イートモ日記

<   2015年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

準備

c0167323_19402982.jpg

準備を進めています。

8月の中旬から,行事の準備は進めていました。

昨日は,校舎周りの雑草取りをした後,トイレ掃除をしました。
そして,教室にカーテンをつけて,子どもたちの机をふきました。
机はずいぶんとほこりをかぶっていました。

今日は,まず教室掃除をして,花を飾りました。
そして,9月から教室で飼うという約束をしていたウーパールーパーを水槽に入れました。
かわいい!

明日は1日日直勤務です。
教室には行けないので,職員室で9月からの構想を練ります。
[PR]
by pyson-i | 2015-08-30 19:39 | Comments(0)

給食の時に「先生に質問タイム!」

教師が,「今日は1班明日は2班…」というように,各班を順番に回って子どもたちといっしょに給食を食べます。
この時,その班の子全員と会話をするようにします。
ところが,そう決めていても,教師は積極的な子とばかりと話してしまいがちです。
特に,多忙な時期にはいっしょに食べていてもなかなか一人一人に話しかける余裕がなくなってしまうかもしれません。
そこで,教師が班に来た時には『先生に質問タイム』をするようにします。
1人1つずつ教師に質問をします。
「先生の好きな色は何色ですか?」
「先生の好きな食べ物は何ですか?」
「子どもの時の将来の夢は何でしたか?」
などの質問が出ます。
1人1つの質問が終わったら,後は自由におしゃべりをしながら食べます。
教師がされた質問を子どもたちに聞くと盛り上がります。
子どもがしてくる質問というのは,子どもも聞いて欲しい質問である場合が多いからです。
[PR]
by pyson-i | 2015-08-27 19:25 | Comments(0)

またまた『教師のためのポジティブシンキング』感想をいただきました!

拙著『教師のためのポジティブシンキング』の感想をいただきました。
ありがたいです。
ベテランでありながら,私のような者からもいつも学ぼうとしてくださる尊敬している先輩からです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
c0167323_1640224.jpg

飯村先生、とても素晴らしい内容の本だと思いました。

マイナスな行動をとる子。
これは、授業や日々の生活において、担任にとって困るということなのですが、そういう子供たちをプラスの見方でとらえると、こちらにも、心にゆとりができてくるのだと思います。
これは、私自身の経験から申し上げることで始めは、カッカしてみていた子も、少し見方を変えただけで、可愛く思えてくるというか…その子に対する、こ ちらの在り方が変わると相手も、それに応じて変わるのを実感としてもったことがありました。
飯村先生の本を読んだ時に、私が思ったことと同じことが書かれていると思い、そうそう、こういうことなのよと思いました。

そして、さらに飯村先生の本の素晴らしいところは次の一手が、書かれていることです。
その子が、その気になるように丁寧に指導の仕方が書かれているのに、感激しました。
私は、つい直球で叱ってしまいます。でも、いつの頃からか、変化球を投げないと子供との心の距離が開くばかりだし、自分もクラスにいて苦しくなっていくというの を感じ始めていました。
変化球が必要とわかっても、自分ではなかなか考えつかず、苦しい時期が長く続きました。
この本には、そういう変化球が満載で、まさに「AさせたいならBといえ」の学級づくり版だと思いました。

いつだったか、飯村先生のブログに、元気の良い方の猫(タイソン?)がおしっこをはみだしてしてしまう。でも、シートを外に広げれば問題はなくなった、学級づくりもこれと同じで、困った子の問題行動を言うばかりの先生は、それに対処する指導方法(シート)を持たないだけだという記事があったと思います。
今回の本は、そのシートになる指導の方法を、飯村 先生ご自身が長年の間に身につけられたものの集大成であり飯村先生の子供に対する温かい見方や哲学まで垣間みられる内容だと思いました。

飯村先生、良い本をありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]
by pyson-i | 2015-08-24 20:28 | Comments(0)

自分がそこまで成長すればいいだけ

「ちょっと厳しいなあ。」
「無理だなあ。」
そう思った時に,これが自分ではなくて,あの人だったらどうかと考えてみる。
すると,きっと冗談を言いながらも誠実にやってしまうんだろうなあと思う。
薄いほほえみを浮かべながら,事もなげにやってしまうんだろうなあと思う。
だったら自分がそこまで成長すればいいだけだと思う。
すると,やってみようという勇気をもらえる。
自分とあの人を比べて落ち込むのではない。

多くの人に会うといい。
今の自分にはできないことをしている人に会うといい。
[PR]
by pyson-i | 2015-08-24 06:49 | Comments(0)

喜んでもらいたい

夕方に何気なく見ていたニュースで心を動かされました。

500円で,とってもおいしい定食を出しているお店のご主人の言葉です。
そのお店では,損をしているんじゃなかと思うくらい豪華な食材を使って,毎日違うメニューで,さらにお客さん一人一人の食べ物の好き嫌いにも対応していて,さらに11回ごとに定食が無料になるポイントカードまで用意しています。
びっくりするくらいのサービスです。
もうけなんかないんじゃないかと思えるくらいです。
その理由を聞かれると,
「喜んでもらいたい。」
からだそうです。

私たち教師も,子どもに喜んでもらいたくて,この仕事をしているはずです。
それを思い出させてもらいました。
たまたまつけたテレビでいいものを見ることができました。
ラッキーです。
[PR]
by pyson-i | 2015-08-23 19:57 | Comments(0)

官制研修の感想をいただきました。

官制研修会の感想をいただきました。
当日は,リピーター率が25パーセントくらいだったので,話す内容をどうするかちょっと迷いました。
このようなフィードバックをいただけるのはありがたいです。
次に活かしたいです。

感想を全部読ませていただくと,私は自分のクラスの子どもたちを喜ばせるチャンスだけでなく,先生方や先生方のクラスの子どもたちも喜ばせるチャンスをいただいているのだと改めて思いました。
たまたまのご縁でこのような立場になっていますが,本当にありがたいことです。
感想には,模擬授業のことが多く書かれていたので,来年も模擬授業はやろうと思いました。

<以下感想>
・何のために,ゴールをイメージして指導することの大切さを学びました。模擬授業を見ることができてよかったです。

・印象的だったことは,模擬授業の時の飯村先生が笑顔で楽しそうだったことです。そのような姿があるから,クラスの子どもも笑顔で参加できるのだと思います。9月から安心安全なクラス集団を目指して頑張りたいと思います。

・模擬授業があり,わかりやすかったです。バタークッキーの話が印象に残りました。学校で子どもたちにも話してみたいです。ゲームや挨拶リレー,音読の表現もぜひ実践してみようと思います。

・詩の模擬授業がよかったです。ゴールを見通した学級経営は早速やってみたいです。

・活動における「何のために」の大切さ,また,「何のために」の示し方について学ぶことができました。2時間以上ある講演でしたが,飽きなく楽しんで聞くことができました。

・飯村先生の話は自分の実践をもとにした指導法であり,とても説得力のある内容でした。どんな活動をするにも目標、目的をもち,それを子ども自身で考え,子どもの言葉で言わせることが大事だとわかりました。また,活動する前にどうなるかイメージし,つまずきそうな場面では,事前指導をするように心掛けたいと思います。

・何のためにということを常に考えて指導し,その目的を忘れないことがとても大切であることを学んだ。

・事前指導のパターンは新しい視点でした。5つの視点で考え直してみると事前指導もワンパターンにならず,子どもたちも決意をもって取り組めそうです。

・先生の具体的なご指導がとても参考になりました。先生の指導で音読が見事に変わっていくのに驚きです。

・今すぐやってみたいと思うことやすぐに子どもたちといっしょにやりたいと思えるようなお話でした。9月からのことを考えてウキウキしました。

・先生の成功談だけでなく,最後に失敗談を聞けてよかったです。子どもたちにどんなゴールをイメージするのかは当たり前のようですが,大事なことだなと思います。そして,評価も大事だと改めて思いました。

・安全安心な集団づくり、何のためを忘れないこと,事前指導と評価の3つのポイントを特に得られた研修だったと思います。その他にも多くを学ばせていただきました。今後積極的に取り入れ,学級,授業づくりに努めていきたいです。

・映像資料もあり,具体的で実践してみたいと思う例がたくさんある講演でした。

・O先生同様,実際に担任しているお子さんの姿を通して実践の具体的な様子に触れさせてもらえるのがとても勉強になる。自分にできること,できないことはあるが,こうしてすぐれた実践を紹介してもらえることがとてもありがたく思う。

・とても参考になるお話でした。2学期に活かせるところは活用したいと思います。

・飯村先生のお話を聞いて自分自身のことをもう一度考えるきっかけなりました。また,飯村先生から教えていただいたことの中に,安全安心な学級づくりということが特に印象に残り,自分の学級でも大切にしていきたいと思いました。

・子どもの見方,率先垂範など考えさせられました。「ルールの上で生きる」は,考えながら生活できる子を育てるよい実践だと思いました。やってみようと思います。

・たくさん本を出版しながらも学級担任としての取り組みをしていらして,どのように時間を使っているのかスーパーな方だと思いました。実際にされていることなので,とてもわかりやすく自分との比較をしながらレベルアップするための考え方や技を知ることができました。

・とても勉強になりました。もっと聞きたかったです。

・わかりやすく飽きなかったです。すぐに使えそうなヒントもありました。

・学級経営を振り返るとても素敵な時間でした。行動の可視化,価値語など,とても印象的でした。アイディアあふれる学級経営の実践からパワーをいただきました。

・実践例を通してわかりやすくアイディアを教えていただけた。教師が何をどのようにすれば目指す姿にそだてられるのかをしっかり考え,一つ一つを取り組むことが大切と再認識できた。

・何のためにやるのか,可視化する,必ず目的をもって教師自ら行っていくことの大切さを学びました。

・とにかく,刺激になる。来年もいらっしゃるならぜひ参加したい。

・子どもの見本となる自ら行動することで子どもに伝わるものになると改めて感じました。飯村先生のクラスの子どもたちの様子を映像で見させていただき,具体的なゴールをイメージすることの大切さを感じました。2学期から,安心,安全な学級の雰囲気づくりを目指してがんばりたいです。

・先生の実践や模擬授業,講義を通して,何のために子どもたちに指導していけばよいかが自分でも改めて考えることができました。そのための技術やあり方を身に付けて2学期を迎えたいと思いました。ありがとうございました。

・目的をしっかり見失わず,それに合った手立てを考える,理想の可視化することの重要性を感じました。

・飯村先生の講演を聞くのが初めての人が多かったせいか,学級づくりについてお話しする印象を受けました。一度講演を聞かせていただいたこともあり,もう少し授業づくりについてのことを聞いてみたかったと思います。でも,1年前に聞いたことで忘れてしまったこともあったので勉強になりました。

・参加型研修はとても勉強になりました。

(以上)

事務局の先生がこの感想をまとめたものを郵送して下さいました。
その紙を見ながら,ここに自分で打ち込んだのですが,けっこうな時間がかかりました。
読むだけでなく,打ち込んだことで先生方の書いて下さった感想が自分の中に入ってきました。
そして,同じように打ち込んで下さった事務局の先生に感謝の気持ちが大きくなりました。
この感想を打ち込むという作業だけでも大変な労力です。
会の企画,準備,運営,そして終わった後のこの作業と,本当に頭が下がります。
私なんか当日行って話をしてきただけです。
参加した方々は私なんかよりも事務局の方々に感謝するべきだと思いました。
[PR]
by pyson-i | 2015-08-22 16:48 | Comments(0)

先生のファッションノート

c0167323_2241220.jpg
「小一~六教育技術9月号」
の「先生のファッションノート」というコーナーで「なんちゃってモデル」をしました。
1年から6年まですべてに載っているということからか,反響が大きくてびっくりしています。
職場で言われたり,メールやメッセージをいただいたりと,とにかくいろいろな人に声をかけていただいています。

撮影をしたのは7月の初めでした。
ちょうど忙しかったころです。

撮影では,何度も衣装を替えて,2時間近く写真を撮っていただいていました。
後半になるにつれて,笑顔が作れなくなってきました。
顔が疲れたのです。
その時,カメラマンさんに言われました。

「クラスの子どもたちに笑顔をむけるつもりで!」

ドキッとしました。
私は普段学校でこんなに笑顔ではありませんでした。
「笑顔が大切だ。」「笑顔が大切だ。」とまわりには言っておきながら,この頃の私はこんなに顔が疲れるほど笑顔ではありませんでした。

これが,4月の学級開きの頃はどうだったでしょうか?
笑顔でした。
この位の笑顔をずっと続けていました。
学級開きから4か月が経って,忙しさ,馴れ合いの中で笑顔を作るのを完全に忘れていました。

社会勉強のつもりで引き受けた「なんちゃってモデル」でしたが,カメラマンさんのおかげで原点に戻れたようでした。

そうそう,実物よりかなりよく写していただきました。
さすがです。
[PR]
by pyson-i | 2015-08-21 19:28 | Comments(0)

一部分でもヒットするところがあれば

今日も一日研修でした。
年をとってきたせいか,講師の話がすっと入ってこないことが増えてきました。
立ち止まって考えて,納得できないことが多くあります。
頭が硬くなってきてしまったのでしょうか?
「え?何言ってるの?それは違うでしょ。」
なぜ違和感を感じるのかノートに思考をメモします。
チャンスがあれば人に伝えようと,自分の考えを整理します。
これが,自分にとってよい学びになっています。
なぜ納得できないのかを考えると,頭がよく働きます。

本でも人の話でも100%自分が納得できることはほぼありません。
100%納得したいのなら,自分が書いたり話したりすればよいのです。
一部分でもヒットするところがあれば,それはいい本だし,いい話です。
さらに,納得できなくても,なぜ納得できないのかを考えることで,自分の考えが深まったり,それまでのいろいろな体験がつながって新しい考えが生まれたりするので,それはそれでいい本であり,いい話なのかもしれません。
[PR]
by pyson-i | 2015-08-20 19:24 | Comments(0)

自分が変わっているという自覚をもつと

自分が変わっているという自覚をもつようになって,とても楽になりました。
そう,私は変わっているのです。

例えば、仕事の仕方です。
最近は,休暇をとっている日でも早朝には職場に行き,2,3時間仕事をします。
一仕事をしてから,休日を過ごしています。
早朝なので一仕事しても, その後の時間を家族や自分のために十分使うことができます。
「コストパフォーマンスが悪いんだよ。」
「時給にすると,いったいいくらで働いているの?」
「仕事とプライベートをきちんと分けないとだめだよ。」
「もっと効率を良くして!」
などと言われそうですが,私はこれでいいのです。
仕事がたまって精神的にいっぱいいっぱいになったり,被害者意識をもって仕事をしたりするよりもこの方がよいのです。
これを人にすすめようとか理解してもらおうという気持ちもありません。
単に自分が変わっているだけなので。

人に自分の考えを話すときにも,「自分は変わっているから」「変な人の話だと思って聞いてもらえばいい」くらいの気持ちがあるので,人とあまり衝突しなくなりました。
「自分が言っていることが絶対正しくて,相手が間違っているに決まっている!」
とは最近思わなくなりました。
意見が合わなくても「そうか,この人の文脈ではそうなのだな。」と思い,無理矢理自分の意見を押しつけることはなくなってきたように思います。(思っているだけかもしれませんが。)

だからか,最近研修を受けていて,「こうしなければならない!」とか「こうすればこうなる!」という話を聞くと,思わず首をかしげてしまうことがあります。
ソリャ、アナタノシテンカラスルトソウミエテイルノカモシレナイケド,モットイロイロアルトオモウヨ。
いろいろな人がいていろいろな価値観があります。
私も変わっているし,あなたも変わっている。
みんな変わっている。
人それぞれ。
そう思うようになりました。
特に、私たち教員の見方はかなり偏っているという自覚をもたないといけません。
だって,学校外の社会には本当に本当にいろいろな人がいますよね。

もちろん,一定の常識というものはあって,そこは外さないようにしないといけませんね。
がんばります。
[PR]
by pyson-i | 2015-08-19 22:19 | Comments(0)

『教師のためのポジティブシンキング』感想をいただきました!

『教師のためのポジティブシンキング』の感想をいただきました!
ありがたいです。
(以下引用)
まず子どもの気持ちになって現状を共有し、そこから無理なく少しずつ見方を変えることで、子どもが自分で自分を勇気づけできるように導いていく……いい本だなあと思いながら読ませていただいています。
自分で自分を(まわりの見えないうぬぼれでなく)勇気づけすることができたら、子どもは気持ちをくじかれずに自分のペースでやっていくことができるのだなあと、読みながらあらためて思いました。
そのためには、先生方自身がポジティブ・シンキングでいることがほんとうに大事だということが伝わってくる本です。
先生方だけでなく、親にもぜひぜひ読んでほしい本です。
(引用終了)

c0167323_2053385.jpg

[PR]
by pyson-i | 2015-08-18 20:53 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

最新のコメント

授業をした直後、「ああ、..
by pyson-i at 05:14
飯村先生が授業下手って(..
by 松尾 at 22:42
元教え子さん。コメントあ..
by pyson-i at 20:36
コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな