イートモ日記

<   2010年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

運動会のダンス

教員になって2年目の年から、昨年度までずっと体育主任でした。
運動会では、全体のことをしていました。
学年の先生方が気を遣ってくださってダンスの全体指導は、今まで一度もしたことがありませんでした。
ところが今回、2年生のダンスの指導を担当させていただくことになったのです。
うーん。
新たな境地を開拓できそうです。
アニメ「ワンピース」の主題歌に合わせて、旗を持って踊ります。
どんなダンスにするか、この連休中に考えます。
[PR]
by pyson-i | 2010-04-29 20:02 | Comments(0)

手応えを感じています。

新しいクラスがスタートして1カ月が経とうとしています。
3月まで、1学年上の子たちといっしょにいました。
自分にできることはほぼすべて出し切って、ある程度高めることができたクラスでした。
尊敬する先輩方のクラスに比べれば、まだまだでしょうが、私なりに自信のあるクラスでした。
その子たちと別れて、また2年生の担任としてスタートしました。
前回は、学級解体した後のクラス。
今回は、担任だけが変わったクラス。
違いはありました。
しかし。それにしても・・・。
スタートした直後は、「あれもできない。これもできない。ここから指導しなければならないのか。」などとマイナスのことばかり考えていました。
よくないですね。

でも、いつの間にか「今に見ていろ。3月にはこのクラスをこの子たちをすごい姿にしてみせる。」と思えるようになりました。
1か月近く経ってみると、私らしいクラスになってきているなあという実感があります。
教室から体育館に整列して、黙って歩くことができなかった子たちが、できるようになりました。
だれでも答えられそうな発問に対して、手を挙げるのが2,3人だった集団が全員手を挙げれるようになりました。
健康観察で、「病人か!」とつっこみたくなるよいうな返事しかできなかった子が、大きな声を出せるようになり、運動会の応援団になってしまいました。
漢字の小テストで、第1回は100点が2人しかいなかったのに、先週は26人が100点を取れました。
まだまだですが、ちょっとずつよくなってきています。

できていないことがあまりに多く、あれもこれもと指導しているとはしの上げ下ろしまでしつこく言ってしまいそうなので、今は見逃しているところもたくさんあります。
特にこだわったのは、あいさつ、返事、くつのかかと、話の聴き方です。
徐々に他のことにも広げていきます。
連休明けは、給食指導をしていきます。
残食が多いこと。準備に時間がかかること。後片付けが悪いこと。
さあ、現状がどの程度よくなるのか楽しみです。
今に見ていろ。
[PR]
by pyson-i | 2010-04-29 05:51 | Comments(0)

今週は

長男が幼稚園入園以来、おたふく、ヨウレンキンの疑い(病院に連れて行ったら、ただのかぜだった)と病気が続いています。半分くらい休んでしまっています。

生れたばかりの次男は、低体重児なので3時間おきに授乳しなければなりません。
ずっと奥さんにやらせるのは、大変なので何回かに1回は私がミルクをあたえています。

そんな状態で、おとといの丸一日と昨日の半日、学校をお休みしました。
軌道にのりつつある教室を空けるのは、悔しいのですが、こればかりは仕方がありません。
5月に横浜で開かれるJUTも出たかったなあ。
自信のある授業ができているのに。
集まったみなさんに見てもらいたかったです。

って書いているとマイナスのことばかりですね。
新たな家族が加わった喜びをもっと感じないといけないですね。
そうそう、次男は目がぱっちり二重で、整った顔をしています。
なかなか男前になるのではと妻と話しています。
長男は、慣れない集団生活にストレスを感じていますが、次男のことをかわいがっています。
だっこしたり、ミルクをあげたりしています。
その様子がまたかわいいです。
[PR]
by pyson-i | 2010-04-28 04:50 | Comments(0)

うわばき

この4月から幼稚園に入った長男がうわばきを持って帰ってきました。
さっそくシューズ用のブラシを2本買い、2人でお風呂で洗いました。
新品だったのに、1週間で結構汚れるんですね。
ゴムのところの汚れはかなり強く何度もこすらないと落ちませんでした。
息子が自分でやったと思わせながら、きれいにするのはなかなか大変でした。
私は、今まで小学校の教員として毎週クラスの子どもたちにうわばきを持ちかえらせていました。
自分が子どもといっしょに洗うのは初めてでした。
なんだか新鮮な気分でした。
親がすべて洗う家庭。
子どもが洗う家庭。
親と子で洗う家庭。
持ちかえっても洗わずにそのまま持ってくる家庭。
持ち帰れるように言っても、持ち帰らない家庭。
いろいろありますが、今まで何気なく見ていた子どもたちのうわばきの背景にもいろんなことがあるんだなあと思いました。
[PR]
by pyson-i | 2010-04-25 21:08 | Comments(0)

当番活動

一人一役の当番活動をやっています。
現状での子どもたちのレベルは次の3段階です。

自分の当番の仕事も満足にできない。
声をかけないとやらない。
残念ですが、現状では、半数の子がここです。
これは、システム、指導に問題があるということです。

自分の当番の仕事は責任をもってやる。
ここのレベルに数名います。
でも、ここは目指していません。
こんなことは当たり前で、次のレベル2ができる子にしたいです。

自分の当番の仕事は責任をもってやる。
さらに、みんなのためになることを自分から進んでやる。
今日は、数名この動きが見られました。
こういう動きを見逃してはいけません。
バンバン評価していきます。
3月には、全員がここのレベルにいることを目指します。

今のところこれらの下、「声をかけてもやらない」という子はいません。
しかし、自分の仕事以外の動きはまだまだです。
ちょっとしたことでも褒め、ここをどんどん増やしていきたいです。
友だちのいすをそろえる。
気付いたら、電気を消す。
配るプリントが多かった時に、手伝う。
ごみを拾う。
今日は、そんな行動が見られました。
こういうことをどんどん増やしていきたいです。

深澤先生の実践「世のため 人のため」をやってみようかなあとも思っています。
[PR]
by pyson-i | 2010-04-19 18:35 | Comments(0)

小三教育技術にうちのミャーコとパイソンが

小三教育技術5/6月号にちょこっとだけ載りました。
そういえば、ここ数カ月連続でちょこっとだけ登場しています。
今回は、「教師の人生設計ホンネ白書趣味編」というコーナーです。
我が家の書斎と我が家の猫、ミャーコ、パイソンと私の写真が載りました。
猫をかわいがることと読書が趣味ということで載せていただきました。
機会があったら、見て下さい。
4月からリニューアルした「教育技術」は、オススメです。
今までのものよりずっとずっとよいと私は思います。

趣味と言えば、しばらくやっていなかったサッカーを32歳にして再開しました。
体の動かなさにびっくりしました。が、楽しいですね。
[PR]
by pyson-i | 2010-04-18 20:54 | Comments(2)

助産師さん

長男の時に続き、今回も立ち会い出産でした。
分娩室での助産師さんたちのあたたかさに感動しました。

世の中には、いろいろな職業があって、それぞれの人がそれぞれの持ち場でがんばっています。
みんながそれぞれの場所でがんばって、今の日本を支えているんだなあと思いました。
「みんな、えらい。」
今回の妻の出産で、そんなことを思いました。
私も、たくさんある職業の中から選んだ自分の職業でがんばろうと思いました。
[PR]
by pyson-i | 2010-04-18 08:35 | Comments(0)

うまれました。

深夜、3:21。
赤ちゃんがうまれました。
男の子です。

予定日は、5月10日だったので早産となりましたが、母子ともに元気です。
一安心です。
病院の先生、助産師さん、看護師さん、
そして、一番がんばったうちの奥さんに感謝しています。
長男にそっくりで、鼻が奥さん似で、口が私似です。
[PR]
by pyson-i | 2010-04-18 08:30 | Comments(6)

にゃんたくん

にこにこ元気いっぱい
くらすいつでもぜん力とうきゅう
みんななかよしな2ねん2くみ

クラス目標が決まりました。
クラス目標は,次のような手順で決めました。
最初に,私の願いを語り板書しました。
その後に,子どもたち全員が,紙に1つずつ書いて,黒板に貼りました。
最後に,話し合いながら,同じ物や似ている物をまとめ,この言葉が完成しました。

「にこにこ元気いっぱい」という言葉には,みんな笑顔で楽しく過ごす,元気に生活や学習,運動に取り組むなどの願いが込められています。
「くらすいつでもぜん力とうきゅう」という言葉には,自分を磨く,何事にも全力で取り組む,チャレンジ,失敗を恐れない,けじめをつけるなどの願いが込められています。
「みんななかよし」という言葉には,思いやりを持って行動することや,やさしくすること,いじめや仲間はずしを許さないことなどの願いが込められています。
2年2組みんなの願いを結集して作ったクラス目標です。
これからは,一人ひとりが自分のしていることをクラス目標に照らし合わせてみて,正しいのかどうか考えて行動しなければなりません。
3月に2年生が終わるときには,「本当に『にこにこ元気いっぱい くらすいつでもぜん力とうきゅう みんななかよしな2ねん2くみ』だったなあ。」と全員が思えるようなクラスにしたいです。

今までのものと比べ,ちょっと長くて覚えづらいのが難点です。
教室を出たり入ったりするたびに,クラス目標を言わなければならないというルールを作り,一日に何回も子どもたちは言っています。

この目標を受けて,クラスのシンボルキャラクターを作りました。
21名が書いてきた中,「にゃんたくん」が選ばれました。
低学年のクラスづくりでは,このキャラクターの効果を絶大です。
にゃんたくん会議,にゃんたくんタイム,にゃんたくんの歌,にゃんたくんお守りなどやたらにゃんたくんが登場します。
クラスという実体のないものとみんなをつなげるために,このキャラクターはかなり有効です。
[PR]
by pyson-i | 2010-04-13 17:26 | Comments(0)

教室で学ぶ意義

なぜ,教室でみんなで学ぶのでしょう?その意義をきちんと理解していなければなりません。
以下は「数字あて」の授業記録です。
奈良県の土作彰先生の実践の追試です。

数字あて
発問1 宿題を出します。先生の机の引き出しの中に、先生が考えた、ある数字が書かれた紙が入っています。その数字が何かを家で考えてきましょう。絶対に当てて下さい。

えぇー。そんなの無理だよ。という反応。ほとんどの子が不可能だと言っています。

説明1 みんなが無理だと言っていたことが、簡単にできてしまう方法があります。今からそれをやってみます。
  
子どもたちに、聞きました。

発問2 いくつだと思う?まちがってもいいんだよ。言ってみてくれる人?

数人の手が挙がりました。(ここがまだ甘い。鍛えれば,全員の手が挙がるはず。)
以下そのやりとりの一部です。
C(子ども):658
T(教師) :もっと小さいよ。
C     :500
T(教師) :近くなった。でも、もっと小さいよ。
          ・
          ・(省略)
          ・
C     :83!
T     :正解!!すごい!
C(みんな) :やったー!

発問3 不可能だと思っていた数字がわかりました。なぜ、わかったのでしょうか?
  
子どもたちからは、先生がヒントをくれたから,みんなで考えてからなどが出ました。どれも正解ですが、わたしの答えは次の2つです。

一つ目は、「間違えた」からです。
最初に勇気を持って、「658」という数字を言ってくれた子がいて、さらにたくさんの友だちが手を挙げて間違えてくれました。これがなければ、正解にはたどりつきませんでした。
 
二つ目は「学び合った」からです。
間違えただけでは、正解は出ません。友だちがしてくれた間違えをきちんと聞いていました。そして、私の話もきちんと聞いていました。その上で、じゃあこれはどうかな?と勇気を持ってまた間違えてくれました。それをくり返すことによって、正解にたどり着きました。
家で一人で学習していても、このようにはいきません。学校、教室、集団で学ぶ意義は、ここにあります。だから、授業中、先生や友だちの話をきちんと聞こうとしないということは、教室で学ぶ意味がないのです。それだったら、家庭教師や塾でも同じです。この教室にいる以上、きちんと話を聞き、話をして学び合わなければなりません。
この授業で伝えたかったのは、
①教室は間違えるところである。
②教室は先生や友だちの話をよく聞き、学び合うところである。
ということです。そんな私の哲学を込めて、この授業を行いました。
大切なのはこの次の時間からです。
日々の授業の中で,私が①②を意識し続けることです。
[PR]
by pyson-i | 2010-04-11 07:29 | Comments(4)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2008年 08月

最新のコメント

前進あるのみです。 変..
by pyson-i at 18:22
痛みを受け止められるから..
by しーさん at 19:07
授業をした直後、「ああ、..
by pyson-i at 05:14
飯村先生が授業下手って(..
by 松尾 at 22:42
元教え子さん。コメントあ..
by pyson-i at 20:36
コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな