イートモ日記

未来の先生展2017

こちらのイベントでお話をさせていただきます。
2つの講座でお話をさせていただきます。
1つは「授業づくりの現在地を考える」です。阿部 隆幸先生と石川晋先生と3名で、それぞれの授業を紹介し、互いの実践を深堀しながら、授業づくりの現在地を考える鼎談を予定しています。
もう一つは,「2学期からの学級経営」についてお話をします。
↓くわしくはこちら↓
http://www.mirai-sensei.org/
[PR]
# by pyson-i | 2017-08-18 19:56 | Comments(0)

『児童心理9月号』

『児童心理9月号』が届きました。
少し書かせていただきました。
私が初めて買った教育雑誌です。
原稿依頼をいただき、感謝しております。
c0167323_17172561.jpg

[PR]
# by pyson-i | 2017-08-12 17:13 | Comments(0)

連載の最終回

特別活動についてのコラムを半年間書かせていただきました。
連載の最終回です。↓



[PR]
# by pyson-i | 2017-08-11 23:31 | Comments(0)

8月27日 未来の先生展

8月27日「未来の先生展」というイベントでお話をさせていただきます。
詳細はこちら↓
http://www.mirai-sensei.org/

c0167323_19584034.png

[PR]
# by pyson-i | 2017-08-10 20:01 | Comments(0)

印教研の感想

昨日の印教研の感想をいただきました。
なんとその日のうちに送っていただいたのです。
これには驚きました。
研修会の運営で疲れていただろうに,その日のうちに参加者の方々の感想をパソコンで打って,それをメールで私に送って下さったのです。
このことに象徴されるように,事務局のこの先生の動きは尊敬に値するものでした。
参加者と講師の私のことを考えて動いて下さっていました。
すべてが誠実でした。
私も年間に何度も学習会の事務局をしますが,この先生のようには動けていません。
見習おうと思いました。
きっと教室でも職場でもこのように動かれているのだと想像ができました。
以下いただいた昨日の研修会の感想です。

【理論編】  

・飯村先生の考えの根底にあるものをまた沢山知ることができました。研修の度に、一つ一つの手法に流れるねらいや目的が少しずつつながり多くの学びがありました。

・メモを取り切れない位沢山の実践をされていて、すばらしいと思いました。いない時にその子を想ってみるといったことなど、子どもを想う姿、安心できる環境を作っていることに感動しました。

・昨年度より引き続き受講させていただいております。自分の行わせていただいている実践でわからない所、もう一つの所の確認ができました。

・目的意識が大切なこと、自己肯定感・安心安全な集団、この2つを高めていくための手立てをいろいろと知ることができた。ポジティブな考え方、捉え方で子どもと共に成長していく力もつけていきたいと思います。

・理論でも実際の行動を交えたお話で具体的に教室で使えるゲーム等もあり、良かったです。

・すぐできるゲームやしかけがたくさんあって、真似したいものばかりでした。どの活動も目的が明確で、なるほどと思いました。

・安心,安全な場の作り方が毎日の積み重ねによるもの感じました。

・様々な実践を紹介していただいて大変有難かったです。

・先生のクラスの取り組みについて学ぶ中で、自分のクラスと比較しつつ、2学期からどうしていきたいか考えることができました。

・漢字、計算の基礎学力向上につながる実践が印象に残りました。特活的なことももちろんなのですが、今の自分の抱える課題の比重が学力に関することが大きいのだと再認識しました。

・講義の内容が具体的で実践されている先生方が多い。

・すぐにも実践できそうな内容でとても良かったです。

・すぐに試したい取り組みがありました。夏休み中に組み込み方を考えます。




【実践編】

・クラス会議は赤坂先生の本を読んで、何度かクラスでやったことがありました。結果を焦って、うまくいきませんでした。今回、お話を伺い、またチャレンジする気力が湧きました。

・飯村先生の講演を聞きたくて参加しました。実際にクラス会議を行えたのが良かったです。雰囲気や進め方も良く分かりました。実際にクラス会議を実践してみたいと思いました。

・クラス会議を実践してみて児童側の立場になって体験できたことが非常に貴重でした。段階を踏みながら実際に行っていこうと思います。

・実際にクラス会議の雰囲気を見て、体験できたことで多くの発見がありました。ぜひやってみたいと思いました。

・クラス会議プログラムのパッケージの資料がとても有難かったです。映像,模擬授業で「クラス会議」を体験できたことでイメージをはっきりさせることができました。

・クラス会議の始め方を知れてよかったです。「いきなりクラス会議をしてもできない」と聞き、そうだよな…と思いました。ステップがあって、子どもたちが育まれるんだなと再認識しました。

・クラス会議を実際にやってみてイメージがわきました。昔はどこの学級でも当たり前にできていたという話も聞いたので、そういうノウハウを失わないように、若い世代に伝えていってほしいと思いました。

・ぜひ、学級でクラス会議をやってみようと思いました。

・クラス会議で大切にしなければならないことが分かりました。9月から仕切り直してやってみたいです。

・2学期にすぐ使えるゲームや実践等を学ぶことができて良かった。今の自分の取り組みを振り返り、良いものにしたいと思う。

・自治的集団づくりの考えの柱と実践と両方セットで分かりやすかった。自分のクラスでさっそく9月からやってみようというヒントをたくさんもらった。

・クラス会議の模擬授業を行うことで体験でき、実践につなげていけると思いました。

・模擬授業がよかった。

・クラス会議の実際の進め方について、模擬会議も交えながら学ぶことができました。

・たくさんの資料をいただけて、活用できそうな内容でした。

・クラス会議の存在を初めて知ったので、とても勉強になりました。
[PR]
# by pyson-i | 2017-08-09 18:34 | Comments(0)

質疑応答で

嬉しかったのは,最後の質疑応答で,今日話したこと以外の内容で質問が出たことです。
以前に私が紹介した実践を,その先生がやってみての質問でした。

「自治的な学級集団づくり」をテーマにした講座が終わりました。
5時間も話す時間をいただけるなんてことは,めったにありません。
怠け者の私が,何もない夏休みにこれだけ自分の実践や考えを人に伝えられるようなレベルでまとめようとするなんてことはまずありません。
これがあったからこそ,ここまで考え,まとめることができました。
そういう意味で,最も勉強になったのは私だし,得をしたのも私です。
参加者の方々は,ずっと熱心に話を聞いて下さり,安心して話すことができました。
ありがたかったです。

この研修会でお話しさせていただくのは,これで4年目になります。
今日の講座の前に,私の話を聞いたことがあるかどうかをみなさんに聞いてみました。
すると,私の話を初めて聞くという人は6人だけで,他の人たちは過去に聞いたことがあるということでした。

最後の質疑応答で,今日話したこと以外で質問が出るということは,過去3回の講座を受けて「やってみよう」とそれぞれの教室に持ち込んだ先生がいるということです。
私の実践をいいなと思い,それぞれの教室で実践して下さっている先生がいるということ。
このことについて,とてもありがたいと思うし,同時にもっともっとよいものを作っていかなければという責任も感じます。
とりあえず,「自治的な学級集団づくり」をテーマにした夏の講座はこれで終わりなります。
ちょっと休みます。
[PR]
# by pyson-i | 2017-08-08 17:59 | Comments(0)

自治的学級集団づくり

明日は以前勤務していた地区の研修会でお話させていただきます。
テーマは自治的な学級集団づくりです。
話す時間はなんと5時間!
先ほどスライドが完成しましたが、枚数は99枚になりました!
今日はほぼ丸一日この準備でした。
おかげで、学級づくりについて、考えを整理することができました。
もう満足です。
あとは、参加してくださる先生方にどれだけ伝えられることができるかです。
先週、同じテーマで別のところで話しているので、その反省を活かしてがんばります。

[PR]
# by pyson-i | 2017-08-07 23:44 | Comments(0)

主体的で対話的な深い学び

「隣の人とシェアして下さい。」
講座に参加すると,話したくもないのに無理矢理隣の人と話さなければならないことがあります。
「えぇ。嫌だなあ。話すこともないのに。」
正直,そう思いながら仕方なく話してその場をやり過ごす。
今日の多賀先生の模擬授業は違いました。
隣の人がどんなことを考えているのか知りたくて知りたくて,対話をしたくて仕方ありませんでした。
こういう気持ちにさせて,初めてペアでのシェアというのは効果があるのだと実感しました。

そして,模擬授業がとても楽しかったです。
あっという間に感じました。
この楽しさは,おもしろおかしいものではありません。
多賀先生の発問によって,読み飛ばしていたところを読むことができ,書くことによって考えざるをえない状況になりました。
物語の世界に入り込んでいました。
静かな授業。
知的な授業。
そういう楽しさでした。

「主体的で対話的な深い学び」

今日はそれを授業を受ける立場として体験することができました。
多賀先生に感謝しています。
[PR]
# by pyson-i | 2017-08-06 23:06 | Comments(0)

「深い学びを意識した国語の指導」講座

講師の多賀一郎先生には,10年ほど前に横浜でお会いしたのが最初でした。
国語の詩の模擬授業を受けました。
名人の授業っていうのはこういうものかと感動したのを覚えています。

今回は「深い学びを意識した国語の指導」というテーマです。
国語の授業をよりよくしたいと思っている先生方が集まることと思います。
私もそうです。
校内研究で,国語を研究しています。
異動してきてから,1年半の間に3回研究授業を行いました。
これまでの先輩方が作ってきた実践をもとにして,それなりに盛り上がる授業にはなっています。
しかし,本当にこれでよいのか疑問にも思っています。
子供達は,めあてをもって楽しく活動をしているのですが,どうも学びが浅いように感じるのです。
その原因は,教師である私が教材をきちんと読み込めていないことと,子供達にどんな力をつけたいのかがあいまいであること,それゆえに,発問づくりがきちんとできていないということです。
これらを授業を通して具体的に勉強したくて今回の学習会を企画しました。
今回は「一つの花」の全時間模擬授業というむちゃぶりな企画です。
9月にこの「一つの花」で学年の先生が研究授業をします。
学年の先生が全員参加です。
多賀先生は,この内容を快く引き受けて下さいました。
どれだけ吸収できるかは,私たちにかかっていると思います。

多賀先生のご著書を読み返して,講座に備えたいと思います。
[PR]
# by pyson-i | 2017-08-06 10:40 | Comments(0)

児童理解 児童誤解

児童理解という言葉がある。
これは,言葉としては確かに存在する。
しかし,児童のことを理解するなんてことが本当にできるのだろうか。
児童は1人の人間である。
1人の人間を理解することなんてできるわけがないと思うのである。
だって,自分のまわりにいる親しい人たちのことだって理解できていないし,自分のことだって理解できないでいるのだから。
だから,児童理解などできるわけがないと思ってしまう。
その上で,目の前の児童のことを理解しようとあらゆる手段を使って努力をするのだ。
理解したつもりになると大きな失敗をする。
だから,理解するために最大限の努力はする。
それでも,理解などできないという気持ちでいることが大切だと思う。
目の前の児童の表情を見ると,なんとなく考えていることがわかる。
例えば,授業では挙手をしなくても発表したがっている子はわかる場合がある。
例えば,休み時間に私に何か言いたそうにしている子はわかる場合がある。
でも,それはいつもではないし,それが本当にあっているかどうかもわからない。
あらゆる手段を使って理解しようとしてもそれでもできないのである。


児童のことを見誤ることがある。
例えば,子どもは教師がいる前といないところとでは,大きく違うことがある。
教師が,自分の目の前にいる時の児童がすべてだと思っていると,見誤ってしまう。
そう思っていると情報が耳に入ってこなくなる。
バイアスがかかり,自分が理解したつもりになっている児童像に合う情報だけを聞いてしまう。
だから,理解などできていないという立場に立って,自分の目で見るだけでなく,いろいろな人の話を聞く必要がある。

そして,時には上手に誤解することも大切である。
本当は,悪意があってしたことであっても,善意に解釈してあげる。
上手にだまされてあげることも大切である。
言わば児童誤解である。
ただし,児童誤解という言葉はない。

言葉としては存在する児童理解。
言葉としては存在しない児童誤解。
どちらも大切である。
[PR]
# by pyson-i | 2017-08-03 21:20 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

最新のコメント

授業をした直後、「ああ、..
by pyson-i at 05:14
飯村先生が授業下手って(..
by 松尾 at 22:42
元教え子さん。コメントあ..
by pyson-i at 20:36
コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな