イートモ日記

<   2014年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

この雰囲気だ

前任校の先生方とお会いしました。

ああ,この雰囲気だ。

懐かしい場所に,帰ってきた感覚でした。
当時のいろいろな思いが蘇ってきました。

あいかわらずダメダメな自分だけれど,

情熱をもって,今しか,ここでしか,自分にしかできないことをする。

そんなことを思いました。
[PR]
by pyson-i | 2014-06-29 13:34 | Comments(0)

価値語

今年度は,菊地省三先生の価値語の実践をしています。
やってみてよさを実感しています。
価値語を知っていると,物事を見て解釈する視点が生まれます。
子どもたちの会話や文章の中に,これって「○○ですよね。」という価値語がしばしば出てきています。
この実践の威力はすごいなあと思っています。

今までに書いた価値語
 ・一人が美しい
 ・失敗はダイアモンド
 ・一人から始まる
 ・喜びは分かち合えば倍になり,悲しみは分かち合えば半分になる
 ・心身相即
 ・物心相即
 ・演じる
 ・悪口カッターになる
 ・何のために使うか?
 ・ホンモノ
 ・殻を破る
 ・相手の予測を上回る

自分で見つけてきた価値語を書いている子もたくさんいます。
子どもたちの磨くノートの表紙は価値語でびっしりです。

ある子の「死ぬこと以外はかすり傷」という言葉がいいなあと思いました。

・公に強くなる
[PR]
by pyson-i | 2014-06-27 20:30 | Comments(1)

明日は,群馬で学級づくりパワーアップセミナーです。

明日は,群馬で学級づくりパワーアップセミナーがあります。
講師陣は,私の大好きな先生方です。
こちらの先生方がいなければ今の私はいません。
教育観に大きく影響を与えて下さった先生方が登壇されます。

私は,授業参観のため参加できません。
いつからか,人に授業を見ていただくのが嫌じゃなくなりました。
自分ではなく,「子どもたちの姿を見て下さい。」というスタンスに変わったからでしょうか。

そう言えば,他のクラスの授業を見るときも,子どもたちの表情を見るために,教室の後ろではなく横にいます。

話がそれました。
学級づくりパワーアップセミナー,超オススメです。
よかったらどうですか?
 (詳細)     ↓
http://kokucheese.com/event/index/172705/
[PR]
by pyson-i | 2014-06-27 20:03 | Comments(0)

コメントをくださった方

コメントを下さってありがとうございます。
あたたかいお言葉、励みになりました。
ただ,アドレスなどがのっていたため,ご迷惑をおかけしてしまう可能性があると思い,コメントは削除させていただきました。
もし,何かご連絡があれば非公開でコメントをいただければと思います。

ありがとうございました。
[PR]
by pyson-i | 2014-06-27 19:51 | Comments(0)

これからの10年間

「10年間を無駄に過ごしていなかったこと,うれしく思います。」

初任者指導のY先生に10年ぶりに授業を見ていただいた時にいただいた言葉です。

同時に次の言葉をいただきました。

「これからの10年間が勝負です。」

夢がまた1つできました。
10年後に,Y先生に授業を見ていただくことです。
それまで,日々子どもたちと授業を楽しみながら,修行していきます。
[PR]
by pyson-i | 2014-06-25 06:20 | Comments(0)

感想をいただきました。

明日の教室名古屋分校が終わった次の日に,感想をいただきました。
読んでうれしくなりました。
自分のような者からもこんなに学んでいただいている。
まさに学びの達人です。
このように思って下さる方が一人でもいらっしゃれば,行ったかいがあります。
伝えたかったことが伝わっています。
もっともっとがんばれます。
本人の許可をいただいて,転載します。
<以下転載>

H26.6.21 飯村先生講座
昨日は、遠い名古屋に来ていただき、お話をしていただきありがとうございました。
講座での学んだことをまとめてみました。拙い文章ですが読んでいただけたら幸いです。
『表現できる子を育てる』  
理由は ①表現することで自己肯定感を高め、自信につながる
    ②表現するためには安心・安全な空間でなければならない
<アイスブレーキング>
・手品  
物当てマジックで子どもとつながる。
先生とその子だけの特別な秘密。
自分も参加させていただいて、ものすごくうれしさを感じた。子どもなら尚更だろう。
ただし、子どもも選ばないといけない。そういう秘密を受け入れることができる子を。
○○マジックと紹介してもらえたのも嬉しかった。名前を覚えてもらっている。飯村先生の心遣いにすごいなと感じた。
・○×クイズ
学級開き直後でも使える。夏休みなどの長期休み明けにも使える。
夏休み明けなどは、何も思い出がない子も、うそも面白く書いて参加できる。
楽しみながら多くの子とつながりができる。話もはずむ。

ねらいは先生と子ども・子どもと子どものつながりを作る。楽しみながら、全員が参加できる配慮がすごい。

<率先垂範>
クラスで一番手がかかる子の名前と理由を書く。
その理由は、実は自分の課題である。(鏡の法則)
なるほど。確かに自分もできていないことが多い。
さらに、自分の傲慢の思いであるのではとも感じた。
例えば、我慢ができずわがままという理由を書いた。
しかし、それは、子どもは我慢をするべきだ。わがままであってはいけない。という自分の思いがあるからそれを問題だと感じているはずである。
もっと人として成長しなければならないと感じた。そのために自分磨きを忘れてはいけないと気付く。
<事前指導>
1 注意すべきことは何か考えさせる  caution
2 どのようにやるか how
3 どちらがよいか AorB
4 なぜ、何のためにやるか why
5 どんな力をつけるのか get
事前指導をする時、教師がやってはいけないことを話しながら伝えることが多い。
確かにこれでは子どもの記憶に残らない。
子どもたちに考えさせて、導き出す飯村先生の方法は理に適っていると感じる。
全校朝会での例が出た。朝会に出る前にどんな力を身に付けるか確認する。
朝会での様子は見ておく。その場で指導はしない。
教室に戻ったら自己評価させるという流れ。
多くの教師がその場で指導する。注意された子は一瞬よくなるが、そのあと元に戻る。何がいけないのか、なぜそうしないといけないのかが伝わっていないからそうなる場面もあるはずである。
事前に考えさせることで、結果には大きな差があると感じた。大切な視点だ。
<人間関係づくり>
①ネガティブに見える子どもの言動や性格の見方を変えてポジティブにとらえる。
席につかない→行動力がある・好奇心旺盛・社交的→席を立つ活動をいれる
                        手伝いを頼むなど
こう考える中で子どもがかわいらしく思えてくる。
ペップトークに似ている。(例:キレやすい子→感情に瞬発力がある)
やはり、捉え方を変換していくことで、自分も子どもも楽になる。
心の余裕が出てくる。お互いwinwinの関係。
②磨くノート
一人一人とつながれる。
毎日見るのに20~30分かかるが、それだけの価値はある。
子どもにとってもうれしいはず。
教師にとっても得るものは大きい。
これもまたwinwinの関係。
③子どもと子ども
班のグランドルール作り。トラブルが起きないように予防の意味もあると感じた。
あるいみ事前指導。
クラスのキャラクター作り。一人一枚のキャラクター総選挙で決める。楽しそう。
やってみよう。
ハッピーレターの実践。
書く時間は短いだろうが、もらった子への効果は絶大な気がする。
子ども同士のつながり深くなる。
<模擬授業>
雀のかあさん。
視写→音読→絵を描く→対比→音読の流れ。
感じたこと。
間違いも学びに必要。間違えた子も認められる工夫がある。
一人で考えることが難しそうな場合、すぐに隣の人と相談してよいことにするところがよく観察されているなと感じた。
流れがスムーズ。思考がストップしない。
もっともっと受けていたい。やはりすごいなと感じた。他にもたくさん模擬授業を受けてみたい。
<終わりに>
飯村先生の失敗談を聴かせていただく。身近な周囲の先生から学ぶことはたくさんある。
子どもを好きでいることが一番大切。
これがつらい時期を過ごしているとき自分は難しかった。けれど、自分を嫌いなひとを好きになれないのと一緒で、好きでいてくれる人を嫌いにはなれない。
プロであるのならば、子どもを好きでいることは絶対守らなければならないと感じている。
最後は質疑応答。

本当にあっという間の半日でした。もっともっとお聞きしたいことがありました。目指す子ども像に迫るために、どんな布石を打たれているのかや、掃除指導、朝の会・帰りの会はどう行われているのかなど興味津々です。
また、講座の冒頭にお話があった、『何のために学校へ来るのか』という問いに、私は正直答えることができませんでした。しかし、先生の「自分を磨くため」という話を聴いていてなるほどと思いました。しばらく自分の考えを整理しながら、自分なりの答えを見つけていきたいと思います。
そういう根本的なところに視点が向いていないのに、子どもの前でえらそうに話をしている自分が恥ずかしくなりました。そういうことを考えていると、やはり先生の仰る『何のために』ということがすべてにつながっているように思います。
『何のために』は超重要なキーワードだと改めて感じることができました。
本当にたくさんのことに気付かせていただきありがとうございました。
先生の温かい雰囲気、大切にされていると感じる心遣いなど立ち振る舞いからも感じました。自分自身ももっともっと磨いていきたいです。
またお会いできる日を楽しみにしております。そして、これからもたくさんのことを学ばせていただきたいと思います。
まとまりのない駄文を、最後までお読みいただきありがとうございました。
[PR]
by pyson-i | 2014-06-24 04:44 | Comments(0)

ミニバスケットボール

体育科の授業でやるミニバスケットボールは技能や意欲の差が大きく出る競技です。
だから,これまで,私は体育科でミニバスケットボールをやる時には,みんなが楽しめるように,子どもたちと話し合ってルールを工夫して実践してきました。
次のようなルールです。
・ミニバスケットボール経験者は,試合時間のうち,最初の○分間はドリブルをしてはいけない。
・経験者は,ボールがゴールに入ったら得点,経験者じゃない子はリングに当たっても得点。
・経験者のゴールは1点。経験者じゃない子のゴールは2点。
・得点を決めた人は一度コートの外に出る。次に得点が入ったら,決めた人と交代で入れる。
・全員がボールを触ったら、ボーナスポイント。
・それぞれの子が,最初に得点を決めたらは5点もらえる。2回目以降の得点は2点となる。(一人の上手な子 ばかりがシュートするのではなく,いろいろな人がシュートをした方が得となる。)

しかし,今回はルールを工夫していません。
ルールで工夫するのではなく,一人一人の心がけで,ミニバスケットボールを楽しくしてもらいたいという思いがあるからです。
ルールがあるから,それに合わせて,自分を変えるのではなく,「自分も楽しいし,みんなも楽しく」するにはどうすればよいのかを考えて行動できるようになってもらいたいのです。

今まで何度も体育科でミニバスケットボールをやってきましたが,このようにルールを工夫しないでやるのは初めてです。

<子どもたちの感想>
今日のミニバスは楽しかったです。あと,よかったのは終わった後にみんなが「よかったね。」とか「楽しかったね。」とか言ってくれたことです。熱くなれるスポーツだけど,みんないろいろ気を付けてやっていると思います。これからも普段の生活に活かしたいです。

今日はミニバスがありました。私は,苦手で全然上手にできません。けれど,チームのみんなはパスをしてくれます。他のチームの人も私の悪口やみんなの悪口は言いません。ミニバスはこんなクラスだからこそできるんだなと思いました。がんばっていきたいです。
[PR]
by pyson-i | 2014-06-23 20:09 | Comments(0)

明日の教室名古屋分校の参加者アンケート

明日の教室名古屋分校の事務局の先生から,アンケートが送られてきました。
翌日の朝送って下さるなんてびっくりしました。
誠実な対応,見習いたいです。
私ももっともっと人に対して誠実にならなければと思いました。

<明日の教室名古屋分校のアンケート>

実際に研修に参加してみてどうでしたか
(心に残ったキーワード、今後実践しようと思うことなど)
・ ネガをポジに!率先垂範。本当に大事だと思っていないと、子どもには伝わらない。
・ 全体から声を出すこと。自分が思いきり楽しむこと。(楽しむ見本を見せる。)
・ 伸びるフォーク。裏のねらい。クラスのキャラクター。福の神。ハッピーレター。みんなからみんなへの手紙。しりとり応援団。
・ 本気で~したい。とか本気で~のためにする。など、自分の信念がとても大切だと思いました。
・ 来てよかった!「何のために」これを常に考え続けていきたい。
・ 大当たり!!来てよかった~!!①表現をきたえる!②事前指導で問う③子を好きになる。

講師の先生にメッセージをお願いします。
・ 本当にありがとうございました。率先垂範、「まずは教師から」やってみようと思います。
・ ありがとうございました。自分自身が変えることも、多くあると感じました。率先垂範を合言葉にしてみたいと思います。
・ ありがとうございました。「顔晴る」という言葉、自分の大切にしている大好きな言葉です。昨日生徒たちに、「顔晴る」の本の先生にお会いしてくるぞと自慢してきました。
・ 本日はありがとうございました。率先垂範が先生の根元にあるのだと思いました。私もまず、自分で行動し、手本を示せるようにしていきたいです。
・ 先生の温かく、大切にされる雰囲気を感じ、だからああいうクラスができるのだと感じました。
・ 今回学んだことをすぐやります!
[PR]
by pyson-i | 2014-06-23 06:00 | Comments(0)

ありがとうございました。

明日の教室名古屋分校が終わりました。
休みの日に,時間とお金をかけてわざわざ私の話を聞きに来てくださる方がいらっしゃること,本当にありがたいことだと思います。
しかも,場所が千葉からは遠い名古屋です。
そして,スタッフの方々にはひたすら感謝です。
何から何まで準備していだいて、私は話せばいいだけの状況でした。

自分ががんばることが誰かの役に立つ。

こんなにうれしいことはありません。
明日からもっともっとがんばろうと思いました。
名古屋で新たな出会い,再会がありました。
同じ思いを持って同じ教育の仕事をしている仲間がいること,うれしかったです。
名古屋でお世話になった方々,本当にありがとうございました。
[PR]
by pyson-i | 2014-06-22 13:11 | Comments(0)

日々の忙しさの中で

日々の忙しさの中で、
自分がぶれてしまう。

子どもの頃、大切にしてもらった記憶が、
大人になって、困難なことに出会った時に
心の支えになることを信じて。

そんな思いであるはずなのに、日々ぶれぶれである。

今日は名古屋で、発表をしてくる。
移動中、発表の準備をしながら、自分の3ヶ月を振り返った。

怠惰な私はこういう機会がないと振り返らないで、
日々の忙しさに流されてしまう。
ありがたい。
さあ、名古屋についた、
[PR]
by pyson-i | 2014-06-21 11:37 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

最新のコメント

授業をした直後、「ああ、..
by pyson-i at 05:14
飯村先生が授業下手って(..
by 松尾 at 22:42
元教え子さん。コメントあ..
by pyson-i at 20:36
コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな