イートモ日記

月刊教育相談10月号「子どもとの適切な距離」

どの子との距離も近くする努力の先に、適切な距離があるのだと思います。

こちらで子どもとの「適切な距離かっこというテーマで書かせていただきました。
c0167323_20400254.jpeg

[PR]
# by pyson-i | 2018-09-16 20:38 | Comments(0)

未来の先生展2018終了

未来の先生展で,学級づくりのお話をさせていただきました。
会場は50名くらいの参加者がいたでしょうか。
45分間で,学級づくりのすべてを話すことはできません。
授業づくりネットワークの他の先生方のテーマを考えて,私は「枠の中で,楽しんで全力を出し切る」ということに絞ってお話をさせていただきました。
参加者の方の中で,私の「自治的な学級集団づくり」を期待して参加した方は,びっくりしたと話していました。
でも,昨日話したようなことを土台にして自治的な学級集団づくりはあるのです。

私の話の後,授業づくりネットワーク全体としての,セッションがありました。
私の実践に対する先生方の意見を聞くことができてありがたかったです。
やんわりと批判的な意見も言っていただきました。
ありがたいです。
聞いていて「そうだよな。」と思いました。
これも,自分の実践を出したからこそいただけた意見です。
変えていくところ,変えないでいくところ。
きちんと振り返って,パワーアップさせたいです。
それにしても,石川晋さんはすごいです。私たちが安心して話しやすい雰囲気を作ったり,私たちの考えを引き出すような質問をしたり,自分の考えをいろいろな比喩をもとに語ったり。
晋さんのすごさを改めて感じた1日でした。

このブログの読者の方にも声をかけていただき,うれしかったです。


[PR]
# by pyson-i | 2018-09-16 16:45 | Comments(0)

9月15日(土)未来の先生展2018

http://www.mirai-sensei.org/
今年も「未来の先生展」でお話しさせていただきます。
「学級づくり実践の現在地」というテーマでお話しさせていただきます。
私の出番は次の2つです。

「学級づくり実践」の現在地
9/15(土) 16:00-16:45 @3号館 333号室


シンポジウム「あらためて、学級づくりの現在地を考える」

9/15(土) 17:10-18:40 @3号館 333号室


[PR]
# by pyson-i | 2018-09-07 19:36 | Comments(0)

なめられているくらいがちょうどいい

学級崩壊という言葉のもつインパクトは絶大です。
誰だって,そうはなりたくありません。
だから,なめられないようにしようと思うのも無理ありません。
でも,小学校の先生なんて,子どもになめられているくらいがちょうどいいと思うのです。
でも,ちょっとそれは乱暴な言い方だとも思うのです。
なめられたらダメな先生もいるような気がするからです。
私のような中年男性は,基本子どもに怖がられます。
そして,いざとなったら集団をコントロールすることができます。
制御不能になることは,あまりないでしょう。
だから,なめられているくらいが,子どもたちも心を開いてくれるのです。
人それぞれですが,なめられているくらいがちょうどよい人もいるのです。



[PR]
# by pyson-i | 2018-09-05 20:04 | Comments(0)

仕事の仕方を変えようかなあなんて思う日

「お前は,時給いくらで働いているんだ?(笑)」
北海道で,仕事術をテーマに,鼎談をしたことがあります。
その時に,私の仕事の仕方を聞いた鼎談相手の先生に言われました。
私は,努力の物量作戦でしかまわっていないような仕事の仕方をしています。
そう言えば,北海道の他の先生には「日本一のモーレツ教師」と紹介されたこともありました。笑
原稿の依頼はあまり断ったことがないのですが,いくつかは断ったことがあります。
断ったテーマで最も多いのが,「仕事術」です。
それができていたら,こんなに苦労してないよ。
なんて思うのです。

まあ,ほぼ趣味でやっているような仕事ですが,それでも疲れた時には,そろそろ考え方や仕事のやり方を改めなければならないなんて思うのです。
今日がそうですね。
これだけフルパワーで動きつつけたら,それは疲れます。




[PR]
# by pyson-i | 2018-09-05 19:58 | Comments(0)

「できる」が子どもを変える!

「できる」が子どもを変える!
このテーマの学習会に参加してきました。
講師の先生のお話をやいろいろな先生方の実践発表を聞きながら,「できる」ということについて考えました。
「できる」の反対は「できない」です。
「できない」というのは,子どもにとって,こちらが思っている以上に辛いことです。
さらに,子どもたちが学んでいるのは教室です。
教室には,同い年の子どもたちがいます。
できないこと。それ単独でも辛いのに,他のできている子とできない自分を比べざるを得ない状況に置かれるのです。
「できない」が何度も何度も続いたら,無気力にもなってしまいます。
だからこそ,できるようにしてあげたいです。
「できる」ということを体験したら,嬉しいし,自信になります。
挑戦するエネルギーになります。
そして,それはまわりにも影響を与えます。
「できる」ということを大切にしたいと改めて思いました。

今回,この学習会に参加した理由の一つは「表現」の指導をパワーアップさせたかったからです。
栃木の先生の実践発表が大変参考になりました。
子どもたちの姿勢や目線,表情がすばらしかったです。
発表後にたくさん質問をして教えていただきました。
これからの指導のヒントをたくさんもらいました。

夏休みの終わりによい研修ができました。
これからも,自分が勉強したいテーマを勉強していきたいです。

[PR]
# by pyson-i | 2018-09-01 21:52 | Comments(0)

あとどのくらい残されているのだろう

学級担任も17年目となりました。
自分のつけてきた力量と,残された時間を考えると焦ります。
めちゃくちゃ焦ります。
この程度で終わってしまうのかと。
しかし,焦っても仕方がないとも思うのです。
しょせん私ですから。
自分の力のなさを笑ってしまいながら,目の前の子どもたちと一瞬の今を楽しむしかないのかなとも思います。


[PR]
# by pyson-i | 2018-08-30 20:53 | Comments(0)

自分の見ようとしているものしか見えない

今日は,市の官制研修でした。
課題図書を読んで,それについて書いたレポートを読み,討議するという内容でした。
参加者の方々のレポートを読んでおもしろいと思いました。
それは,全員同じ本を読んだはずなのに,書いた内容が全然違っていたからです。
「そんなこと書いてあった?」と思わず聞いてしまうようなものもありました。
しかし,話を聞いてみると,なるほどと思えました。
確かに,そのように読もうと思えば読めるのです。
それぞれが大切だと思っていることが違うから,注目するところも違うし,その解釈も違います。
だから,それぞれのレポートはそれぞれの教育観を色濃く映し出しているものでした。
それぞれがそれぞれの色眼鏡をつけた状態で本を読んでいたことがわかります。

これって,読書に限ったことではありません。
子どもを見る時にもそうです。
色眼鏡をつけて子どもを見ることで,そのように見えます。
どんな色眼鏡をつけるか?
どんなところを見たいか?
ステキなところを見たいものです。


[PR]
# by pyson-i | 2018-08-29 19:49 | Comments(0)

「これが最後だ」とはわからないから

ここ2,3ヶ月ずっと足が痛いです。
子どもたちと遊んでいても,全力で走ることはできません。
最後に全力で走ったのは,5月の運動会の時に男性職員で100m走対決をした時です。
このまま足が治らなければ,全力で走ることができたのはあれが最後だったいうことになります。

30歳くらいまで草サッカーをやっていました。
最後の試合で,「これが最後だ」などとは思わず,普通にプレーしました。
それから,チーム自体の活動がなくなり,今になるまでオールコートのサッカーの試合はしていません。

ミャーコが亡くなった時。
まさか死んでしまうなんて思っていなくて。
入院しているミャーコに面会したあれが最後になるなんて思っていませんでした。
元気になって家に帰ってくるとしか思っていませんでした。

思い返してみると,「これが最後だ」とはその時には思っていないのに,後から思い返してみたら
あれが「最後だった」ということがほとんどです。

だから,今ここを大切にしたいです。
これが最後だったとしても悔いが残らないように,一つ一つのことに向き合いたいです。

なんて。



[PR]
# by pyson-i | 2018-08-26 19:55 | Comments(0)

子どもとの距離

ある子との距離を近くし過ぎたがために、他の子との距離が遠くなってしまうことがあります。
だから、適切な距離とは、その子と教師の距離、それ単独では考えられないのです。
どの子との距離も近くする努力の先に適切な距離はあります。
[PR]
# by pyson-i | 2018-08-17 23:50 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

以前の記事

最新のコメント

前進あるのみです。 変..
by pyson-i at 18:22
痛みを受け止められるから..
by しーさん at 19:07
授業をした直後、「ああ、..
by pyson-i at 05:14
飯村先生が授業下手って(..
by 松尾 at 22:42
元教え子さん。コメントあ..
by pyson-i at 20:36
コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな