イートモ日記

<   2012年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

有田先生の特別授業

有田和正先生の特別授業を受けてきました。
おもしろかったです。
知識、対応、ユーモア。
まさに名人です。

こんな先生が担任の先生だったら、子どもたちはそれだけ学校が楽しくなって、勉強が好きになるだろうなあと思いました。

こんな先生になりたいと思いました。

おもしろい教材を探しつつ、
授業の構成や対応の技術を高め、
協同学習の手法を取り入れた授業をしていこうと思っています。
やりたいことがたくさんありすぎで時間がいくらあってもたりないかんじです。

横山験也先生の算数も圧巻でした。
笑いながら、算数の世界に引き込まれたかんじです。

行ってよかったです。
[PR]
by pyson-i | 2012-03-31 19:11 | Comments(0)

徒歩で

昨日は、学校まで徒歩で行きました。
前日に、午前中の勤務後車を置いて、すぐに電車で横浜へ向かい、そのまま電車で家に帰ったからです。
車で10分くらいの道のりですが、30分くらいで着きました。

途中の病院の花壇には、花がきれいに咲いていました。
今までは車で通りすぎていたのにまったく気付きませんでした。
立ち止まって見ていると、水をあげている病院の職員に笑顔であいさつされました。

あるのに見えない。
見ようとしない。
こういうことって他にもあるかもしれません。


これからもちょくちょく歩いてみようと思いました。
[PR]
by pyson-i | 2012-03-30 02:44 | Comments(2)

自分より上の人がいる

なぜ休みの日にお金と時間を使ってセミナーに行くのか?

私もがんばろう!

こんな気持ちになれるからです。

自分よりも上の人がたくさんいます。
読書量
行動力
勉強量
子どもたちへの愛情
仕事への情熱
などなど。
刺激をもらえます。
自分なんて本当にまだまだです。

さあ、今できることを精一杯やろう。
[PR]
by pyson-i | 2012-03-29 06:40 | Comments(0)

行ってよかった。

学級づくり改革セミナー全国大会に参加してきました。
本当は、午前中に私も1つ講座を担当する予定でした。
依頼が来て、予定を確認してすぐに「やります。」と返事をしました。
ところが、突然勤務になってしまい、断ることになってしまいました。
申し訳なかったです。
勤務は午前中だけだったので、午後から一般参加することにしました。

勤務を終え、電車に乗ること2時間。
会場には100人以上の人がいました。
講師の先生方のお話はあいかわらずすばらしかったです。

せっかく行ったので、懇親会まで参加しました。
至福の時間でした。
全国の仲間と教育の話ができる。
目の前の子どもを伸ばすために、よりよい教師になるために一生懸命勉強している仲間がいる。
こんなに嬉しいことはありません。
たくさん本を読んでいるし、研修会にも参加しているし、熱心な方ばかりです。
話が合います。
行ってよかったと心から思いました。

元気をもらいました。
がんばるぞ。

往復の4時間の電車の中で読書もたくさんできました。
8冊の本を持って行き、半分読めました。
重かった…。
[PR]
by pyson-i | 2012-03-28 22:28 | Comments(4)

悩んでいるとき

いつもそうなのですが、
悩んでいるときって、自分の心が自分の意志ではコントロールできないところにフォーカスしてしまっています。
影響の輪の中にあることではなく、関心の輪の中にあることに、集中してしまっています。
「なんでこうならないのかなあ。」
と思い、悩んでしまいます。
自分をかわいそうな被害者にしてしまいます。
考えたって、悩んだってどうにもならないことに意識が集中してしまいます。

自分にできることをやるのみです。
自分の影響の輪の中に集中します。
自分の人生、自分の力で切り開いていきます。
[PR]
by pyson-i | 2012-03-26 06:29 | Comments(0)

協同学習、すごい。

昨日は、成蹊大学で行われた協同学習の研修会に参加してしました。
スペンサーケーガン氏本人から学ぶ貴重な機会でした。

受付でいきなり、「英語は話せますか?」と聞かれて、「恐ろしいところに来てしまった。」と一瞬思いましたが、話せなくても大丈夫でした。
安心しました。

午前中は1時間半のインタビュー。
午後は、4時間半のワークショップ。
ものすごく勉強になりました。
目からウロコということも多くありました。
さすがに疲れました。
教室の子どもたちは普段、このくらいの授業を受けているのです。
やはり授業を楽しくしなければなりません。

私のやっていたグループワークは協同学習ではないということがわかりました。
やはり「なんちゃって協同学習」でした。
行ってよかった。
わかってよかった。

ストラクチャーがなければ、協同学習にならないということを、体験を通して学ぶことができました。
ストラクチャーとはていねいにシチュエーションを整えるようなイメージです。

私は、「ヨコ糸をつむぐ」ため、子ども同士の交流をたくさんさせていました。
本校の算数の研究でも自力解決後に少人数で伝え合うという活動をしていました。
人数と時間だけ指定して、あとは丸投げということも多かったです。
本当にこれで成果はあるのかな?
と疑問に思ってもいました。
その答えを得ることができました。
ていねいにシチュエーションを整えなければ、成果は出ません。
それを可能にするのがストラクチャーです。
ラリーロビン、タイムドペアーシェアーなど教科の中で意識して使ってみようと思います。
かなりいけそうな予感がします。
また、自分の実践の中にも協同学習たりえていたものも数多くあることがわかりました。

行き帰り4時間の電車の中で、かなり読書ができました。
ところが。
昼休みとセミナー終了後に、合計6冊も本を買ってしまったので、買ったはいいが読んでいない本は減らないどころか、またまた増えてしまいました。

行ってよかったなあと心から思いました。
もっともっと勉強して、パワ-アップします。
[PR]
by pyson-i | 2012-03-26 05:40 | Comments(2)

春休みの予定

春休みに参加する研修会の予定です。

3月25日 東京 授業づくりネットワーク2012春
        「学びのちからが教育を変える-スペンサー・ケーガンの協同学習から学ぶ-」

3月28日 横浜 学級づくり改革セミナー全国大会
        (午前中は勤務のため、午後から参加)

3月31日 東京 有田和正先生特別授業
         「学力をつける正しい『楽しい』授業」

4月1日  東京 ドリームぽけっとセミナー・4月からの学級づくり


どこかでお会いできたらいいですね。
[PR]
by pyson-i | 2012-03-24 18:47 | Comments(2)

前に進む

次の学年で使う教科書を買ってきました。
学校で借りていたものは書き込めないので、今まで毎回コピーをとったりしていて面倒でした。
これで、直接書き込めます。

とにかく前に進みます。

平山 譲さんの『ファイブ』を読みました。
なんだか勇気をもらいました。
やっぱり読書っていいなあ。
いろいろな世界を体験した気になります。
[PR]
by pyson-i | 2012-03-24 18:39 | Comments(0)

朝から粉まみれ

今日の「クラスでほっとタイム」の下準備でホットケーキミックスをわけていました。
早朝の職員室で一人作業をしていました。
途中、アクシデントがあり粉まみれです。
今、作業を終えました。
掃除機をかけて一安心です。

何をするかよりもどのようにするかが大事です。

よくないクラスだと、
同じホットケーキを作って食べるという活動をしたとしても、
「おれのが小さい。」
「もう、後片付けを全然しないで!」
「めんどくさい。」
こんな会話が飛び交います。
これではやるだけ無駄です。

やるからには、コストパフォーマンスに見合う成果を得たいものです。
まあ、失敗するのも勉強なのですが。

はじめにきちんとした投げかけをし、きちんと評価する。
それを繰り返すだけで、子どもたちは驚くほど育ちます。

今回は、
「クラスでほっとタイム」を通してどんな感情を持ちたいのか?
クラスをどうしたいか?
どんな会にしたいか?
どんな力をつけたいか?
始める前にもう一度このへんをきちんとおさえてからやろうと思います。
子どもの心に響く発問を今考えています。


何をするかよりもどのようにするか?
自分自身にも言えることです。
私はどのように小学校の教師をするのか?

イチローがバッターボックスに入るように。

柴田恭平さんが犯人を追いかけるように。

上島竜平さんが熱湯風呂に入るように。

一流でいたいと思います。
心だけは。
道は遠いですね。
[PR]
by pyson-i | 2012-03-22 06:01 | Comments(4)

脱「多忙ビーム」

学期末、学年末になると、「多忙ビーム」を出してしまいがちです。
目の前のことをこなすことに追われてしまいます。
そんな時は、こどもたちのよいところが見えなくなってしまいます。
私はよくそうなってしまいます。

しかーし。
今回は違います。
過去に何十回も同じ失敗をしてきた反省から、今回はかなり余裕をもって終えることができました。
子どもたちを見ることができています。
子どもたちは、全員身長が伸びているように、学習面、生活面、運動面などいろいろな面で伸びています。
4月と比べてみると、どの子も本当によくがんばったことがわかります。
この1年よくがんばったね。
次もがんばろうね。
そんなメッセージを伝え続けていきたいです。

事務仕事は結構残っている…。
[PR]
by pyson-i | 2012-03-22 03:36 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48
とても分かりやすい説明を..
by メロンパン at 22:21
これでお答えになったでし..
by pyson-i at 06:29
メロンパンさん コメン..
by pyson-i at 06:16

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな