イートモ日記

<   2013年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

10月19日 「学級づくりプログレッシヴセミナーin東京」

10月19日 「学級づくりプログレッシヴセミナーin東京」
堀先生,山本先生といっしょに学級づくりの講座をします。
お二人のお話は学級づくり後半戦に向けて必ず役に立つはずです。
中学校先生の学級経営の視点は,小学校高学年の担任にとって,新鮮で学ぶべき点がたくさんあります。

私は,最新の実践を紹介しようと思っています。
ぜひいっしょに勉強できればと思います。
残り8席です。
詳しくはこちらへ ↓
 
 http://kokucheese.com/event/index/108615/
[PR]
by pyson-i | 2013-09-29 21:18 | Comments(1)

いつもありがとうございます。

今日,指導案を書きに学校に行きました。
教室に入ると、ホワイトボードが私の机の上に置いてありました。
昨日の放課後,子どもたちが教室に来たようでした。
ホワイトボードには,要件が書かれいて、最後に「先生いつもありがとうございます。」と書かれいました。
小さなことなのかも知れないけれど,心があたたかくなりました。
こういうことができる子,すばらしいなあと思います。
子どもに言っておきながら,自分はできているだろうか?
できていないです。
見習います。

さあ、指導案がんばろう。

指導案を書くために実態調査の分析を始めました。

理科の授業が好きかどうかという質問に対して、「好き」と答えたのは27名中26名です。
「どちらかと言えば嫌い。」と答えたのは1名です。
その理由に次のことが書かれていました。
「予想を立てるのが苦手」
「だんだんわからなくなってきた。」
ここを解決することが,自分の授業を改善する上で肝になりそうです。
ヒントを教えてくれてありがとう。
[PR]
by pyson-i | 2013-09-28 20:25 | Comments(0)

世のため人のため

子どもたちは,今週から「磨くノート」に「世のため人のためにしたこと」を書いています。
世のため人のためになることを実行して,自分がしたことを磨くノートに記録しています。
「5つ書くようにしようね。」
と言うと,子どもたちは素直に実行し,ほぼみんながノートに5つ書いていました。

「すごいね。言われたらすぐできるなんて!」
と話しました。
続けて,
「もっとすごい人たちがいるよ。」
とある子たちを紹介しました。
紹介したのは,次の子たちです。
6つ書いていた子。
5つの他に,気が付いたことなどを書いていた子。
5つの他にしてもらったことを書いていた子。
そして,次のように話しました。
「言われたことをやるだけでなく,その上を目指しています。いつも話している『+1発想』『ルールの上の方で生きる』ということが実践できています。こういう人は伸びます。」
翌日,子どもたちは競い合うように「世のため人のため」を実行して,ノートに書いていました。

「おたがいに競い合うっていいことですね。ライバルがいると,がんばれますね。成長できます。これを高め合うって言います。こういうよい仲間に恵まれてみなさんは幸せですね。」
「これの逆が足を引っ張り合うです。『私まじめにやらないから,あなたもやらないでね。』というものです。」

子どもたちは素直に実行しています。
[PR]
by pyson-i | 2013-09-27 21:49 | Comments(0)

素直

子どもたちは素直です。
教えられたことを自分に取り入れようとしています。
心のコップが上向きになっているようです。
どんどん入っていきます。

「教わりたい。」という顔をしています。

子どもたちにとって,少しでもプラスになるようなことを教えられるように努力します。

私も素直にかわいいなあと思います。
[PR]
by pyson-i | 2013-09-27 21:33 | Comments(0)

学級通信を書く

学級通信を書いています。
私自身が愚鈍であるから,学級通信を書いています。

子どもたちは、学校で,毎日よいことをしています。
それはもう感動するくらい。
それをすべてその場でほめられればよいのですが、愚鈍な私にはそれができません。
その瞬間瞬間ではスルーしてしまうことがあるのです。
後から「せっかくあんないいことをしているのに,なんであれをほめてあげなかたんだろう。」と思うことがあります。
だめだなあと思います。
それでも,学級通信があれば,文章にして,子どもたちに読んで聞かせることができます。

今,私は子どもたちを褒めるために学級通信を書いています。
それが一番の目的です。
まあ,単純に書くのが好きだということもあるのだけれど。
[PR]
by pyson-i | 2013-09-26 19:17 | Comments(0)

再録「小さな福の神ができた背景」

尊敬する先生が「小さな福の神」のことを宣伝して下さっているので,問い合わせがたくさん来ています。
以前書いた簡単なやり方を,もう一度載せます。
できた背景が書かれていてびっくりしました。
自分でも完全に忘れていました。w
そういえばそうでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

学級活動「小さな福の神」

みんながクラスの誰かの福の神になって、よいことをするという実践です。
教室中が親切な行動であふれ、みんなが笑顔になります。

やり方
①子どもは、紙に自分の名前を書いて教師に出す。
②教師は、集めた紙をシャッフルして配る。
③教師は次のような説明をする。
 「今日一日、みんなは福の神になります。福の神はある人に憑いて、その人に気づかれないようにその人のためになることをします。配られた紙に書いてある名前の人の福の神です。その人に気づかれないようにたくさんよいことをしてください。」
④子どもたちは、よいことをして、それを紙に記録する。
⑤帰りの会で、よいことを記録した紙にメッセージを添えてを本人にわたす。

たったこれだけの実践です。
できた背景を書きます。
前日にある事件があってその生徒指導をしている時に、思いつきました。
「ごめんね。」を言ってしまうと、逆に相手を傷つけてしまう状況でした。
どうすれば、やってしまった子を褒めて終わりにできるだろうか?
そう考えていました。
基本的に、叱る時には褒めて終わりにするようにしています。
そこで、考えつきました。
「帰りまでに○○さんに気付かれないようによいことを5つしなさい。帰りに先生に報告してもらいます。」
やってしまった子に言いわたしました。
すると、その子は、忠実に実行し、紙に書いて報告してくれました。
その子のことをたくさん褒めることができました。
これはいいなあ。全体に広められないかなと思って、考えました。
それがこの実践です。
学級活動で、よくある実践と組み合わせました。

大村はま先生の言葉に「褒めるために種をまいてください。」とありますが、この実践はまさにそれです。

みんながよい気分になれます。
[PR]
by pyson-i | 2013-09-23 12:32 | Comments(0)

言葉のチカラ

子どもたちは帰りの会で「磨くノート」を書く。
子どもたちが下校してから,それを読む。
心があたたかくなる。
「よし!がんばろう!」
そんな気持ちにさせてくれる。
こんなに人の心をあたたかくできる言葉をつかう子どもたちがいる教室を誇りに思う。
[PR]
by pyson-i | 2013-09-23 08:31 | Comments(0)

これからの講座の予定

今年度の後半は,9カ所で講座をします。
休みの日にわざわざ勉強にいらっしゃる先生方と,先生方の教室の子どもたちのために精一杯がんばります。

・10月12日(土)千葉県 千葉市           
           学級づくりパワーアップセミナーin千葉
           学級経営後半戦に向けて」~子どもを『育てる』仕掛け~
           詳細→ http://kokucheese.com/event/index/112341/

・10月19日(土)東京都 新宿区
           学級づくりプログレッシヴセミナー
           詳細→http://kokucheese.com/event/index/108615/

・11月23日(土)京都府 京都市
          <教師みらいプロジェクト> 学級づくりパワーアップセミナーin京都
           詳細→こくちーずへ

・12月 7日(土) 東京都 八王子市

・1月11日(土) 富山県 富山市

・1月15日(水) 千葉県 浦安市※官制研修のため一般参加はできません。

・1月25日(土)神奈川県 横浜市

・2月 8日(土) 三重県 四日市

・2月 9日(日) 愛知県 名古屋
[PR]
by pyson-i | 2013-09-22 21:18 | Comments(0)

昔読んでいた本を読み返すと

必要に迫られて,初任の頃に読んでいた教育書を読み返しました。

愕然としました。
しばらく書斎から出られませんでした。

・大事なことが書かれていたのに,当時は読み飛ばしていたこと。
・自分が書いてあると思っていたことが,実はそんなことはどこにも書いていなかったこと。
・正確に読み取らずに,自分の都合のよいように解釈していたこと。
・今の自分とは違う考えだと思っていた著者の本に,共感できる部分がたくさんあったこと。
・当時は,「言わずもがな」の部分があるという前提をふまえずに文章を読んでいたこと。

おもしろいです。
昔の本を,また読もうと思いました。
[PR]
by pyson-i | 2013-09-22 21:08 | Comments(0)

子どもたちがかわいい

とってもいいクラスになっています。

子どもたちの表情がいいです。
明るいです。
優しいです。
素直です。
一生懸命です。

かわいいです。

もっともっといい先生にならなければと思います。
[PR]
by pyson-i | 2013-09-20 20:21 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48
とても分かりやすい説明を..
by メロンパン at 22:21
これでお答えになったでし..
by pyson-i at 06:29
メロンパンさん コメン..
by pyson-i at 06:16

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな