イートモ日記

<   2013年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

また「はい。やります。」

「はい。やります。」

自分が成長してきたのは,この言葉によるところが大きいということは以前書きました。


今,元々あまり乗り気でなかったことをやっています。
これが,おもしろい。
おもしろい。
本当におもしろい。
これをやると言わなければ,ずっと知らずにいたことかも知れません。
やってみるものです。
このような機会を与えていただき,感謝しています。

やってみると,だいたい思っていたほど大変ではないものです。
不思議なもので,やってみるとできてしまいます。
やる前は、できない理由がポンポン頭に浮かびます。
それは自分を守るためでしょうか。
思い切って,「えいやっ!」とやってしまうと,意外と何でもできてしまいます。
成功しなかったとしても,行動することで何かが変わります。
成功の反対は失敗ではありません。
成功の反対は「何もしない」ということです。

これからも
「はい。やります。」
でいきます。
[PR]
by pyson-i | 2013-12-31 18:56 | Comments(0)

スマートな行動

尊敬する先生とトイレでいっしょになりました。

そこのトイレの洗面所は水でビショビショでした。
その先生は,自分が手を洗い終わった後,流しのまわりをふいてから外に出られました。

なんてスマートな行動なのだと感心しました。

私もさっそく真似をしました。
[PR]
by pyson-i | 2013-12-30 18:00 | Comments(0)

出会い

今年はすごい年でした。
感謝することだらけです。
その中でも、人との出会いに感謝しています。
人との出会いが自分を変えてくれます。本当に信じられないくらい素敵な出会いがたくさんありました。
本気で夢を語り合える仲間。狭い私の考え方を広げてくださる先生方。人として尊敬できる保護者の方々。素直でまっすぐな子どもたち。ひたすら感謝です。
来年はもっとすごい年になりそうです。
もっともっと成長した自分でいたいです。
[PR]
by pyson-i | 2013-12-30 17:06 | Comments(2)

講座に参加すること

1つ前の記事で,今年参加した講座を数えてみました。
どのくらいなのかなあと単純に知りたくなっただけです。
数えてみて,たくさん行ったなあと思いました。
たくさんの人の顔が浮かびました。
しかし,「みなさんもたくさん行きましょう。」とかは言いません。
私が行きたいから行っただけなのです。

外に出て,いろいろな先生の講座に参加することが,必ずしもよいことだとは思いません。
講座に参加しなくても,教室の子どもをきちんと見て,職場の先生方や本から学び,立派な実践をされている先生をたくさん知っています。
自分なんかよりはるかに上だと思うことが多くあります。

「講座に参加する=意識が高い」みたいに勘違いをしてはいけないと思います。

そもそも,私が外に出て講座に参加し始めたのは,次の思いがあったからです。
よい授業をしたい。
よい学級をつくりたい。
外に出ればそのための方法を教えてもらえる。
そんな思いでした。
今思えば,当時の私は目の前の子どもをよく見ようとしていませんでした。
自分の頭で考えようとしていませんでした。
そんな努力をしないで,まだ自分が知らない「うまくいく方法」を知りたいと思ってあちこちに行きました。
こういう時期がありました。
ちなみに,こういう時期があったことは,成長の一過程として否定しません。
この時期があったから今の自分がいるとも思っています。

今,講座について思うのは,次のことをしっかりやった上で参加すべきだということです。
目の前の子をよく見る。
自分の頭で考える。
職場の先生方から学ぶ。
こういったことの+αとしての講座かなあと今思います。
そこには
想像を超えた実践があります。
想像を超えた先生方がいます。
刺激を受けます。
それまでの自分の殻を破ってくれそうな思いになります。

もちろん,今私がそう思っているだけです。
いろいろな状況があります。
その立ち位置になってみないとわかりません。
だから,講座に行って学びたい人はそうすればいいし,そう思わなければ行かなければいいと思います。
ただ,最初から行かないのではなく,1度は行ってみることをすすめます。
私の場合は,講座での出会いが自分を変えてくれました。
[PR]
by pyson-i | 2013-12-29 11:56 | Comments(2)

今年の振りかえり 受けた講座

今年はアウトプットの機会も多くいただきましたが、インプットも多かったです。
学んで終わりではなく,学んだことを自分の文脈に落とし込んで,実践していきたいです。
記憶を頼りに書いてみます。

①2月   千葉   金先生 河邊先生
②3月   東京   菊池先生 長瀬先生
③      東京  桔梗先生 伊垣先生 山田先生 長瀬先生
④      東京   深澤先生
⑤      千葉  渡邉先生
⑥     千葉  土作先生 金先生 河邊先生
⑦6月   長野   伊藤先生 長瀬先生 山田先生
⑧     東京  福山先生
⑨7月   東京   加藤先生 山崎先生 福本先生 太田先生
⑩8月 東京   福山先生 深澤先生 佐藤先生 桃崎先生  
⑪  北海道 岩瀬先生 (いろいろな形式の2日間でした。たくさんの先生方から学びました。)
⑫      東京  塩崎先生
⑬      千葉 松尾先生 河邊先生
⑭     神奈川  金先生 山田先生
⑮ 9月  千葉   老月先生 松尾先生 佐藤先生
⑯10月  東京   堀先生 山本先生
⑰11月  千葉   戸田先生 土作先生 赤坂先生 渡邉先生
⑱      京都 老月先生 大谷先生 南先生 西村先生 松浦先生
⑲ 東京 杉渕先生
⑳12月  東京   田中先生 西原先生 松尾先生 河邊先生
㉑      東京 土作先生 金先生
㉒      千葉 菊池先生
[PR]
by pyson-i | 2013-12-29 05:36 | Comments(0)

失敗

「あの失敗があったから今の自分がいる。」
「失敗に感謝している。」

多くの成功者がこのように語ります。

これには前提があります。

それは,失敗を失敗として認めることです。

失敗だと認めていない限り,失敗は活きません。
失敗したと気付くこと。
失敗を認めること。
失敗を活かそうとすること。

ちなみに私のクラスでは,
「失敗はダイアモンドだ。」
「ダイアモンド獲得!おめでとう!」
と言います。
[PR]
by pyson-i | 2013-12-28 18:51 | Comments(0)

手法と思想

今までにいろいろな手法を身に付けてきました。
人から本から,貪るように学んできました。

その手法と自分の思想が矛盾している場合があります。
ある指導について,初任の頃に覚えた手法を今までずっと使い続けてきました。
ところが,これは今の自分の思想にはあっていないということに,最近気付きました。
少し大げさに言うと,この手法は,自分が思い描いているものとは,反対の方に子どもたちを向かわせる恐れがあります。
気付いてよかったです。

実はこういったことが他にも多くありそうです。
自分がやっていることを注意深く点検していかないと,手法が思想に追いついていない状況をそのままにしてしまいます。
[PR]
by pyson-i | 2013-12-27 18:43 | Comments(0)

今年一番心に響いた言葉

北海道から京都まで。
(微妙ですね。)
たくさんの場所で,ステキな先生方とお会いしました。
自分なんかまだまだだと思ったし,もっともっと成長したいと思えました。
いろいろな考え方に触れました。

同時に,勇気をもらえるたくさんの言葉に出会いました。
その中で,もっとも心に響いたのは次の言葉でした。

いろいろある。
皆人には話さないが、どの人もそれぞれ困難を抱えて生きている。
でも、その困難なことがあったからこそ今の自分がいると考えてみる。
逆に、想像でしかないが、その困難なことがなかったというパラレルワールドに自分が存在していたとしたら、今の自分より成長しているだろうか。
成長していないだろう。
この困難なことがあったからこそ今の自分が自分たり得ている。
困難なことは、自分の栄養剤にすらなる。

今までの自分の歩んできた道を肯定することができました。
うまくいかなかったこと,苦しんでいることなど全部を含めて,この道を歩んできてよかったと思いました。
涙が出そうでした。
[PR]
by pyson-i | 2013-12-26 19:15 | Comments(0)

よい授業の基準

よい授業の基準。
それは,好きになるかどうかです。
好きになる対象は,その教科だけではありません。

その教科,教材を好きになる。
 「おもしろいな。」「不思議だな。」「すごいなあ。」「なっとく。」

自分を好きになる。
 「できた。」「わかった。」「あきらめないでできた。」「褒めてもらえた。」「うまく説明でした。」

友達を好きになる。
 「ぼくの話を聴いてくれた。」「わたしが思いもつかなかったアイデアを出してくれた。」「褒めてくれた。」「教えてくれた。」「『ありがとう』と言ってもらえた。」

先生を好きになる。
 「ぼくたちのために授業の準備をしてくれた。」「できなかったことが教えてもらってできるようになった。」「褒めてくれた。」

授業の中で,そんな思いになればいいなあと思います。
[PR]
by pyson-i | 2013-12-26 18:43 | Comments(0)

今年の振り返り 講座

来年のことを考える前に今年を振り返っています。
いろいろなところでお世話になりました。
これだけたくさんのアウトプットの場をいただけたことに感謝しています。

2月 ①千葉  教員養成セミナー
          「男女仲良くから考える学級づくり」
          「この一年・・ここが伸びた」

3月 ②東京  教師のためのスキルアップセミナー
          「4月の激務の乗り越え方と伸ばし方」
 
    ③東京  授業づくりネットワーク春集会
          「学級づくりスタートダッシュ」

6月 ④長野  全国の中堅・若手から学ぶ! 教育実践セミナーin長野
          「理科の授業をクリエイティブに」

7月 ⑤三重  官制研修
          「どの子の信頼も勝ち取る最強クラスづくり」

8月 ⑥北海道 授業づくりネットワーク
          「まずは好かれる担任術」 鼎談「仕事術」

    ⑦千葉  やる気スイッチセミナー
          「事前指導と人間関係づくりでやる気スイッチオン」

10月⑧千葉  学級づくりパワーアップセミナーin千葉
          「子どもを育てる仕掛け」

10月⑨東京  学級づくりプログレッシヴセミナーin東京
          「どの子の信頼も勝ち取る最強クラスづくり」

11月⑩京都  学級づくりパワーアップセミナーin京都
          「子どもをやる気にする3つのスイッチ」    

12月⑪東京  30代の教師力・学級・授業づくり講座
          「模擬授業と映像から考える学級づくり・授業づくり」
[PR]
by pyson-i | 2013-12-24 23:43 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48
とても分かりやすい説明を..
by メロンパン at 22:21
これでお答えになったでし..
by pyson-i at 06:29
メロンパンさん コメン..
by pyson-i at 06:16

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな