イートモ日記

<   2013年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

やる気スイッチセミナー満員御礼

8月31日の「学級づくりセミナー~やる気スイッチの入れ方~」は,昨日で定員に達しました。
まだ当日まで2か月くらいあるのに,驚きました。
こんなに早く埋まってしまうなんて。
遠くは,新潟や岐阜からお申し込みをいただいています。
期待に応えられるように精一杯がんばります。
[PR]
by pyson-i | 2013-06-30 00:05 | Comments(0)

予想を大きく上回る

福山憲市先生の講座に参加してきました。

3年前に1度お話をお聞きしたことがあったにもかかわらず,衝撃的でした。

やっていることのレベルがあまりに違います。
と言うか,比べることもおこがましいです。
規格外です。

子どもをよく見ています。
そして,よく考えています。
こんな先生に教わっていたら,きっと子どもは勉強が大好きになるだろう,学校が大好きになるだろうと思いました。

自分自身のやっていることを反省させられました。

ここまでやっている先生がいるんだ。自分はまだまだだと思うことができたのは大きな収穫です。
予想を大きく上回っていましたが。

福山先生のマネはできません。
先生は先生の強みを最大限に生かしているように感じました。
基本的な考え方は学びつつ,私の強みを生かした実践をつくっていきます。
[PR]
by pyson-i | 2013-06-29 23:59 | Comments(0)

明日は福山憲市先生の講座に行きます。

明日は福山憲市先生の講座に行って来ます。
「子どものためにここまでやっている人がいる。」
「まだまだ努力がたりない。」
「自分なんてまだまだだ。」
「もっともっとできる。」
おそらくこんな気持ちになるのでしょう。
油断していると,すぐに傲慢になる私。
この程度でよく傲慢になるなあと自分のレベルの低さを日々感じています。
だめな自分を実感したくて行きます。

実際,前に1度お会いした時には,衝撃でした。
やってきた実践や頭の回転の速さ,熱さ。
私の頭から煙が出ました。
本当は出てないけど。

本当は単純に福山先生や福山先生を慕っている先生方とお会いしたい気持ちの方が強かったりもします。

楽しみです。
[PR]
by pyson-i | 2013-06-28 04:44 | Comments(0)

8月10日 11日は授業づくりネットワーク2013夏in北海道・帯広

8月10日、11日は北海道で授業づくりネットワークの集会があります。
ありえないくらい超豪華講師陣です。
お会いしてみたいと思っていた先生方ばかりです。
(なぜか私も入っているのですが・・・。どう考えても私はオマケですね。)

私の日程は,10日には,提案と対話をします。水戸ちひろ先生と対話をします。
11日には,「教師の仕事術」というテーマで,鼎談をします。
鼎談の相手は,あのプロフェッショナルの菊池省三先生,そして,教師力ピラミッドなど数多くの著作をおもちの堀裕嗣先生です。
すごいことになってしまいました。

私はもう飛行機のチケットをとりましたが,LCCを使えば意外と安く北海道まで行けることがわかりました。

なかなかない機会です。
よろしければ,北海道でいっしょに勉強しませんか。

コチラをクリックすると,案内が出ます。

いやあ,楽しみです。
[PR]
by pyson-i | 2013-06-27 20:13 | Comments(2)

学級通信「スイッチオン」55号より

 昨日の朝の会の「みんなから」のコーナーで,給食当番のリーダーのAさんが次のように発言しました。
 「昨日の給食は『高級レストランみたいに』というめあてでやりました。みんなに聞きたいんですけど,昨日は高級レストランのように配膳できたと思いますか。できていたと思う人は手を挙げてください。」
 すると,クラスの子たちの半分くらいの手が挙がりました。
  「それでは,どうすれば高級レストランのようにできるか意見がある人は教えてください。」
 このように聞くと,たくさんの手が挙がり,こうすればよいと意見を言っていました。
 それを受けて,今日の給食の配膳はさらに高級レストランらしくなっていました。
  配ってお辞儀をした後,「ごゆっくりどうぞ。」と笑顔で一礼してから,また仕事に戻っていきます。

子どもたちからどんどん意見が出て,クラスをよりよくしようとしています。
[PR]
by pyson-i | 2013-06-27 18:30 | Comments(0)

1日参観にいらっしゃいました。

今日は,私の本を読んで下さった方が1日参観にいらっしゃいました。
朝7:20から15:00まで。
始業前から下校指導まで参観されました。
ものすごい熱心で行動力のある先生です。
そして,すぐにクラスの子どもたちと仲良くなってしまいました。
ここは私の学級にいらっしゃった先生方みなさんに共通しています。
子どもたちが人なつっこいのかも知れません。

子どもたちのやる気いっぱいの姿を褒めて下さいました。
「価値ある1日」と何度も話して下さいました。

せっかくなので,いろいろ見ていただきたいと思い,
午前中は,普通の授業を,午後は特別な授業をしました。

午後は,土作先生の「ビタミンC実験」をやりました。
子どもたちは,とっても楽しそうでした。
私は最初のコカコーラを一瞬にして別の飲み物に変えるくだりが好きです。
すべり知らずです。

ちょっとはお役に立てたかなあ。
[PR]
by pyson-i | 2013-06-24 21:27 | Comments(0)

長野へ

今日は長野県の佐久平へ行きます。
今から今日のセミナーの最終準備です。
理科の授業の話をしてきます。
朝,家族が起きてくる前に終わらせ,いっしょに朝食を食べてから出発します。
そして,最終で帰ってきます。
日帰り長野です。

自分との約束
・家族との時間を大切にする。
・学校のこと,クラスのことで手を抜かない。

これを守ると,準備はこういう時間になります。
平日は,学校のこと,家族のことで余裕はありません。

せっかく行くので,たくさん吸収してきたいです。
長瀬先生、山田先生,伊藤先生の実践から学んできます。
[PR]
by pyson-i | 2013-06-22 03:45 | Comments(0)

10年先 20年先

今目の前にあることを100%全力でやることは大事です。

今,書いたり話したりしていることは今だからできることであって,10年後,20年後に同じことを言っていては,誰にも相手にされないように思います。

10年後,20年後の私といっしょに仕事をしたいと言ってくださる方がいらっしゃいます。

今のようにアウトプットばかりしていてはだめになるんじゃないかと心配して下さる方がいらっしゃいます。

私なんかに期待をして下さっている方々の思いは裏切りたくないです。
だから,成長を止めたくなく,むしろ加速させたいと思っています。

今を全力でやっていれば,結果として成長していることでしょう。

でも同時に10年先,20年先も見ていないといけないとも思うのです。

100%は今。
20%は10年先のこと。
って,100%越えちゃってるじゃん。

今日から,空き時間に校内の先生方の授業を見せていただくことにしました。
[PR]
by pyson-i | 2013-06-21 05:02 | Comments(0)

1日に何度も何度も時計を見ていた。

教師になる前に他の仕事をしていました。

勤務中。
1日に何度も何度も時計を見ました。

午前中は,
「早く昼休みにならないかな。」

午後は,
「早く3時の休憩にならないかな。」

3時を過ぎたら,
「はやく5時にならないかな。」

「まだ5分しか経っていない。」

そんなことばかり考えて何度も何度も時計を見ていました。
1日が長かったです。

そんな1年間を過ごしました。

今,とにかく時間がたりません。
3時に起きても,やりたいことが全然やりきれません。
思っていたことの半分もできていません。
(これは単に,能力がないだけですが)

たまに,忙しくて嫌だなあと思うこともあります。
でも,あの1年間があるから,今のやりたいことに全力投球できて時間がないという状況に感謝できます。
これって,ぜいたくなことです。

誤解のないように書いておきますが,前の仕事が決してやりがいのない仕事だったというわけではありません。単に,私には他にやりたいことがあったというだけです。
私の取り組む姿勢に問題がありました。
[PR]
by pyson-i | 2013-06-19 19:49 | Comments(0)

できていないなあ

子どもたちに教室で言っていることが,自分はできていないと思います。
その中でも極めつけが,昨日子どもたちに話した「主体的に生きる」ということです。
「7つの習慣」の1つめの習慣です。

いろいろな具体例を入れながら子どもに話していました。
いつの間にか自分はできているんだよという口調で,上から目線になっていました。
子どもたちは真剣に聞いてくれていました。
話し終えてから,しばらくして気付きました。
「これ,最近の自分は全然できてないじゃん。」
と。
愕然としました。

できないこと,うまくいかないことを環境やまわりの人のせいにしていました。

このことに限らず,子どもに言っていることで自分ができていないことって,たくさんあります。
忙しくなってくると,そのことにすら気付かなくなって,子どもに対して「何でできないの?」という責める気持ちになってしまいます。

自分はそうなりやすいということを自覚していないとだめですね。

「ごめんね。先生だってできていないんだよ。でも,できるように先生もがんばるからいっしょにがんばろうね。」

そう言われてもがんばれない子もいるし,がんばれない時もあります。

子どもを一人の人間として大切にしないとなあと思います。
尊敬しないといけないと思います。
[PR]
by pyson-i | 2013-06-19 03:56 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48
とても分かりやすい説明を..
by メロンパン at 22:21
これでお答えになったでし..
by pyson-i at 06:29
メロンパンさん コメン..
by pyson-i at 06:16

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな