イートモ日記

信じているからな。

「おれはお前のことを信じているからな。」

親友の松尾英明氏が教え子に言い続けていたというこの一言。
松尾氏と知り合った頃,上の言葉を聞いた。

生徒指導場面になると,松尾氏のこの言葉を思い出す。
そして,松尾氏が言っていた「信じている」という言葉の意味を自分なりに考える。
信じているという言葉は深い。
教師は子供のうそを見抜かなければならない。
本当のことを言っているのか,うそを言っているのか。
うそだと見抜いた上で,それを承知で,その子が成長するためにはどうすればよいのかを考える。
だまされたフリをするのか。
正すのか。
信じているというのは,その子が成長することを信じているということだ。

うそをついているとかついていないとかそんな浅いことではない。
「お前の成長を信じている」
そういうことなのだと今思う。
[PR]
# by pyson-i | 2017-07-08 08:18 | Comments(0)

前任校の授業参観に行って来ました。

前任校の授業参観に行って来ました。

自分が4年生で教えた子供たちが,現在6年生になっています。

自分が1年間教えた子供達が現在どうなっているのか?
私の教育を1年間くぐった子供達はどうなっているのか?
1年間「これ以上のことはできない」と最善を尽くしたつもりではあるけれど,それが自己満足になっていないかどうか?
そんなことを,直接自分の目で見て知りたい。
いや,単純に大好きなあの子達に会いたくて会いたくて会いたくて,それだけだったのかもしれません。

とにかく,日程が合ったので,行ってきました。
授業参観だけピンポイントで行ってしまうと,騒がしくなって,担任の先生に迷惑をかけてしまうと思い,ちょっと前から行きました。
教室に行く時,ドキドキしました。
1年3か月のブランクがあるのに,当時のように子供達は話しかけてくれました。
ちょっと見ない間に,子供達は大きくなっていました。
6年生らしくなっていました。
授業もがんばっていました。
そんな姿を見られてうれしくなりました。
いや,本当はがんばっていてもいなくても,会えただけでうれしかったのかもしれません。

授業後には,たくさんお話ができました。
たくさんのエネルギーをもらいました。

お世話になった保護者のみなさんともお話ができてよかったです。
中学校3年生になる教え子達の様子も聞かせてもらいました。

お忙しいのに,先生方は温かく迎えて下さいました。
感謝しております。

そうそう,「イートモ日記読んでます。」と声をかけてもらいました。
○○さん,読んでいますか?
今日は会えてうれしかったです。
[PR]
# by pyson-i | 2017-07-01 16:05 | Comments(0)

今年の夏は

ここ数年,県外から講師依頼をいただいて、遠出していたのですが、今年はそれがありません。
今年は県内の官制研修が3つのみです。
県内の教育委員会の研修が1つ。
県内の教育研究会が1つ。
自分の学校の校内研修が1つ。
うれしいのは、自分の学校で夏休みに私の学級経営の講座を開かせてもらえることです。
それも、前任校から続いて3年連続で。
直接見てくれている人たちから、自分の学級経営が認めてもらえているようで、これはうれしいです。
手の届く範囲で自分ができることに精いっぱい取り組んでいこうと思います。

ブログを書く時間があったら学級通信を書こうというのが今のスタンスです。

今年は4月からで、現在57号まで書きました。
過去最速ペースです。
[PR]
# by pyson-i | 2017-06-24 21:43 | Comments(0)

授業力&学級経営力 2017年7月号

『授業力&学級経営力 2017年7月号』に少しだけ書かせていただきました。
https://www.meijitosho.co.jp/detail/21088
c0167323_20595280.jpg

[PR]
# by pyson-i | 2017-06-13 20:59 | Comments(0)

道徳な日々

9日(金)は,指導室訪問で道徳の授業を展開した。
この授業に向けて,学年の他のクラスで授業をやらせていただき,先生方のご意見も聞くことができた。
「考え議論する」道徳に向けて,大きなヒントを得ることができた。
その日のうちに子供たちのノートを読んで感想をまとめる。
夜はそのままサークルへ。
さっそくこの日の授業を紹介する。
自分自身を振り返る発問が思い浮かばないでいたが,高橋先生によいことを教わる。

10日(土)は朝から大宮へ。
「主張ある道徳授業を創る!」の学習会に参加した。
連日の疲れが出て、ちょっとつらかったが,やはり来てよかった。
午前中の実践発表では,大いに考えさせられた。
深澤先生にズバッと斬られていたが,自分自身が斬られているようだった。
鈴木健二先生の「小さな道徳授業」は,自分が毎朝やっていることと同じだった。
もちろん鈴木先生のものははるかにハイレベルだった。
切り口のバリエーションが増えた。
横山験也先生の「道徳読み」。
この発想は私にはなかった。
そして、やってみたいと思った。
既知道徳。改知道徳。新知道徳。
子供たちがどんなことを言うのか楽しみだ。

「小さな道徳」+「道徳読み」と組み合わせてやってみようと思った。

深澤先生の「禁じ手」の発想,そして、「子供が学校生活の中で一番勇気を発揮する場面はいつか?」という問い。
本当にすごい先生だ。

懇親会でも大いに語ることができた。

行き帰りの中での読書も含めて,この日も道徳漬けの1日だった。

[PR]
# by pyson-i | 2017-06-11 19:55 | Comments(0)

目指す子どもの姿を自分が体現する

目指す子どもの姿を自分が体現する。

3月に行った校内の学習会で、同僚に教えてもらった言葉です。
今年度、この言葉を大切にしています。

うわばきを持ち帰るのを忘れた子がいました。
私は土日に学校で仕事をしていたので、ついでに洗ってあげました。
今朝、「洗っておいたよ。」とわたすと、「ありがとうございました。」と頭を下げていました。
「先生、○○が見つかりません。」と言う子には、「じゃあ、先生が探してあげるよ。」といっしょに探してあげます。

目の前の子どもたちには、優しい子になってほしいです。
だから、私がその姿を先に体現して見せます。
子どもの時に、大切に温かくされた記憶が、その人の人格を作ることを信じて。


[PR]
# by pyson-i | 2017-06-05 20:28 | Comments(0)

8月6日 多賀一郎先生から学ぶ「深い学びを意識した国語の指導」

多賀一郎先生をお招きして、「深い学びを意識した国語の指導」について学ぶ会です。
今回は,「一つの花」を題材に国語科授業づくりについて,具体的に教えていただきます。
多賀先生からたっぷり学びましょう。

講師プロフィール 多賀一郎

私立追手門学院小学校、神戸大学附属住吉小学校から私立小学校に長年勤務。「教育が趣味」。 保護者のための講座、親塾主催。年間100以上の回数、公私立校で助言・講演等をしている。
著書『子どもはこう受け止めるんやで』『多賀一郎の荒れない教室の作り方』(黎明書房)、『大学では教えてくれない保護者対応』『ヒドゥンカリキュラム入門』(明治図書)、『学校と一緒に安心して子どもを育てる本』(小学館)その他多数。 共著編著『女性教師の実践からこれからの教育を考える! 』(学事出版)、『きれいごと抜きのインクルーシブ教育』(黎明書房)など、多数。

日時  平成29年8月6日(日)13:30~16:50(予定)

場所 船橋市中央公民館
   〒273-0005千葉県船橋市本町2-2-5
   TEL 047-434-5551
   JR船橋駅から徒歩7分

日程 

13:15~13:30  受付

13:30~13:35 開会行事(事務局)

13:35~14:10 講座1「深い学びを育てる国語の授業とは」 35分

14:20~15:10 講座2「『一つの花』模擬授業 その1」50分

15:20~16:10 講座3「『一つの花』模擬授業 その2」50分

16:20~16:40 QA 20分

16:40~16:50 感想用紙記入 終了
(※講座内容は、変更する場合もありますのでご了承下さい。)

参加費  3,000 円

定員 25名(先着順)

参加費は当日会場にてお支払下さい。
申し込み ↓
http://kokucheese.com/event/index/472176/
[PR]
# by pyson-i | 2017-06-04 19:05 | Comments(0)

素敵な先生方

締め切りが迫っている雑誌原稿を書くために,書斎でいろいろと過去の教育雑誌を読んでいました。
その中で,偶然見付けた仲里靖雄先生の文章が心にささりました。
雑誌原稿を書くために書斎に入ったのに,仲里先生の文章を探して読み漁る時間となりました。
仲里先生。
本当に素敵な先生です。

私には,素敵だな,あこがれるなと思える先生が仲里先生の他にもたくさんいます。
数年間全国を動き回ったおかげで,本当に多くの素敵な先生方と出会いました。
もちろん,校内市内にも素敵な先生方はいるけれど,普通に過ごしていたら出会っていなかったであろう先生方との出会いに感謝しています。

私なんてまだまだだって思うし,私にはもっともっとできるって勇気がわいてきます。
[PR]
# by pyson-i | 2017-05-22 21:14 | Comments(0)

子どもを幸せにする「道徳科」

『子どもを幸せにする「道徳科」』(小学館)が発刊されました。
私も原稿を書かせていただきました。
「伝わるメッセージ」という6年生の実践です。
 ↓
アマゾンへ

c0167323_1919067.jpg

[PR]
# by pyson-i | 2017-05-18 19:20 | Comments(0)

小三教育技術六月号

連載している小三教育技術が届きました。
学級経営のページを書いています。
よかったら読んで下さい。
私の学級になった子は100%体験している,私のお気に入りのゲームを紹介しています。
c0167323_19282889.jpg

[PR]
# by pyson-i | 2017-05-17 19:28 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48
とても分かりやすい説明を..
by メロンパン at 22:21
これでお答えになったでし..
by pyson-i at 06:29
メロンパンさん コメン..
by pyson-i at 06:16

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな