イートモ日記

<   2015年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

心の矢印

心の矢印が,中か外かどちらを向いているかが大事です。
心の矢印が外を向いている人は,うまくいかないことがあると,原因を他者に求めます。
あの人が悪いから。
社会が悪いから。
天気が悪いから。
運が悪いから。
うまくいかないことがあると,他者を責めるだけで自分を改善しようとはしないので,そこに成長はありません。自分を責める必要がなくて楽なので,人間はこちらにいきがちです。

一方,心の矢印が中を向いている人は,うまくいかないことがあると,原因を自分に求めます。
「自分のここが悪かったから,今回はうまくいかなかった。」と反省し,改善しようとするので,うまくいかないことを成長の機会とし,次に同じようなことがあった場合には,失敗をしません。

いつもいつもはできないかも知れませんが,心の矢印を中に向けて成長できる人に,子どもたちにはなってもらいたいです。

ところが,自分はどうでしょうか?
経験を積めば積むほど,周りからの評価が高くなれば高くなればなるほど,心の矢印を中に向けることができなくなってきています。
うまくいかないのは,子どものせい。
うまくいかないのは,まわりのせい。
そんな風に思ってしまう弱い自分がいます。
いけませんね。
もっともっと自分が成長すれば簡単に解決することです。
謙虚に謙虚に自分を高める努力を続けようと思います。

子どもに話していることはブーメランになって自分に返ってきます。
この仕事ができていることに感謝です。
[PR]
by pyson-i | 2015-04-30 20:39 | Comments(2)

1日参観

県外の先生が、私の教室に1日参観にいらっしゃいました。
4月のこの時期ならではの学級の様子だったと思います。
この時期に参観していただくのは初めてです。
昨年は,この時期に雑誌の取材がありましたが,持ち上がりだったため,ある程度学級はできあがっていました。

教室にお客様がいらした時には、子どもたちの磨くノートのテーマは、「⚪︎⚪︎さんから学んだ3つのこと」となります。
このテーマは、まだ子どもたちに早いかなあと思いましたが、子どもたちが書いたものを読むと,そんなことはなかったと思いました。
子どもたちなりにがんばって書いていました。
こういう少し背伸びしたテーマもいいです。
子どもたちが書いたものを読んで私も勉強になりました。
自分に取り入れるべきところは取り入れようと思いました。

3月の姿も見てもらいたいなあなんて思いました。
[PR]
by pyson-i | 2015-04-27 21:13 | Comments(0)

続けていること

今年度続けていること。
・学級通信毎日発行。
・朝の会では、今の子どもたちの成長に必要だと思うことを話す。
・全員と1回は会話する。
・休み時間は外で子どもたちと遊ぶ。
・朝、子どもたちの机を拭く。
・朝、教室の掃除をしながら、子どもたちを迎える。
・帰りには、一人一人と握手をする。
[PR]
by pyson-i | 2015-04-23 20:51 | Comments(0)

7月25日 教師力ボトムアップセミナー

7月25日に富山県でお話をさせていただきます。
子どもたちがやる気スイッチオンになる事前指導についてと,
クラスをチーム化する手立てについてお話しさせていただきます。
 ↓詳細はこちら↓
http://kokucheese.com/event/index/288032/
[PR]
by pyson-i | 2015-04-21 18:48 | Comments(0)

信念をもって

限られた時間を何に使うのかを真剣に考えなければなりません。
必要以上に「いい人」でいることはないと思います。

100%の支持率を得た内閣総理大臣はいません。
あの小泉さんでも85%です。
「辞めろ」と言っている人も多くいたのです。

100%の人に好かれることが,生きていることの目的ではないはずです。

自分の人生を使って何を成し遂げたいのか?

信念をもって,強く生きていきたいです。
[PR]
by pyson-i | 2015-04-20 06:30 | Comments(2)

科教協東京支部の研修会に参加してきました。

「科学教育研究協議会 東京支部」の研究集会に参加してきました。
4年生の理科について1日勉強してきました。
単純に楽しかったです。早く授業がしたくなりました。
そして,発表をしてくださっている先生方が理科が好きで,楽しんでいるということが伝わってきました。
それぞれ深く学ばれているので,本質的なおもしろさを実感されているのだと思いました。
私も理科をもっともっと学びたいと思いました。

でも,さすがにちょっと疲れました。
連日超過勤務をしているこの時期に,9:30~16:00というのはちょっとつらかったです。

だから,教室の子どもたちの偉さがわかりました。
子どもたちはいつもこのくらいの時間,授業を受けているのです。新しいことを学んでいるのです。
本当にすごいです。
しかも子どもは先生や授業を選べません。
子どもにとって魅力ある授業をしたいし,魅力ある教師でいたいです。
子どもたちのために,教材研究をしっかりして,教科そのもののおもしろさを実感させてあげることはもちろん大切です。
そして,それと同時に,子どもたちが学びやすいような配慮をしてあげた方がいいと思いました。
・活動の時間をきちんと確保する。
・飽きを緩和するような配慮をする。
・次に何をするのか見通しをもたせる。
・協同で課題を解決するような場を作る。
などです。
自分が学んでいないと子どもの気持ちはわからなくなります。

よい一日でした。
さあ,明日からまたがんばります。
[PR]
by pyson-i | 2015-04-19 19:08 | Comments(0)

どうすれば,この状況を子どもたちのために活かすことができるのか?

教室では様々な出来事が起こります。
腹が立つようなことでも,顔がほころぶようなことでも,すぐには反応をしません。
ちょっと立ち止まって考えるのです。
どうすれば,この状況を子どもたちのために活かすことができるのか?
どんな反応をするのかは,いつだって,私たちが決められるのです。
[PR]
by pyson-i | 2015-04-18 21:46 | Comments(0)

学級通信のタイトル

毎年学級通信を書いています。
タイトルを書き出してみます。

1.ドリーマー
2.どらぽけ
3.WA!!!
4.わっしょい!
5.くらすくらす
6.創る
7. SACCHAN  NEWS
8.はやあさ(はやく明日の朝になればいいのに)
9.はやあさ(はやく明日の朝になればいいのに)
10. スマイル
11. サンキューハッピー
12. スイッチオン!
13. ☆キラキラ☆
14. ぽっかぽか

それぞれに思い入れのある名前です。
どんなクラスにしたいのか思いを込めて名前をつけています。
[PR]
by pyson-i | 2015-04-18 09:07 | Comments(0)

小四教育技術5月号

小四教育技術5月号で「自ら動き,協力し合って学ぶ子どもを育てるヒント」という内容で書かせていただきました。
今,まさに実践していることです。
よろしければご一読を!

c0167323_1984784.jpg


アマゾンへ
[PR]
by pyson-i | 2015-04-16 19:11 | Comments(0)

教育新聞に載せていただきました。

教育新聞に載せていただきました。

ここをクリックすると教育新聞の記事が読めます。
[PR]
by pyson-i | 2015-04-15 21:38 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

最新のコメント

授業をした直後、「ああ、..
by pyson-i at 05:14
飯村先生が授業下手って(..
by 松尾 at 22:42
元教え子さん。コメントあ..
by pyson-i at 20:36
コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな