イートモ日記

<   2013年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今のところの今年度の予定

今年度は全国をまわります。
私のような者にこのような機会を与えていただいて,感謝しております。
せっかくの機会です。
参加してくださる先生方のため,先生方の教室の子どもたちのためにせいいっぱいがんばります。
もちろん自分の教室が一番。
自分の教室で実践したことをお話ししていきます。

見ていてくださいね。

・6月22日(土) 長野県 佐久市
 全国の中堅・若手から学ぶ! 教育実践セミナーin長野
   ~これからの教師のためのクリエイティブ授業のつくり方~
   http://kokucheese.com/event/index/84449/

・7月25日(木) 三重県 四日市市
 講演「どの子の信頼も勝ち取る!最強クラスづくり」

・8月10日(土)11日(日) 北海道 帯広市
 授業づくりネットワーク2013in北海道・帯広
  http://kokucheese.com/event/index/82002/

・8月31日(土) 千葉県 市川市
 学級づくりセミナー~子どものやる気スイッチの入れ方~
  http://kokucheese.com/event/index/91981/

<2学期以降>
・10月12日(土)千葉県 千葉市 

・11月 3日(日)神奈川県 横浜市

・11月23日(土)京都府 京都市

・1月11日(土) 富山県 富山市

・2月 8日(土) 三重県 四日市

・2月 9日(日) 愛知県 名古屋
[PR]
by pyson-i | 2013-05-31 19:30 | Comments(0)

ありがとうございました。

見ていて下さい。

あなたの分も顔晴ります。

今までありがとうございました。

あなたと出会えたことに心から感謝しています。
[PR]
by pyson-i | 2013-05-31 04:40 | Comments(2)

むちゃぶりはチャンス

市教研の初めて行った部会。

「部長をやってください。」

できない理由はいくらでもありました。
初めて来た部会だし。
そもそも特活についてよく知らないし。
講師の人知らないし。
他にふさわしい人がたくさんいるし。
でも、この時。
「はい。やります。」
と返事をしました。

「富山県で実践発表をしませんか。」
「来週のmini-1に出ないか?」
「編集者が来るから,単著のプロットを用意してきてください。」


できない理由はいくらでもありました。
むちゃぶりばかりでした。
でもできない理由は言いませんでした。
ふりかえってみて思うのは,むちゃぶりはチャンスだということです。

飛躍的に自分の力量を高めることができたように思います。
とは言っても、高まってもこの程度ですが・・・。

だから、できない理由は考えない、言わない。
成長するためにはこれが大事です。

でも、あの人のむちゃぶりには何もチャンスがありませんでした。

「イートモ先生はアントニオ猪木のものまねが得意だそうです。」
いろいろな場でむちゃぶりがとんできました。
公開研究会の授業前になぜ私がものまねをしているんだ?
という時もありました。
まあ、私もたくさんしているのですが。

昨日は,そんなことも思い出しました。
[PR]
by pyson-i | 2013-05-31 04:25 | Comments(0)

運動会をやること自体は目的ではない。

運動会を通してどんな力をつけるか。
大事なのはここです。
練習時間を多くとれば,見栄えはよくなるけれど,それで満足していてはいけません。
見栄えがよい=力をつけた ということではありません。
どのように練習に取り組んだのかということの方が重要です。
1回の練習でどれだけ子どもに力をつけたか?
運動会への取り組みを通してどんな力をつけたか?
ここが勝負です。
見栄えや,勝敗,結果も大事ですが,1番ではありません。
1番大事なのは,子どもに力をつけることです。
ここを間違えてはいけません。
教師も保護者もここを忘れてはいけません。
運動会をやること自体が,目的になってはいけません。
忙しくなってくると,それがわからなくなってしまいます。
いつの間にか運動会をやること自体が目的になってしまっています。
自戒を込めて書きました。
気を付けなければなりません。
[PR]
by pyson-i | 2013-05-26 11:59 | Comments(0)

ライブは

先日、陸上競技場に行きました。
ちょうど、実業団の選手の方々が練習しているところでした。
長距離の選手はトラックをずっと走っていました。
ずっとです。
ハアハアとすごい息です。まさに限界まで自分を追い込んでいるという感じでした。
テレビでマラソンを見てもこんなに苦しそうな様子は伝わってきません。
あんなに大きな声で呼吸をするものなんですね。
短距離の選手の一歩はものすごいです。
一歩一歩が跳躍のようです。
これも今までテレビで見てきましたが、こんなにすごいものだとは思いませんでした。

初めてJリーグを見に行った時も、何気ない体の使い方1つで「うまい!」と思いましたし、東京ドームシティーでゴセイジャーショーを見に行った時も、「俳優さんかっこいい!」と思いました。

何でもライヴはいいなあと思います。
伝わってくるものが違います。
ネットや本、テレビでわかったような気になってないで、動き回ろうと思いました。
[PR]
by pyson-i | 2013-05-26 07:44 | Comments(0)

8月までの講座の予定

・6月22日(土) 長野県 佐久市
 全国の中堅・若手から学ぶ! 教育実践セミナーin長野
   ~これからの教師のためのクリエイティブ授業のつくり方~
   http://kokucheese.com/event/index/84449/

・7月25日(木) 三重県 四日市市
 講演「どの子の信頼も勝ち取る!最強クラスづくり」

・8月10日(土)11日(日) 北海道 帯広市
 授業づくりネットワーク2013in北海道・帯広
  http://kokucheese.com/event/index/82002/

・8月31日(土) 千葉県 市川市
 学級づくりセミナー~子どものやる気スイッチの入れ方~
  http://kokucheese.com/event/index/91981/
[PR]
by pyson-i | 2013-05-25 20:25 | Comments(0)

8月31日 子どものやる気スイッチの入れ方セミナー開催決定!

学級づくりセミナー~子どものやる気スイッチの入れ方~IN千葉

ある教師が指導すると,子どもたちは無我夢中で取り組みます。
ところが,ある教師が指導すると,同じ内容を指導しても,子どもたちはおふざけモードになってしまい,まったくやる気を示しません。
何が違うのでしょうか。
違いは,子どもたちの「やる気スイッチ」を入れているかどうかです。うまくいく場合は子どもたちの「やる気スイッチ」が入っています。「やる気スイッチ」の入った子どもたちは,自分たちのもっている力を存分に発揮することができます。
スイッチの入れ方を知っていて,スイッチを入れ続けことができる。これが大事です。
それでは,どうすれば子どもたちの「やる気スイッチ」を入れることができるのでしょうか。
子どもたちの「やる気スイッチ」の入れ方を具体的な事例を挙げながら紹介していきます。
講師3人は全員30代です。それぞれに学びを深め、子どもたちのやる気を引き出すことに日々挑戦し続けています。成功と失敗を繰り返し,日々悩みながら実践に挑戦しているからこそ,伝えられることがあります。
いっしょに子どもたちの「やる気スイッチ」の入れ方について考えていきませんか。
そして,やる気いっぱいのクラスをつくりませんか。
 
講師紹介

飯村 友和(いいむら ともかず)

千葉県佐倉市の小学校教員12年目
教育サークル「明日の学級づくりを語る会」代表
「教室は自分を磨くところ」をモットーに日々子どもたちと向かい合っ
ている。3度の飯より猫が好き。
『どの子の信頼も勝ち取る! まずは人気の先生になろう!新卒3年目までの最強クラスづくり』(明治図書)

河邊 昌之(かわべ まさゆき)

千葉県船橋市の小学校教員  
日本の心を育む学習会「まほろば」会員 中條塾読書会会員       
平成24年度日本教育児童振興財団主催教育実践論文新人賞

松尾 英明(まつお ひであき)

千葉県木更津市の小学校教員12年目
野口芳宏氏の「木更津技法研」で国語、道徳教育について学ぶ他、
原田隆史氏の「東京教師塾」で目標設定や理想の学級作りの手法に
ついても学ぶ。現在は体育を中心に実践発表を展開中。
メルマガ「二十代で身に付けたい!教育観と仕事術」 ブログ「教師の寺子屋」


日時 平成25年8月31日(土)  13:20~17:00  *受付13:00~

場所 山崎製パン企業年金基金会館 5階 A会議室  TEL 047-321-3600
   JR市川駅から徒歩2分
~公式ホームページ~  URL http://www.yamazakipan-nenkinkaikan.jp/

日程
13:20 はじめの会(事務局)・講師紹介

13:30 第1講座 「事前指導,人間関係づくりで子どものやる気スイッチオン」
      飯村友和 50分 
      
14:30 第2講座 「やる気スイッチは教師が見つける」
      河邊昌之 50分 
      
15:30 第3講座 「率先垂範,魅力的な素材で子どものやる気スイッチオン」
      松尾英明 50分

16:20 第4講座 「今日の学び・グループワーク」
      飯村友和 河邊昌之 松尾英明

16:45 感想用紙記入

参加費 一般 2000円
    学生 1000円

定員 45名

参加申し込み
こくちーず 
http://kokucheese.com/event/index/91981/

懇親会  
17時より会場近くの居酒屋で開催予定。参加費は(3000円程度)です。
是非、ご参加下さい。
[PR]
by pyson-i | 2013-05-19 20:23 | Comments(0)

8月31日

8月31日に,千葉県の市川市でセミナーを開きます。
「子どものやる気スイッチの入れ方(仮)」のようなテーマでやります。

メルマガ「『二十代で身につけたい!』 教育観と仕事術」の松尾英明先生

雑誌「教師のチカラ」でやる気いっぱいの子どもたちの映像が話題の河邊昌之先生

と私でやります。(私はおまけですね。)

ある教師が指導すると,子どもたちは無我夢中で取り組みます。
ところが,ある教師が指導すると,同じ内容を指導しても,子どもたちはおふざけモードになってしまい,まったくやる気を示しません。
何が違うのでしょうか。
違いは,子どもたちの「やる気スイッチ」を入れているかどうかです。うまくいく場合は子どもたちの「やる気スイッチ」が入っています。「やる気スイッチ」の入った子どもたちは,自分たちのもっている力を存分に発揮することができます。
スイッチの入れ方を知っていて,スイッチを入れ続けことができる。これが大事です。
それでは,どうすれば子どもたちの「やる気スイッチ」を入れることができるのでしょうか。
子どもたちの「やる気スイッチ」の入れ方を具体的事例を挙げながら紹介していきます。
講師3人は全員30代です。それぞれに学びを深め、子どもたちのやる気を引き出すことに日々挑戦し続けています。成功と失敗を繰り返し,日々悩みながら実践に挑戦しているからこそ,伝えられることがあります。
いっしょに子どもたちの「やる気スイッチ」の入れ方について考えていきませんか。
そして,やる気いっぱいのクラスをつくりませんか。

詳細は決まりましたら,このブログにアップします。
[PR]
by pyson-i | 2013-05-17 04:39 | Comments(0)

3刷になりました!!

拙著『どの子の信頼も勝ち取る!まずは人気の先生になろう!新卒3年目までの最強クラスづくり』が3刷になるそうです。
多くの方に読んでいただけているようで,うれしいです。c0167323_20305371.jpg
[PR]
by pyson-i | 2013-05-16 20:31 | Comments(0)

合わせ技一本

1つの手法がだめでも,簡単にあきらめてしまってはいけません。

思い返してみると,
「子どもをこうしたい。」
と強く思った時には,1つの手法だけでは終わりません。

あれをやってこれをやってと,いくつもの手法を試みて,「合わせ技一本」のような形になります。

前に,ある研究会で「小さな福の神」を紹介したところ,
「先生の『小さな福の神』さえあれば,私のクラスの子どもたちの人間関係もよくなりそうです。」
という感想をいただいたことがありました。
素直にうれしいとも思ったのですが,同時に危険だなあとも思いました。
もちろん,これだけでは,よくなりません。
子どもたちの人間関係をよくしたいと思い,いくつもの手法をやってみて,その中の1つが福の神だったので,要因は複合的に絡まりあっているわけなのです。

多賀一郎先生の「全員を聞く子どもにする教室の作り方」を読み返していました。
多賀先生は,聞く子にするために,これでもかというくらいの手法を使っています。
この本には,基本的な考え方から,たくさんの手法まで出てきます。
しかし,それでもなお,「全員を」というのは難しいと思います。
後は,それぞれの教師が「聞く子にするんだ。」と強く願い,それぞれの子の実態に応じた手法を考えることが必要だと思います。
その上で,「今はできなくてもいいよ。」という余裕を持つことも必要です。

「これをやっておけば大丈夫」というような魔法の手法は存在しないのではないかと思っています。
「クラス会議」しかり「ほめ言葉のシャワー」しかりです。
合わせ技一本なのです。
[PR]
by pyson-i | 2013-05-12 17:10 | Comments(2)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2008年 08月

最新のコメント

前進あるのみです。 変..
by pyson-i at 18:22
痛みを受け止められるから..
by しーさん at 19:07
授業をした直後、「ああ、..
by pyson-i at 05:14
飯村先生が授業下手って(..
by 松尾 at 22:42
元教え子さん。コメントあ..
by pyson-i at 20:36
コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな