イートモ日記

<   2012年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

夢が叶った。

「34歳までに単著を出す。」

これが、数年前に思い描いた私の夢の1つでした。

発刊されたのは35歳2か月になってからでしたが、夢は叶いました。


発売された直後、
本屋さんに見に行きました。

「あ、あった。」

目立つところに平積みされていました。
「どれだけ感激するのだろう。」と思っていましたが、
実はこの「あ、あった。」程度でした。
もちろん、うれしかったです。
でも、自分が思っていたほどではありませんでした。

普段の小学校での生活。
ミニバスで勝ったり負けたりしたこと。
子どもたちに演技指導をしたこと。
運動会で子どもたちが全力でがんばっていること。
長縄をがんばったこと。
合奏の指導をしたこと。
クラスの子のお別れ会。
卒業式。
子どもたちから手紙をもらったこと。
などなど。

こういったことの方が感動はずっとずっと大きかったのです。
結局、自分の本来の仕事の方がずっとずっと感動の大きなことをしているのです。
自分はなんてよい仕事をしているのだと改めて思いました。

もちろん、本を出版できたことは嬉しかったです。
多くの人が関わって下さって、ひたすら感謝しています。
編集のSさんが私のよいところ、本当に書きたかったことを引き出してくださいました。
奈良のT先生が背中を押して下さり、さらに推薦の言葉を書いて下さいました。
イラストを描いて下さったM先生、完璧な校正をしてくださったMさん。
宣伝してくださったたくさんの方々。
他にもたくさんの方々のおかげでできました。
感謝しております。

本を読んだ方から、感想をいただいたり、私の学級に実際に見学に来てくださる方もいました。

私にとってこの本は宝物です。
でも、この宝物の本よりも大きな感動を与えてくれる子どもたちがいます。
私は幸せ者です。
[PR]
by pyson-i | 2012-12-31 23:14 | Comments(0)

対話

今年は何と言っても「対話」でした。
今までこんなに人と対話をしたことはありませんでした。
私にとって尊敬する先生方と対話をしたことが一番の学びになりました。

電車の中で。

喫茶店で。

居酒屋で。

ご自宅で。

職場で。

セミナー会場で。

本当に多く対話をしました。
北海道の先生から九州の先生まで。
日本には、素敵な先生方がたくさんいます。
自分なんかまだまだだと思うのと同時に、うれしくなりました。

自分はまだまだできると思えたからです。

これからもたくさんの人から学び続けます。
[PR]
by pyson-i | 2012-12-31 22:54 | Comments(0)

執筆モードへ

いろいろな人が仕事の話をくださいます。

「それはちょっと私にはできないなあ。」

そんな依頼も中にはあります。
でも、相手は私にできると思って頼んでくれているのです。

そして、できないと判断しているのは,過去を見て判断している自分です。
なりたいと思っている未来の自分から見たら、できる仕事なのです。

だから、頼まれた仕事はできるだけ引き受けるようにしています。
(まあ、お断りしたこともあるのですが・・・。)

未来の成長した私が,今の仕事を振り返ってみた時に、
「あの時にあれをしたから今の自分がいる。」
「あれは駆け出しの頃の代表作だ。」
こんな風に思える自分でありたいです。
ちょっと背伸びに見えるような仕事が自分を成長させてくれてきました。

過去の延長上に今の自分はいなくてもいいのです。
将来こうありたいという未来の自分から見た今の自分を生きていいのです。
このことを知ってから、自分が一気に成長したように思います。
あくまでも思うだけですが…。

それに,何でもやってみると,思っていたほど大変ではありません。
やってみるとできてしまうものです。
頭の中であれこれ思っているより,やってしまう方がはるかに楽です。

難易度の高い原稿を前に気合いを入れるためにこんなことを書いてみました。
さあ、執筆モードです。
[PR]
by pyson-i | 2012-12-29 21:55 | Comments(0)

目標の意義

JUT(授業力アップトーナメント)全国大会に出ました。
目標は,優勝することでした。
しかし,結果はだめでした。
目標が達成できなかったから,私はだめな奴なのでしょうか?
そんなことはありません。たぶん・・・。
(自分で言うのも変ですが・・・。)

目標を設定したら,達成できるときもあればできないときもあります。
だから,適当にやってもいいというのではありません。
目標を達成するために全力で努力することは大事です。
その前提での話です。

目標を設定する意義は,目標を達成することにあるのではありません。

目標を設定する意義は,今現在の行動を変えることにあります。

「JUTで優勝する」

この目標が私の行動を変えてくれました。
この目標がなければ,2学期が終わった直後にあれほど自分の授業の腕を磨こうとは思いませんでした。
また,「出場することが目標」くらいであれば,あれほどの練習は絶対にしていません。
今回用意した授業は,今学期やった授業の中でも最高のものでした。
そして,冬休みに入ってから毎日早朝に学校に行き,準備と練習をしてきました。
当日も,朝4時から5時まで学校で練習をしてから横浜に向かいました。
目標がなければ,こんなことはしていません。

だから,優勝できなかったことは正直悔しかったけれど,いいのです。
優勝した後のコメントまで考えていたけれど,いいのです。
結果として,あれほどの練習ができたのですから。

さらに,自分の弱点も再認識することができました。
「子どもに寄り添う」
「子どもの発言を生かす」
ここが弱いです。
2学期の終わりの道徳の授業研でも同じことを感じました。
ここを高めればいいということがわかりました。

JUTでは,自分の授業について考え,腕を磨く機会となりました。
250名の熱心な先生方の前で授業を見せるって,なかなかない機会です。

1日経った今,やってよかったと思っています。

みなさんに感謝です。
[PR]
by pyson-i | 2012-12-28 19:30 | Comments(0)

学級づくり改革セミナー全国大会

菊池省三先生のクラスの「褒め言葉のシャワー」の映像を見せていただきました。
子どもたちの表情,話し方,話している内容,話の聞き方…。
私も菊池先生の本を読んでこの「褒め言葉のシャワー」をやってきました。
しかし、形だけ真似ただけで質が全然違うということがわかりました。
似て非なるものでした。
表層をなぞっただけで、まったくできていませんでした。
これは,赤坂真二先生が関わったクラスの「クラス会議」の映像を見た時と同じ感覚でした。
自分が選んだ実践にもっともっと惚れ込んで,「これで子どもたちを高めるんだ。」という気概が足りませんでした。
さあ、がんばるぞ。

「私は何をやっていたのだろう。」
自己否定しました。
これは本物を見たからこそできる自己否定です。
これからもたくさんの実践から学び,自己否定し続けたいです。
自己否定できずに,今の自分が最高だと思ってしまえば、そこで成長は終わります。

今日はぜいたくな学びの時間でした。

JUTでは、自分がやりたい授業をやることができました。満足です。
優勝した山田先生の授業はもちろんすばらしかったです。
個人的には松森先生の授業がいいなあと思いました。
[PR]
by pyson-i | 2012-12-28 01:03 | Comments(0)

体が勝手に動くまで

大学時代,バンドをやっていました。
と言っても,話にならないくらい下手でしたが。
その時はギターの練習を1日も欠かしませんでした。

1日休むと,1週間前に戻る。

こんな言葉を信じていたからです。

バンドで合わせる時には,事前に個人練習をします。
演奏するには,頭で考えていたのでは,間に合いません。
体が勝手に動くようになるまで徹底反復しなければなりません。
ひたすら練習していました。
このように書くと,すごい努力をしたように感じますが,好きなことをやっていただけなので,楽しかったです。

反復練習して体に覚え込ませる。

体が勝手に動くまで。

このような体験が今いきています。
[PR]
by pyson-i | 2012-12-26 18:48 | Comments(0)

苦手克服

2学期の4か月の間に数年分の授業研をしました。
数だけですが。
2学期に自分の中ではあまりにたくさんの授業研をしたので、感覚がマヒしました。
苦手意識というものがまったくなくなりました。

以前は,授業研で指導案の通りに流れないと変な汗をかいたものです。
それが,授業が思っていない方向に進むと,
「よし!ここからだ!」
と思えるようになりました。
頭の中で指導案をビリビリビリと破るイメージです。
頭が最も働く瞬間です。
(まあ,結局指導案の通りにできないという実力は変わらないということですがね。)

苦手なもの。
どうせ逃げられないなら,逆に積極的に向かい合うというのもよいことだと思っています。
[PR]
by pyson-i | 2012-12-26 04:39 | Comments(0)

今年の振り返り(講座)

今年講師をした講座

1月  ・学級づくり改革セミナー千葉
     学級づくりと授業づくりの講座を2つやりました。

2月  ・学級づくりパワーアップセミナーin四日市
     学級づくりの講座と国語の模擬授業をやりました。

6月  ・学級づくりパワーアップセミナーin東京
     ミニ教材による模擬学級づくりの提案をしました。

7月  ・学級づくり改革セミナー IN 横浜
      「1学期の終盤の課題」と「行事指導」の2つの講座をしました。

8月  ・授業づくりネットワーク2012東京
      理科の模擬授業をしました。

9月  ・学級づくりパワ-アップセミナーin千葉
      国語の模擬授業をしました。

10月 ・富山教師みらい塾
     理科の模擬授業と学級づくりの講座をしました。

    ・達人に学ぶ 授業成功の秘訣
     理科の模擬授業から学級作りを考える講座をしました。

11月 ・出版記念セミナー
     初となる4時間講座でした。

12月 ・第2回 学級づくり改革セミナー全国大会 IN 横浜
     これはまだですが、模擬授業をします。これは講師ではないですね。チャレンジャーです。

私のような者にこんなにたくさん声をかけてくださって感謝です。
そして、場を設定し、準備、運営をしてくださった方がいます。
話を聞きに来て下さった方がいます。
感謝の心を忘れないでいたいです。

来年は,今のところ,北海道,東京,三重に行く予定です。
また新たな出会いを楽しみにしています。
[PR]
by pyson-i | 2012-12-25 19:53 | Comments(2)

明日の教室東京分校

明日の教室東京分校に行って来ました。

講師は堀裕嗣先生でした。
学年学級経営と国語科の授業の話でした。
今の私にはぴったりの話でした。
納得することばかりでうんうんとずっとうなずきながら話を聞いていました。

席は最前列をキープしました。
堀先生の講座を受けるのは初めてでしたが、ご著書やFBの記事などから学ばせていただいておりました。
1つ1つ納得でした。
特に今の自分には,教師力ピラミッドの話が深く納得できました。
ここで学んだことを肝に命じて3学期から仕事をしていきます。
国語の模擬授業は、「わかりやすくておもしろい」という印象でした。
指示がわかりやすい。
板書とノート指示がわかりやすい。
さらに活動内容が、頭を使うものでおもしろかったです。
こんな国語科授業を1年間続けたら、子どもたちは力がつくと思いました。

今月は、たくさんの魅力的な先生方にお会いしています。
多賀一郎先生
赤坂真二先生
堀裕嗣先生
さらに27日は
野口芳宏先生
菊池省三先生
土作彰先生
そして、JUTでは同世代の先生方。

私もちょっとは磨かれるといいです。
[PR]
by pyson-i | 2012-12-24 14:15 | Comments(0)

27日 JUT(授業力アップトーナメント)

今朝は学校に行って,27日の模擬授業の準備をしました。
当日の会場は広く、スタッフ合わせて参加者が230名以上ということです。
満員御礼だそうです。

模擬授業について。
この場で,普通の授業のようにやると,後ろの人が見えなくなってしまいます。
実際、11月に授業でやった時は,子どもたちを前の机に集めてやった部分ですし。
そこで、今回は写真でとったものをパワーポイントで見せることにしました。
今朝、理科室で、その撮影をしました。
その写真を使って、スライドは完成しました。

それにしても,ここのところの研究授業や模擬授業の回数は、自分の中ではかなり多いです。
まあ、私にしてはよくがんばっています。
これだけやればちょっとはうまくなるのではないかと思っています。

今回が今年最後です。
よいものを提供できるようにがんばります。

あ、そうそう拙著『どの子の信頼も勝ち取る!まずは人気の先生になろう!」(明治図書)が、今品切れ中だそうです。
当日、私の家にある10冊を持って行きます。
[PR]
by pyson-i | 2012-12-24 13:14 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48
とても分かりやすい説明を..
by メロンパン at 22:21
これでお答えになったでし..
by pyson-i at 06:29
メロンパンさん コメン..
by pyson-i at 06:16

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな