。コメントあ..
by pyson-i at 20:36
コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな