イートモ日記

<   2014年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

オススメの本

『トップ1割の教師が知っている「できるクラス」の育て方』(学陽書房)

これを読んだ時驚きました。

私がやっていることってコーチングだったんだ!

私の中の「事前指導と評価」の部分がまるまるここに入ります。
びっくりです。
しかもすっきりしていてわかりやすいです。
「出会ってよかった。」と思える本になると思います。
オススメです。
[PR]
by pyson-i | 2014-10-31 20:30 | Comments(0)

授業参観

授業参観でした。
国語「川とノリオ」の授業でした。

子どもたちはよくがんばりました。

今日の授業は,教師の出番はほとんどありませんでしたが,実はがっつり教材研究をしているのです。
今回,この「川とノリオ」の授業をするにあたり,5冊の本を読み,勉強しました。
国語の文学教材の中で,自分史的にもっとも力を入れて教材研究をしています。
夢にまで出てくるくらいですから。
夢の中で,もの物語の主題がわかった時には,もうびっくりしました。
(ただ,あくまで私の中ですので,一般的には全然浅いレベルの教材研究です。

それにしても,子どもはすごいなあ。
まだ単元の半分。
最後に単元のテーマを追求する時に,子どもたちはどんなことを考えるのかが楽しみです。

授業参観,最後は「ほめ言葉のシャワー」を見ていただきました。
[PR]
by pyson-i | 2014-10-30 21:04 | Comments(0)

道徳「ルール以上に大切なものが目の前にある」

久しぶりに授業のことを書きます。
今日やった道徳の授業の記録です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


指示1:今までに自分がしてしまったルール違反や,友達がしてしまったルール違反を書きましょう。

子どもたちからは,「入ってはいけないところに入った」や「ゴミのポイ捨て」などいろいろなことが出ました。

発問1:「ルールを破ることは絶対にダメなことである。」という意見に対して賛成ですか反対ですか?

子どもたちの反応が分かれました。
賛成が10名で,反対が17名でした。
賛成の理由は,「人に迷惑をかけるから」や「悪いことだから」などでした。
反対の理由は,「例えば不審者に会った時などのように危険な目にあったら,ルールを破ってでも逃げなければならない時があるから」や「時には破った方がよい時もあるから」などでした。

説明1:今からある映像を見ます。ルールを破ってしまったバスの運転手さんのお話です。この運転手さんは,本来通らなければならない路線を外れて運転したり,お客さんをどなりつけたりした運転手さんです。

ここで映像を見ました。
(YouTubeで「路線を外れた路線バス」と検索すると見ることができます。)
目の前に命の危険がある人がいたために,路線を外れて病院にそのけが人を運んだバスの運転手さんの話でした。
子どもたちは,運転手さんのルール違反の行動を支持しました。

発問2:ルールは基本的には守らなければならないものですが,このように時にはルールを破っても仕方のない時もあります。では,どんな時にルールを破ってもよいのでしょうか?

子どもたちからは,次の意見が出ました。
・ルール以上に大切なものが目の前にある時
・命に関わる時
・どうしてもやらなければならない時
まとめると,誰かの「幸せのため」です。
自分が楽をしたいからや,面倒くさいからなどという理由でルールを破ってはいけません。
しかし,時には勇気をもってルールを破らなければならない時も来るかも知れません。
ルールを破るのですから,そこには,重い責任がのしかかります。
しかし,それでも決断しなければならない時がくるかも知れません。
その時に,この運転手さんのように決断ができるかどうか大切です。
そのためには,きちんとした判断ができるように自分を磨いていないといけません。
日ごろから,ルールを守る,他者を思いやる,心の矢印を自分に向けるといった努力が必要になります。
最後に感想を書いて発表をして授業を終わりにしました。
                   
感想

最初に賛成か反対かの時の理由と映像を見た後の理由が違った。
最初は自分のためで反対にしていたけど,後の理由は人のための理由だった。
ルールばかりにしばられている大切なものを失うことがわかった。
でも,それはルール以上に大切なものがある時だけだということもわかった。

今までルールを守っていない人がいたら,何も考えずに,「いけないんだ。」とか言っていたけれど,その人の本当の気持ちを知ってから言わなきゃだめだなと思った。
自分の行動で,人が幸せになるかが変わる時がある。
何をするにも,その場に合った行動をしなければいけないことがわかった。
「ルール」という言葉にしばられないで行動していきたい。
    
ルール違反というのは,大きく2種類に分けられるということがわかった。
1つ目は,自分の楽しさや幸せのためを求めるルール違反。
2つ目は,ルール以上に大切なことが目の前にあってのルール違反。
この2つの違いを知り,どう行動するのかが重要だとぼくは思った。  
[PR]
by pyson-i | 2014-10-27 18:28 | Comments(0)

否定的なフィードバックにこそ

実践を発表すると、フィードバックがいただけます。これが、ありがたいです。発表で伝える内容は、自分がやっていて「これはよかった。」というものにしています。いてくださる方々のためになるようなものにするためには、自分がやっていて「これはよかった。」というものを発表しています。肯定的なフィードバックは、その場ではとてもありがたいです。「よし。この方向でがんばろう。」という気持ちになります。しかし、もっとありがたいのは否定的なフィードバックです。自分には見えなくなっている改善点を見つけるきっかけをくれるからです。今回はそれがありました。明日からクラスがパワーアップしそうです。わくわくしています。奈良での1日は最高に充実していました。
[PR]
by pyson-i | 2014-10-26 13:07 | Comments(0)

クラス会議のよさ

「悩みがスッキリ解消されました。」
クラス会議が終わった後、議題を提案した子が笑顔で話してくれました。
話し合い後、クラスみんなの動きが変わりました。
話し合いの仕方としては、まだまだ稚拙だと思います。
でも、子どもたちが自分たちの力で生活を変えていっているという事実、そこに価値があるのだと思います。
[PR]
by pyson-i | 2014-10-21 20:16 | Comments(0)

事務仕事

それにしても事務仕事が多い。
何の専門職か?
そう問いたくなる。
これに負けて,授業の準備や学級通信などで手を抜きたくない。
とたんに仕事がつまらなくなる。
学級通信を書いて寝よう。
[PR]
by pyson-i | 2014-10-20 20:15 | Comments(0)

原稿の直し

2冊目となる単著の原稿の直しをしています。
松尾先生との共著『やる気スイッチ押してみよう』がたくさんの子どもを相手にしての指導だっだのに対して、こちらは子どもとの個別の指導についてが主です。
これまでの自分の指導してきたことの総決算のような本です。
内容には自信があります。
今夜は徹夜でがんばります。

[PR]
by pyson-i | 2014-10-18 20:28 | Comments(0)

もっと上にいくことができる

自分では限界を作ってしまう。
今の自分より上の自分のイメージがない。
怖くてブレーキを踏んでしまう。
そんなイメージだ。
だから,人に教わる必要があるのだ。
あなたの現状を肯定しつつ,もっと上をいっているあなたの姿をイメージできる人にだ。

「今のあなたならもう少し上にいけるよ。」
このように言ってくれる人に出会えたら,幸運である。
その人には,もっと上にいった姿が見えているのだ。

尊敬する先生の言葉を思い出した。

「オーバードライブする子どもたち」
「頭のロックが外された状態」
「今のままのあなたも素敵だけれど,もっとすばらしいあなたになることもできる」
[PR]
by pyson-i | 2014-10-15 19:45 | Comments(0)

「川とノリオ」について考える毎日

毎日「川とノリオ」について考えています。
ずっと考えているので,夢にも出てきます。
主題は夢の中で,考えつきました。
今日はやっと指導計画ができました。
本当に遅い教材研究です。
這い回るような教材研究で,時間のロスばかりです。

「これからどないするつもりやねん?」

授業をがんばっていきます。
地道に授業をがんばります。
[PR]
by pyson-i | 2014-10-13 17:22 | Comments(0)

10月25日 奈良講座

10月25日は奈良に行きます。
学級づくりについてのお話をさせていただきます。
今年も,富山,神奈川,愛知,三重,東京,兵庫,岡山,地元千葉とあちこち回らせていただきましたが,これが最後です。

土作先生,俵原先生,中條先生というものすごい先生方がいらっしゃる中,千葉から行く私に気を使っていただいて,2時間も時間をいただきました。

以下案内文です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
千葉県の飯村友和氏が、いよいよ奈良で初登壇されます!!
Mini-1、JUTと模擬授業対決を経験し、さらに進化を遂げ続ける猛者。
しかし、俵原正仁氏(兵庫)&土作彰氏(奈良)が 
飯村友和氏(千葉)&中條佳記氏(奈良)に一言物申す!!
単著が世に出された今 Mini-1戦士2人に
「これからどないしていくねん!」と先輩2人から強烈指南。乞う、ご期待

10:00~受付
10:15~10:45 
中條 佳記 先生 「子どもが実感する鉄板ネタを使ってインジェクション授業」 
10:55~11:55    
飯村 友和 先生 「事前指導で子どもやる気スイッチオン」
12:00~13:00    昼休憩
13:10~13:40    
土作 彰 先生 「教師と子どもの価値観を変える決めゼリフ」   
13:50~14:20    
俵原 正仁 先生 「叱るのをやめるとクラスはうまくいく」
14:30~15:30    
飯村 友和 先生 「ゴールを思い描くことで教師のやる気スイッチオン」
15:45~16:15    俵原・土作・飯村・中條の「これから、どないしていくねん」鼎談   
16:20~         閉会行事
17:00~         懇親会(JR王寺駅前の居酒屋「黒天」)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
詳細はこちらへ
   ↓
http://kokucheese.com/event/index/207907/

[PR]
by pyson-i | 2014-10-07 20:06 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

最新のコメント

授業をした直後、「ああ、..
by pyson-i at 05:14
飯村先生が授業下手って(..
by 松尾 at 22:42
元教え子さん。コメントあ..
by pyson-i at 20:36
コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな