イートモ日記

<   2015年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

3月21日 授業づくりネットワーク千葉

c0167323_10244859.jpg
今年は,親友の松尾英明先生と「教室のルール」について,講座+対話,
塩崎義明先生と石川晋先生と「学校を巡る問題」について鼎談の2つを担当します。
私が教師としてのあり方,生き方に大きく影響を受けている3人との話は,私自身が楽しみにしています。
申し込みは↓こくちーずでお願いします。
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/256030/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

間もなく新しい年度を迎える3月末。
来年度は、どんな授業を展開しようか、どんな教室を目指そうか、一人一人が真剣に模索する季節です。
この季節にふさわしい、実践のてがかりと理論的裏付けの両方をしっかりと学べる研修会をご用意しました。
ベテランから気鋭の新人。小学校、中学校、高等学校、研究者、様々な立場から多士済済の講師をお呼びしました。
ぜひ、千葉大学で、ともに学びませんか?

●主催:特定非営利活動法人授業づくりネットワーク・千葉大学教育学部藤川研究室
●後援:千葉県教育委員会(申請中)・千葉市教育委員会

●期日:2015年3月21日(土)
●会場:千葉大学教育学部2号館(千葉市稲毛区)
●参加費:会員:4000円 非会員:5000円 学生1000円

● プログラム
10:00 集会の趣意説明
  石川晋(NPO「授業づくりネットワーク」理事長北海道公立中学校)

10:10~12:00
第一講座 教室・授業を考える(演習)
 A:授業づくりと教室づくりを貫く発想
  阿部隆幸(福島県公立小学校)
  真田伸夫(山形県公立小学校)
 B:教室のルールづくり
  飯村友和(千葉県公立小学校)
  松尾英明(千葉県公立小学校)
 C:教室の「あの子」との歩き方
  田中博司(東京都公立小学校)
  柳下記子(東京都特別支援教育学習指導員)
 D:授業づくり、その基本発想
  藤原友和(北海道公立小学校)
  小川拓海(愛知県公立中学校)

13:30~14:15
第二講座 もう少し詳しく知りたい…公開対話を通して知る「学校」(鼎談)
 E:学校を巡る問題をどう考えるか
  塩崎義明(千葉県公立小学校)
  飯村友和
  石川晋
 F:「教室」を考える時に若手が直面していることは何か
  田中光夫(東京都公立小学校)
  山本純人(埼玉県公立高等学校)
  鈴木優太(宮城県公立小学校)
 G:支援が必要と言われる子どもとどう向き合うのか
  藤原なつ美(岡山県公立小学校)
  藤原由香里(京都府公立小学校)
  佐内信之(「授業づくりネットワーク」事務局長)
 H:教師の学び方をどう考えるか
  武田直樹(宮城県公立小学校)
  松尾英明
  藤原友和

14:25~15:15
全体対話 参加者で協同的に学ぼう~講師陣との対話
 ファシリテーション:石川晋

15:30~16:45
編集長就任記念 藤川大祐presents
話し合いができるドラマ教材とは?〜新しい情報モラル教材を初披露します〜
 コーディネート:藤川大祐(千葉大学、『授業づくりネットワーク』編集長)
[PR]
by pyson-i | 2015-02-28 08:40 | Comments(0)

私たちにはこんなに素敵な社会を作る力があるのだ

久しぶりに学級通信キラキラより

卒業まであと14日となった。
つまり,あと14日で,この集団はなくなるということだ。
私たちは,やがてその日がくることがわかっていて,それでもよりより集団でいようとする。
何のためか?
集団づくりそのものが目的なのではない。
集団によって,一人一人が成長することが目的なのである。
さらに,この集団での経験が,一生を支えるものになってくれると信じている。

子どもたちが卒業してから出ていく社会はバラバラである。
価値観の多様化,格差社会など,それを表す言葉はいくらでもある。
でも,小学校時代のこの集団での経験の中で「私たちにはこんなに素敵な社会を作る力があるのだ。」という自信をもってもらいたい。
子どもの頃の幸せな記憶は,きっと将来にわたり自分自身を勇気づけるものだと信じている。
[PR]
by pyson-i | 2015-02-25 20:25 | Comments(0)

「学級づくりロケットスタート」が発刊されました。

「学級づくりロケットスタート」低中高が発刊されました。
私は、教室のルールと遊びについて書かせていただきました。
それにしても豪華執筆陣です。
もちろん私以外ですが。
私は凡人代表ですね。

本当に役に立つ本です。
オススメです。
c0167323_216332.jpg

[PR]
by pyson-i | 2015-02-23 21:06 | Comments(0)

なーんにもしない2日間

この2日間、ぼけーっとしていました。
本を読んだり、料理を作ったりはしましたが、一切仕事はしませんでした。
こんな休みの日があってもいいなあと思います。
あ、もちろん猫の世話はしています。
また明日からがんばります。
[PR]
by pyson-i | 2015-02-22 21:01 | Comments(0)

教室のルール

そのそも何のために教室のルールはあるのか?
教師がやりやすいように子どもたちを管理するためではない。
ここを間違えてはならない。
子どもたちがキラキラ輝くために教室のルールはある。

子どもや学校全体の文脈に合っているかということが大事である。
いくら,教師の思いがあってもこれが考えられていなければ,それはうまくいかない。
また,ルールを守っても守らなくてもいいという状態であれば,そのルールは機能しなくなる。
そして,ルールの1つ1つには,「こんな子どもになってもらいたい。」「こんな集団になってもらいたい。」という願いがなければならない。
それがなければ,形だけのルールである。
[PR]
by pyson-i | 2015-02-21 16:33 | Comments(0)

やっと

やっと1人前の仕事ができるようになってきた。

最近,そんなことを思うようになりました。
思い上がりかも知れません。
いや,間違いなく思い上がりでしょう。

それでも,過去の自分からすれば,ちょっとは成長していると思えるのです。
亀の歩みのようにのろいスピードではあります。
10年以上かけてこの程度かと思うこともあります。
しかし,過去の借金をようやく返せるようになった感じがするのです。
子どもたちや集団に力をつけている手応えがあります。
今担任している子どもたちにも感謝ですが,過去に担任した子どもたちにも感謝しています。
本当にたくさんのことを教わっています。
[PR]
by pyson-i | 2015-02-19 19:22 | Comments(0)

本音

先週の詩の発表会。
そして,今日のクラス会議。
子どもたちが育っている。
よくぞここまでと思う。

本来,今の私が言うべきことは

「中学校でがんばって来なさい!応援しているよ。」

であろう。

そう言って笑顔で送り出すつもりだが,本音を言うと送り出したくはない。
いつまでもこの子たちの成長を見守っていたいという気持ちが強い。
しかし,私が直接見ていられるのはあと数日である。
学級はなくなるが,一人一人の中に,一生を支える力として残っていてくれたら,これ以上うれしいことはない。
そんな思いを抱いていたら,ある子の磨くノートに,価値語について次のように書かれていた。

(引用開始)
5年生の頃に書いた価値語で今も使っているのがあった。なつかしいなと思うものもあった。
普段の感想とかでもよく価値語を使う。卒業と同時に価値語を使わなくなったら嫌だ。
中学生になったら,いろいろな人に広めていきたい。これからもずーっとノートをとっておいて20歳になって会うときに持って行きたい。そして,価値語を増やし続けていきたい。
何かがあったときとかもその時にあてはまる価値語を探していい道を選んでいきたい。
忘れないように、普段から価値語をたくさん使おうと思う。
(引用終了)

自分の2年間は無駄ではなかったのだと思い,素直にうれしかった。
今を大切に過ごしたい。
[PR]
by pyson-i | 2015-02-17 18:16 | Comments(0)

暗い子なんていない

もうずいぶん前のことです。
四年生を担任していました。
ほとんど誰とも話さない子を担任しました。
能面のような表情で、小さな声でしか話しません。
友だちの中にも入っていこうとしません。
この子はこういう子なのだと思っていました。

家庭訪問の日のことです。
その子の順番が1番だったので、いっしょに家まで歩いて行くことにしました。
校門を出て、いっしょに歩いていると、彼女の様子に驚かずにはいられませんでした。
ガハガハと大きな声で笑っているのです。
表情が教室とはまったく違います。
そして、声が大きいのです。

彼女は、暗い子ではありませんでした。
教室では、暗いと思われる面を出していただけだったのです。

人にはもともとあらゆる性格が備わっています。
その人のどのような面を引き出してあげるのか、まわりの人のあり方にも関わってくるのです。

悪い子なんていません。
良い子もいません。
どんな面を引き出してあげるかです。

[PR]
by pyson-i | 2015-02-15 10:01 | Comments(0)

今の自分があるのは

久しぶりに同期の仲間が集まりました。
今の自分があるのは,間違いなくこの仲間たちのおかげです。
初任者研修で、他市の人たちからは「Y市キャラ濃すぎ!」とよく言われました。
それくらい個性的な人たちの集まりです。
それぞれが,自分にはない面をもっています。
だからこそ尊敬できるのかなあとも思います。

採用されてから13年が経ちました。
変わったことと変わらずにいること。

今はなかなか会えませんが,あの頃いっしょに過ごした時間があるから,今の自分がいるのだと思います。
めちゃくちゃ影響を受けましたね。

これからも,自分の居場所はここにあると思いました。

そして,初任者の頃の自分を思い出すと,「あんな初任者が身近にいたら嫌だなあ。」と思ってしまいます。
本当にあたたかく見守り,育てていただきました。
[PR]
by pyson-i | 2015-02-15 06:00 | Comments(0)

おそらく今年度最後の1日参観

ある先生に「朝の会」から「帰りの会」まで丸一日参観していただきました。
子どもたちの様子を褒めていただきました。
「勉強になりました。」という言葉をいただきましたが,勉強になったのはむしろ私の方です。
○○先生からたくさんのことを学ばせていただきました。
笑顔,行動力,はきはきとした話し方,子どもたちのよいところを見ようとするところ,雰囲気,子どもたちの中に入っていこうとするところ,ちょっとした所作などなど,本当に勉強になりました。
そして,○○先生のような熱心な大人に関わることは子どもたちにとっても必ずプラスになるはずです。
子どもたちの磨くノートには,○○先生から学んだことがびっしりと書かれていました。

学級を丸一公開するようになって4年目になります。
45分間の公開授業ではいくらでも取り繕うことはできますが,丸一日となるとそれはできません。
普段の様子が出ます。
よいところも悪いところもすべて見ていただけます。

今年度は,3回ありました。
一番得をしているのは私です。

理解ある管理職,学年や校内の先生方,参観に来て下さる先生方に感謝しております。

私も,子どもたちを卒業させてから,参観に行きたいなあと密かに思っている学級があります。
[PR]
by pyson-i | 2015-02-14 18:06 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48
とても分かりやすい説明を..
by メロンパン at 22:21
これでお答えになったでし..
by pyson-i at 06:29
メロンパンさん コメン..
by pyson-i at 06:16

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな