イートモ日記

<   2014年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

うれしいこと

うれしいことがありました。
私の本を読んで,「クラスがうまくいくようになりました。」という話を聞いたり,
私の講座を受けて,「私の指導をやってみたらうまくいきました。」という話を聞いたりしました。

がんばっていることが他者に貢献できている。
こんなにうれしいことはありません。
[PR]
by pyson-i | 2014-09-29 22:26 | Comments(0)

子どもはすごい

子どもたちはすごいです。
「THE 凡人」の私は,子どもたちから学ぶことがたくさんあります。
敵わないなあと思うところ,尊敬すべきところがたくさんあります。

それぞれが個性をもっている子どもたち。
誰一人欠けても今の状態にはなっていないと心から思います。

「高木ブーのポジションになります。」と宣言したのが1年前。
本当にそうなりつつあります。
[PR]
by pyson-i | 2014-09-28 22:23 | Comments(0)

久しぶりの赤坂先生の講座

赤坂先生の講座に参加して来ました。
このところ、うまくいっているがゆえに、いきすぎていると感じるがゆえに、これでいいのかと迷う日々でした。
赤坂先生の言葉を受けて自己と対話する数時間でした。
迷いが吹っ切れました。
このまま進みます。


思えば、数年前に赤坂先生に出会ったことで、ワープした自分の実践です。
たまにこうやって先生から直接学び直すことも必要です。

懇親会でも、多くの尊敬する方々から学ばせていただきました。

さあ、顔晴ろう!
[PR]
by pyson-i | 2014-09-27 22:23 | Comments(0)

ほほえましい

先日,ある子が帰りの会で次の発言をしました。
「変な話かも知れませんが,1階のトイレ掃除担当からです。掃除をがんばっているので,みなさん,ぜひ1階のトイレを使って下さい。」

そして,今日。
別の子の発言。
「1階のトイレを使ってみたら,本当にきれいでした。とても気持ちがいいので,みんなもぜひ使って下さい。気持ちがすっきりします。2班さん,ありがとうございました。」
そして,2班の子が手を挙げて言いました。

「ありがとうございました。」

いろいろ自由な発言が飛び交う「みんなから」のコーナーです。
ほほえましいです。
毎回10名くらいが発言します。
この後の「先生の話」で話したいと思っていたことを毎回話さずに,子どもたちの発言の価値付けをして終わりになります。
それもいいと思っています。
[PR]
by pyson-i | 2014-09-26 22:43 | Comments(0)

頼まれごとは

頼まれごとは試されごと。

あなたの予測を上回って見せますよ。

と自分にプレッシャーをかけてみる。

[PR]
by pyson-i | 2014-09-23 16:23 | Comments(0)

手段が目的化してしまう

いつの間にか手段が目的化してしまう。
恐ろしいことである。

例えば,通知表。
通知表を書くことが目的のようになっている人もいる。
通知表を書くことは手段である。
目的は子どもを伸ばすこと。

「何のためにやっているのか?」
自分に問い続けよう。
[PR]
by pyson-i | 2014-09-21 21:19 | Comments(2)

明治図書ランキング学級経営部門第1位!

新刊「やる気スイッチ押してみよう!」が明治図書のランキング学級経営部門で第1位になりました。
何度も何度も何度も読み返して,多くの先生方,子どもたちの笑顔につながると密かに自信をもっています。

こちらからちょっと立ち読みができます。
    ↓
明治図書のホームページ

アマゾン
c0167323_20503268.jpg

[PR]
by pyson-i | 2014-09-18 20:50 | Comments(0)

お楽しみ会

お楽しみ会は、大成功。
最後のみんなのダンスは圧巻でした。

子どもたちは本当に成長したなあと思います。
そして、同時に、ここから巣立って行く日も近いのだと感じました。
成長したみんなの顔つきや言動を見ていると、次のステージに進む時が近づいているのがわかります。
6年生も、あと半年です。
子どもたちはまだまだ実感していないでしょうが、
私は今日すぐそこに別れが迫っていることを実感しました。
もうすぐお別れだなと。
残り少ないこの子たちとの時間を大切にしたいです。

[PR]
by pyson-i | 2014-09-17 21:23 | Comments(0)

ちょっと自己分析

手を抜こうとすると逆に疲れます。
イライラしてきてしまって,だめなんです。

自分で不器用だなあと思います。
手を抜いていると,今の現実の自分とセルフイメージの中の自分に大きなギャップが生じます。

手を抜いていると,「ちょっと,それはあなたらしくありませんよ。」と感情が教えてくれているようです。
自分を保つための警報装置みたいです。
感情っていうのは,そういう機能もあるのかなあと思います。

もっと器用に生きたいと思いつつ,不器用な自分もそんなに嫌いではないとも思います。

どうでもいい自己分析でした。
[PR]
by pyson-i | 2014-09-17 18:44 | Comments(0)

月刊学校教育相談10月号

「月刊学校教育相談」10月号で,「行事後にリバウンドしない4つの手立て」という原稿を書かせていただきました。
もし,よかったら読んで下さい。
http://www.honnomori.co.jp/

[PR]
by pyson-i | 2014-09-12 20:52 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

最新のコメント

授業をした直後、「ああ、..
by pyson-i at 05:14
飯村先生が授業下手って(..
by 松尾 at 22:42
元教え子さん。コメントあ..
by pyson-i at 20:36
コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな