イートモ日記

学級通信「はやあさ56号」より道徳「ぼくはのび太でした」

今、6年生を送る会で発表する歌「夢をかなえてドラえもん」の練習をしています。
子どもたちはこの歌が大好きで、本当に楽しそうに歌っています。
今回の道徳は、この歌の題名の通り、「夢をかなえる」というテーマです。
いろいろ考えましたが、次のような構成でやってみました。

授業の流れ
①藤子不二雄先生のアニメのキャラクターを見る。
 ドラえもん、オバQ、パーマンなどたくさんありました。
 子どもたちはとても楽しそうでした。
 つかみはオッケーでした。

②副読本「ぼくはのび太でした」を読む。
 藤子F不二雄さんを紹介し、漫画家になるまでの苦労や努力を読みとりました。

③のび太について知っていることを発表する。
 テストはいつも0点、ドラえもんにすぐ頼る、昼寝の天才、弱虫、のろま、いじめられっ子、遅刻する、先生にいつもおこられている、スポーツが苦手、泣き虫、宿題をやらない、お母さんにいつも怒られている、ドジ、勉強嫌いなどだめなことの方が圧倒的に多かったです。ここから「ぼくはのび太でした。」の言葉の意味を考えました。

 ④ある人が作ったドラえもんの最終回の話を聞く。

この話は、藤子F不二雄さんが作ったものではありません。
したがって、原作には関係がありません。
誰が作ったかはわかりませんが、数年前に私のパソコンに突然来たメールに入ってい
た話です。今もホームページ上で公開されています。あらすじは、次の通りです。

ある日、ドラえもんが突然動かなくなってしまう。のび太は、ドラミちゃんに泣きつく。電池を交換
すれば治るが、今までの記憶がすべて失われてしまうという。ネコ型ロボットは、耳に記憶を一時的に保管する装置があるのだが、ドラえもんは、耳を失っている。
 そこで、のび太は一大決心をする。「僕が科学者になって、記憶をなくさずに、ドラえもんをもとどおりにしてみせる。」と。心を入れかえたのび太は、人が変わったように勉強に励み、中学、高校、大学と進み、科学者になる。そして、ネコ型ロボットを研究し、ついにドラえもんを治すことに成功する。   
目覚めたドラえもんは「のび太くん、宿題は?」と、もう大人になっているのび太にいつもの口調で言う。実はドラえもんを作ったのは、のび太だった。小学生時代だめなのび太だったが、ドラえもんの電池切れという事件をきっかけに、努力を重ね天才的な科学者になり、ネコ型ロボットを発明したのだった。
 

後半の部分は難しかったので、「発明した」というところは抜かして話しました。
この話を聞いて感動して泣いている子もいました。


⑤自分の夢を書く。
「今のみんなの夢は何ですか?」
「それにむけてどんな努力をしていますか?」
「これからどんな努力をしていきますか?」
これらの問いに答えました。
サッカー選手、任天堂の社員、漫画家、野球選手、パティシエ、学校の先生などがかかれていました。

⑥先生の夢を聞く。
私の夢を伝えました。

⑦感想を書く。
感想
わたしは、話を聞いて、「もっとせいちょうするんだ!」と思いました。わたしがたとえ、のび太でも、上がれるんだと思いました。わたしもゆめをかなえたいです。だから、今どりょくしてがんばりたいです。大人になってもこのことはわすれないで、おぼえておきたいです。

先生のゆめやみんなのゆめがわかってよかったです。先生はゆめがかなったから、わたしのゆめは学校の先生になることだから、わたしもゆめをかなえたいと思いました。これから大人になるのが楽しみなりました。

ドラえもんのさいしゅうかいの話で、だめだったのび太でも、ドラえもんをたすけたいというゆめをもって努力すれば、りっぱな科学者になれたのを聞いて、がんばって努力すれば何でもできるんだなと思いました。わたしものび太みたいにいっしょうけんめい努力してすごい人になりたいです。


私は、子どもたちに夢を持って生きてほしいです。
そして、夢をかなえてほしいです。
ただし、夢をかなえることが人の生きがいだとは思っていません。
人の生きがいは、夢をかなえるための過程にあると思います。
夢に向かって努力して、その過程の中で人間的に成長し、様々な人たちと出会い、感謝し、感謝されること。ここに、人の生きがいはあると思います。
まずは子どもに夢を持ってほしいです。そのためには、わたしたち身近な大人が自分の夢を持つべきだし、それをどんどん語るべきだと思います。
「はやく大人になりたい。」「大人になって夢をかなえたい。」そう思ってもらいたいです。

この子たちの担任でいられるのもあと23日間です。この子たちのために、いったい何ができるのかを日々考えています。
[PR]
by pyson-i | 2010-02-19 16:46 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2008年 08月

最新のコメント

前進あるのみです。 変..
by pyson-i at 18:22
痛みを受け止められるから..
by しーさん at 19:07
授業をした直後、「ああ、..
by pyson-i at 05:14
飯村先生が授業下手って(..
by 松尾 at 22:42
元教え子さん。コメントあ..
by pyson-i at 20:36
コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな