イートモ日記

<   2012年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

膝の上にパイソン

今もそうですが、パソコンをやっていると膝の上にパイソンがのってきます。
ふわふわであたたかいです。
今、おりました。
毛繕いをしています。
そして、ミャーコにむかっていきました。

私は、2匹の猫に何も期待していません。
何か特別な芸をできるようになってもらいたいだとか
きれいな毛並みでいてほしいとか
一切ありません。
まあ、トイレの失敗は困るんだけど。
ただ、いてくれるだけでいいんです。
長生きしてほしいとだけ願っています。
言葉が通じない、こちらの意思ではどうにもならないものとの生活からは学ぶことはあります。

期待しない。

大事なことかも知れません。
[PR]
by pyson-i | 2012-02-29 05:05 | Comments(0)

原点

ここ数年、すごい実践家の方々にお会いし、影響を受けてきました。
そのおかげで、こんな私でもちょっとは成長できたと思っています。

でも、今の自分と、すごい実践家の方々とを比べると、
「あれもできない。これもできない。」
となってしまいます。
落ち込むことも多いです。
あれ、前にもこんなこと書いたな。

そもそも、自分はなんで小学校の教師になりたかったのか?
子どもたちと、いっしょに笑ったり泣いたり、喜んだり、悲しんだり…そんなふれあいの中で、楽しく生活したり、勉強を教えたりしたい。
大好きなサッカーをいっしょにしたり、私のギターの伴奏に合わせてみんなで歌を歌ったり…。
そんな単純なものでした。

「すごい学級集団を作りたいから。」
ではなかったのです。

でも、いつの間にかそればかりを追い求めてきたように思います。
返事の声が小さい子がいてもいいじゃん。
手をピシッと挙げない子がいてもいいじゃん。
宿題を忘れてくる子がいてもいいじゃん。
だいたい、私なんか子どもの時、全然だめだったし。
今だめでも大丈夫だよ。
まずは、目の前の子のことを好きになり、幸せを願おう。

もちろん、子どもたちの力を伸ばすことは大切です。
集団として力をつけることも大切です。
そこは、外さないでいきたいです。

でも、子どもたちとの生活を楽しむことも忘れないでいたいです。
もう少し幅を持ってゆったりとしていようと思います。
[PR]
by pyson-i | 2012-02-28 20:44 | Comments(2)

終わりました。

ミニバスの大会が終わりました。
結果は第3位でした。

準々決勝では、3点差での勝利しました。
前半リードされながら、後半からは得意の2段階のゾーンプレスで逆転しました。

準決勝は、第3Qまで勝っていたのに、第4Qで逆転されてしまいました。
そのまま負けてしまいました。
監督として、采配に課題が残りました。

子どもたちは本当によくがんばりました。
まだまだ荒削りだけれど、むかっていく姿勢はすばらしいかったです。
そして、予選リーグでの2点差勝利と合わせて、この厳しい3試合は、よい経験になりました。
もっともっと教えることはたくさんあります。
課題がたくさん出てきました。

バスケットボールがうまくなることが目的ではありません。
勝つことが目的でもありません。
でも、目標ではあります。
勝つという目標を達成するために、必死に努力する。
それを通して、「心と体、頭を鍛える」という目的に向かえばよいと思います。

あんなに喜んだり、あんなに悔しい思いをすることは他にはありません。
スポーツっていいなあと改めて思いました。

それにしても悔しかったなあ。
勝ちたかったなあ。
[PR]
by pyson-i | 2012-02-25 20:40 | Comments(0)

明日は決勝トーナメント

いよいよ明日はミニバスの決勝トーナメントです。
「負けたらどうしよう。」
ということを考えていると力が発揮できません。
勝ったらうれしいなあ。
みんながよろこんでくれる。
わくわくして試合にのぞもうね。
そんな話をしました。

とてもよいチームになっています。
がんばってきます。

そう言えば、ずっと休みがないなあ。
次の日は、ゆっくりしよう。
[PR]
by pyson-i | 2012-02-24 18:31 | Comments(0)

クラス会議

今日のクラス会議の議題は、
「クラス会議での話し合いのルールを見直したい。」
でした。

この議題が子どもたちから出たことは嬉しかったです。
話し合いのルールは、本格的に話し合い活動を始める前にみんなで作ったものです。
具体的ではないところがあったり、実情にあっていなかったりするところもあったりしました。
この提案は、多くの子からの支持を得ました。
ああでもない。
こうでもない。
と一生懸命話し合っていました。
司会は、今朝決めたのにとても上手でした。
話し合いの姿がすばらしいです。

ちょっと前にも書きましたが、ここにきて、クラス会議に手応えを感じています。
私が今のスタイルのクラス会議を始めてから4年が経ちます。
うまくいかないことが続きました。
それでもやめなかったのは、それだけこのクラス会議に魅力を感じているからです。
うまくいかせたいという思いがありました。
それでも、なかなかうまくいきませんでした。
まったくだめな時もありました。
時間はかかりましたが、今自分としては満足のできるクラス会議になってきました。

これと決めたことは、あきらめずに続けることが大切だと思いました。
[PR]
by pyson-i | 2012-02-23 22:33 | Comments(0)

帰宅

教育雑誌の座談会企画に呼ばれ、参加してきました。
初めてお会いする先生方と編集の方とお話してきました。
東京の先生方とお話しました。地域によって、子どもたちの姿は全然違うんだなあと思いました。
そして、座談会のテーマが、自分の問題意識に今まであまりなかったものだったので、とても勉強になりました。
このような機会を与えていただいたことに感謝しています。

現在帰宅途中です。

帰りは10時過ぎかなあ。
[PR]
by pyson-i | 2012-02-23 20:55 | Comments(0)

ハイブリッド

自分で書いたブログを読み返していて、偏っているなあと思いました。
その時思ったことを書いているので、そうなってしまうのかも知れません。
別の瞬間には逆のことを考えていることもあります。

最近書いたことで、
「職場で浮いてはいけない。」
とありますが、同時に「浮くことを恐れてもいけない。」とも思うのです。
どちらの言葉も単体では危険ですね。
「浮いてはいけないけど、時には浮くことを恐れないで自分のやりたいことをやる覚悟も必要だよ。でも、ほどほどに上手にね。」
「浮くことを恐れないで自分の実践をやるくらいの覚悟も必要だけど、浮いたらつらいよ。上手にやろうね。」
私の考えはこんなところですね。

「目の前のことに一生懸命」
取り組みますが、時には「肩の力を抜くことも大事」だとも思います。
それが笑いなのかなあと思います。

ミニバスで2-1-2のゾーンディフェンスの練習をしている時。
ずっと真面目に指導してきたのに、
ディフェンスの場所取りを教えるときに、
「ちょっと~。そこは私の場所よ~。ど~い~て~。」と
おネエになって指導する。
こんなことですね。

いけないのは「~ねばならない。」となって、とらわれることです。
でも、それにしても時には「~ねばならない」と思ってもいい時だってあると思います。

赤坂先生は「時代はハイブリッド」だとおっしゃっていました。
そうだなあと思います。
自分の哲学や子どもたちの実態などに合わせて、柔軟に、いろいろなものを取り入れる、組み合わせていく必要があります。
私は、猫と人のハイブリッドです。
[PR]
by pyson-i | 2012-02-22 04:27 | Comments(0)

目の前のことに一生懸命

精一杯、目の前のことに取り組みます。
それしかできませんから。

今を必死に生きます。
笑いながら。
冗談を言いながら。
今日、目が覚めた奇跡に感謝して。
[PR]
by pyson-i | 2012-02-21 05:25 | Comments(0)

職場で浮いてはいけない

ある先生から言われました。

「職場で浮いてはならない。」と。
ものすごい数の著書を出し、全国で講演をされている先生です。

当時、私はその反対になりそうな時期でありました。
本や雑誌の原稿を書き始め、「話をしてくれ」と声がかかり始めた頃でした。
その先生の言葉は私の中にすっと入りました。
あぶない。あぶない。道を踏外すところでした。
職場を大切にしようと思いました。


まずは、自分の職場でしっかりとやらなければなりません。
職場できちんとやった上で、+αの仕事があるのだと思います。

「みんなと仲良くしなさい。」
そう言っている先生が本当にみんなと仲良くしているかどうか、その努力をしているかどうかを子どもたちはよく見ています。
「人のために働きなさい。」
子どもは見ています。
教師が子どもを見るのは難しいですが、子どもが教師を見るのは簡単です。

自分の足もとをしっかり見つめなければなりません。
自分に言い聞かせています。
足もとを見なかった猫のパイソンは、棚から落下しました。
[PR]
by pyson-i | 2012-02-21 05:20 | Comments(0)

朝5時に

朝5時に、例の突然髪を切りたくなる衝動がきました。
そこで、風呂場で格闘すること30分。
結構短く切ってしまいました。
これでパーマのクルクルの部分は全部なくなりました。
学校で子どもたちは、
「変!」
「前の方がよかった!」
「かっこいい!」
「ステキな髪型ですね。」
「かつら変えた?」
いろいろな反応でした。
[PR]
by pyson-i | 2012-02-20 20:36 | Comments(2)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48
とても分かりやすい説明を..
by メロンパン at 22:21
これでお答えになったでし..
by pyson-i at 06:29
メロンパンさん コメン..
by pyson-i at 06:16

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな