イートモ日記

<   2015年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

キラキラな顔

今日は前にいっしょに働いていた先生が1日参観にいらっしゃいました。
子どもたちの表情を褒めていただきました。帰りの会で子どもたちに「何事も全力で一生懸命にやっているから,そんなにキラキラな顔なんだね。」と話して下さいました。
大事なポイントだと思いました。最近はこれを言語化していませんでしたが,私の中ではもう言語にするまでもなく,大事なことなのです。これは前提です。
あと、いっしょに働いていた頃よりも私の授業が上手くなったと褒めていただき、素直にうれしかったです。
勉強になったと言って下さいましたが,子どもたち一人一人への声かけなど私の方こそ勉強になりました。
今月は4名の先生方がいらっしゃいました。こうやっていろいろな先生方に来ていただいて,私も子どもたちも本当に得をしています。
[PR]
by pyson-i | 2015-11-30 19:35 | Comments(0)

理科 考察ができるようにするためには

理科の授業を真剣に考えています。
その中でも最近の関心事は,子どもたちが自力で「考察」をできるようになることです。
ここで言う「考察」とは実験の結果から考えられることのことです。
考察ができるようにするために、いろいろな手段を考えてきましたが,最近授業をしていて,自分的に大発見をしました。
それは,考察ができるようにするためには,直接考察する場面で手立てを考えるのではなく,実験方法を考える時に,きちんと見通しをもたせることが最も大切だということです。
自分の中では大発見でした。これまで,考察の場面でああでもないこうでもないといろいろな手段を試してきましたが,この場面ではなく,もっとずっと前にツボはあったのです。

例えば,「インゲンマメが発芽するためには何が必要だろうか?」という学習問題を解決する学習をするとします。
予想は「水が必要だろう。なぜなら,今まで植物を育ててきたときに,必ず水やりをしてきたから。」となります。
実験方法は,「一方のインゲンマメに水を与え,もう一方のインゲンマメには水を与えないようにして比べる。」となります。
ここで,実験の見通しをきちんともたせます。ここでの見通しは,「水を与えたインゲンマメが発芽し,与えていないインゲンマメが発芽しなければ,発芽には水が必要だと言える。」「どちらも発芽するかどちらも発がしなければ,水は必要ないと言える。」となります。
この見通しをもっていれば,これ以降の結果,考察を書くことは容易となります。

結果は,実験の結果のみを書くので,「水を与えたインゲンマメは発芽して,水を与えていない方は発芽しなかった。」となります。
考察は実験の結果から考えられることなので,「インゲンマメが発芽するには,水が必要である。」となります。

私が勝手にこう思っているだけなので,「そんなのあたりまえでしょ。」とか「いや。違う。」などのご意見もあると思います。
まあ,私レベルの授業者の発見なので大したことではないですね。そして,間違っているかもしれません。
今後も,勉強していきます。
[PR]
by pyson-i | 2015-11-27 19:30 | Comments(0)

でんでろりんの顔

今朝、子どもたちの顔がでんでろりんでした。
ドヨーンとしていて、まるで連休明けのようでした。
いつもは目をキラキラさせて話を聞いてくれるあの子もあの子もあの子もでんでろりんの顔をしていました。全身から疲れオーラが出ていました。
「おかしいな木曜日なのになあ」などと思いながら、どうしようか考えました。
すぐに、全員立たせ10回ジャンプさせました。
この時点でほとんどの子どもたちが笑顔になりました。
次に、二重跳びのジャンプです。空中で手を2回叩くジャンプをしました。
そして、班で向かい合って、ニンッと笑顔を作る練習をしました。
最後は返事で声出しです。「〇〇が好きな人?」「はいっ」などと集団で返事をしていくものです。
ここまでやると、いつも通りの最高にかわいらしい表情になりました。

「朝から元気がないぞ!」という説教をするよりも、ちょっとした活動をするだけで子どもたちは変わるものです。
教師はニコニコとずっと上機嫌でいればいいのです。

後から考えたら、今日は寒かったからかなあなんて思いました。
寒いと、身も心も縮こまるものです。
だから、温かく温かくしてあげればいいのです。

それにしても寒くなりましたね。
[PR]
by pyson-i | 2015-11-26 17:47 | Comments(2)

情報量は移動距離の・・・

3週間ほど前に、下関まで道徳の勉強に行って来ました。

私の道徳授業が変わりました。
いや、変わったというよりはバリエーションが増えました。

今日の道徳授業では、これまでの私なら絶対にしていないであろう授業ができました。
資料のとらえ方,発問の仕方を少し変えたら,授業が大きく変わりました。
下関で学んで来たことです。

「情報量は移動距離の2乗に比例する」と聞いたことがあります。
今回は,飛行機に乗って,下関まで行き、いろいろな研究団体が学ぶ研修会に参加しました。
尊敬する先生にわざわざ招待していただき,友人に背中を押されたからこそ参加しました。 
たくさんの情報が入ってきました。
[PR]
by pyson-i | 2015-11-25 19:05 | Comments(0)

ぼくはもうそこにはいないけれど

授業をいろいろな方に参観していただいています。
いろいろなフィードバックをいただいています。
若い先生から「子どもたちの対応に追われバタバタと1日が終わる」ということをよく聞きます。
そうならないためには、まずは教師がクラスをドライブできるようになることです。
今の私には関心が薄いことなので、最近はあまり人に話さなくなりましたが、まずはそこが大切なのかなあと改めて思うようになりました。
4年前に若い先生のために書きました。
『どの子の信頼も勝ち取る!まずは人気の先生になろう!新卒3年目までの最強クラスづくり』


c0167323_194291.jpg

まずは、教師がドライブできるクラスをつくる。
まずは、子どもたちから信頼される先生になる。
そこからスタートです。
そこをクリアしたら、そこには満足できなくなっているはずです。
次のステップが待っています。
[PR]
by pyson-i | 2015-11-24 19:04 | Comments(0)

今年度4回目の一日参観

明日は市内の先生方が一日参観にいらっしゃいます。
今年度はこれで4回目となります。
まだまだ続きます。
自分にとっても子どもたちにとっても成長できる場です。
いつも通りを見ていただきます。

それにしてもあと4か月かあ。
あっという間です。
[PR]
by pyson-i | 2015-11-18 20:07 | Comments(0)

自分のための仕事

人がひくような時間に起きてその日の授業の準備をします。
それをしないでも授業はできてしまいます。
しかし、それでは自分が楽しくないのです。
その日1日が、やらなければならない仕事を片付ける1日になります。
疲弊します。

しかし、ちょっと早起きして自分がやっていて楽しいように授業を考えると、
やりたい仕事をやらせてもらうという意識になります。
疲労はしますが、心地よい疲れです。

仕事は、人のためではなく、自分のためです。
それが結果として人のためになってはいるのかもしれないけれど、あくまでも自分のためなのです。
ただ、いつまでもそんなことは言っていられないのかなあとも思います。
とりあえず今日も仕事を楽しみます。
[PR]
by pyson-i | 2015-11-11 21:22 | Comments(0)

決めるからできる

車で通勤しています。
車を運転しながら,朝のニュースを聞き流していました。
何となくクラスの子たちとの給食中の会話を思い出しながら。
「あの言動はだめだな。」
「どんな風に指導をしたら響くかなあ。」
そんなことを考えていました。
あるスポーツ選手のインタビュー映像が流れた時、ひらめきました。
すべてがつながりました。
子どもたちの現状。
教師の思い。
資料。
指導法。
学校に着くまでの間に、頭の中で45分の授業の流れができていました。
それを忘れないようにあわててノートに書きました。

こうやって授業のアイデアが思い浮かぶのは,いつだって「自分で授業を創るぞ」と決めた時です。
何も意識せずにアイデアがひらめくということはありません。
やると決めるからできるのです。
[PR]
by pyson-i | 2015-11-11 05:19 | Comments(0)

隣の市の先生が1日参観にいらっしゃいました。

今日は隣の市の先生が一日参観にいらっしゃいました。
見てもらうと,自分の指導の弱点が意識できます。
別にその先生に指摘していただいたわけではないけれど、参観者の目を意識すると、自分で気が付くことができるのです。
いろいろ弱点がわかりました。
まだまだ甘いなあと自分の指導の至らなさを痛感したのと同時に、次にすべきことがわかり、すっきりしました。

さあ、がんばろう。

やはり参観していただいて得するのは私であり、改善された指導を受けることができる子どもたちです。

帰り際に「明日、子どもたちに会うのが楽しみになりました。」という言葉をいただき、元気が出ました。

今月はあと3名の方がいらっしゃいます。
ありがたい機会です。
[PR]
by pyson-i | 2015-11-09 19:01 | Comments(0)

下関へ

下関で開かれた道徳教育合同研修会に参加してきました。
大きな成果は3つです。
・お会いしたいと思っていた方々にお会いできたこと。
・道徳の授業づくりについて大きなヒントを得たこと。
・行き帰りの飛行機の中で友人との会話から目の前のことを深く考えられたこと。
それにしても飛行機に乗って、会議と研修会に参加するなんて自分でもびっくりです。
[PR]
by pyson-i | 2015-11-08 19:55 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2008年 08月

最新のコメント

前進あるのみです。 変..
by pyson-i at 18:22
痛みを受け止められるから..
by しーさん at 19:07
授業をした直後、「ああ、..
by pyson-i at 05:14
飯村先生が授業下手って(..
by 松尾 at 22:42
元教え子さん。コメントあ..
by pyson-i at 20:36
コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな