イートモ日記

<   2011年 11月 ( 37 )   > この月の画像一覧

物にも心

私は変な服を着ていたり、変な小物を持っていたりします。
子どもたちにつっこまれやすくするためにそうしています。
私の場合、普通にしていると、冷たい印象を与えやすいのです。
だから、つっこまれやすくしています。
子どもたちは私の持っているもののことを「先生は趣味が悪い。変。」などと言ってつっこんできます。
私のねらっている通りなのです。

ある子が旅行に行ったおみやげを買ってきてくれました。
私好みのちょっと変なキャラクターの人形でした。
私は「先生の趣味がわかってるね。ありがとう。孫の代までの宝物にするね。」とお礼を言って受け取りました。
そのやりとりをクラスの子どもたちは見ています。
だから、きっと○○ちゃんが先生のために買った人形のことを「趣味が悪い」などとは言わないでしょう。
絶対に。

でも、次の年になってそのことを知らない子たちは、私の他のものと同じように「趣味が悪いね。」と言うことでしょう。
旅先で私のことを考えてくれて買ってくれたおみやげを「趣味が悪い」と言われるのはどういう気持ちになるのでしょうか?
それも他の物の時と同じようにねらい通りと思うのでしょうか?

私の財布はボロボロです。
よく財布は立派なのがよいとか高級なものがよいとか言われますが、ずっと同じのを使っています。
もう14年間も使っています。
今34歳の妻が20歳の時に、くれたものです。
私の誕生日にくれたものです。

物の背景には人の心があります。
それを作った人。
選んだ人。
贈った人。
もらった人。

そんなことを考えました。
[PR]
by pyson-i | 2011-11-30 20:07 | Comments(0)

オリジナル資料

最近、道徳のオリジナル資料を作り始めています。

同期の仲間が、道徳の研究校で研究主任をしています。
その授業を見せてもらってから、自分もオリジナルの資料作りをやってみようと思い始めました。
やり始めてみると、ものすごく楽しいです。
今日の授業もオリジナル資料でした。
子どもたちの反応がものすごくよいです。
授業をしていて楽しいです。
積み重ねていって、いつか発表しようかなあなんてぼんやりと思っています。
[PR]
by pyson-i | 2011-11-29 20:17 | Comments(0)

8年やっても


昨日の交歓会では、相手チームにものすごく良い選手がいました。
シュートフォームが驚くほどきれいでした。
その選手をじっくり観察していました。

そして、今日。
自分のチームの子どもたちに指導しながら、自分もやってみました。
頭の中であの子のフォームを意識しながら。
すると、つかめました。
セットシュートのコツがわかったのです。
今までわかった、できているつもりでしたが、できていませんでした。
それを5年生の子に教えてもらったのです。
私はミニバスの指導を8年やっています。
それでも、おそらくはじめて数年の5年生の子に教えられることがあるのです。

そして、覚えたコツを子どもたちに教えると、子どもたちのフォームもよくなりました。

まだまだ自分は伸びそうです。
[PR]
by pyson-i | 2011-11-28 21:13 | Comments(2)

ミニバス交歓会

ミニバス交歓会が終わりました。
2連勝でした。
これで、通算成績は7勝1分けです。

結果がすべてではありません。
しかし、まわりの指導者を見ていて、思うところがあり、今回のチームでは結果にこだわっています。
勝つためには、一生懸命練習しなければなりません。
指導技術も持たなければなりません。
子どもたちの気持ちも持って行かなければなりません。

まわりの指導者たちは、「勝つことが目的ではないから」と、最初から勝負はどうでもいいというスタンスです。
まあ、楽です。
だって、勝たなくていいのだから。
練習をして、
多少上手くなって、
試合をやって、
「前よりもうまくなったね。」と言っていればよいのですから。
これでは、うまくならないし、子どもたちがかわいそうです。

私は絶対にちがうと思います。

確かに勝つことは目的ではありません。
しかし、目標とはすべきです。
「勝たなくてもいい。」
確かにそうです。
でも、それは本気で勝ちを目指してから言う言葉です。
勝ちを目指しているからこそ、今日の練習が変わるんです。
一生懸命、勝ちを目指した、精一杯やった、その結果、勝てなかった。
それならいいのです。
本気で勝ちを目指したことで、子どもたちは力をつけたのですから。

今日の試合。
今日の勝利は子どもたちの力です。
私は指導者としてまだまだだなあと思いました。
相手チームに、私のチームの子よりも技能が高い子がいました。
私はあそこまで子どもの技能を高めていませんでした。
チーム力と身体能力が上回っていたので、勝ちましたが、技能だけ見れば、あの選手に私のチームの子たちは負けていました。
今の時点であそこまで育てられるということがわかったのは大きな収穫です。
明日からの練習が楽しみになりました。

それにしても、うちの子たちはよくがんばりました。
声を枯らして全力で応援を続ける子どもたちの姿。
教えられたことを一生懸命やろうとする姿。
途中、何度も泣きそうになってしまいました。

そうそう、あのJ氏が応援(相手チーム)に来て下さいました。
[PR]
by pyson-i | 2011-11-27 19:05 | Comments(4)

久しぶりの

今日はミニバスの交歓会です。
監督として参加は3年ぶりです。
今回は全員を出すことにしました。
結果にこだわってきます。
勝った上で、いろいろ言います。

朝、「感謝」の話をしようと思っています。
[PR]
by pyson-i | 2011-11-27 04:49 | Comments(0)

日直一人制

何度も書いていますが、子どもたちがとてもよい子たちなんです。
だから、現状に満足してしまっていました。
でも、この子たちのことを思えばもっともっと高い要求をして鍛えていかなければなりません。
先週の土作先生の講座を受けて強く感じました。

いくつか新しい試みをしています。

その一つが日直一人制です。
今までは二人でやっていました。
二人で協力してやることのよさはあります。
しかし、どちらかに頼ってしまうこともありました。
それはそれで初期の段階ではよかったのですが、もう後半です。
日直=一日のリーダーとして、一人でやらせきりたいです。

実施してみると、日直になった子たちの動きがすばらしいかったです。
時間の管理がどの子もきちんとできています。
それまで、あまりリーダーの役をやってこなかった子たちが、思いの外、上手だったりしました。
今後は、日直の権限をもっと大きくして、教師の役割を減らしていきます。

給食の準備も早くなりました。
指名なし討論も始めました。

どんどん進化していきます。
[PR]
by pyson-i | 2011-11-26 18:26 | Comments(0)

今はまったく思いませんが

昔の記録を見ていて、
毎日のように「辞めたい。」と思っていた時期があったことを思い出しました。
クラスが荒れていたとか、問題行動があったとか、そういった大きな問題があったわけではありませんでした。
しかし、毎日のように、そして1日に何度も「辞めたい。」と思っていた時期がありました。

今は、1mmもそんなことは思いません。

抜け出したのは、「人との出会い」のおかげです。
ステキな先生とたくさん会ってきたことが今の自分を創ってくれました。

改めて出会いに感謝しています。
[PR]
by pyson-i | 2011-11-25 04:28 | Comments(0)

不思議な感覚

尊敬する先生からメールをいただきました。
ある作家の講演会にこれから参加する、参加したというメールでした。

私は、教育書と同じくらい成功哲学の本を読んでいます。
宗教など持たない私にとって、考え方のよりどころになっているのは成功哲学です。
妻からは「同じような本ばっかり買って」と言われます。
つらい時、おしつぶされそうになった時、うまくいかない時、乗り越えて来れたのは、これらの本のおかげだと思っています。

その中で、ある作品に出会いました。
心を動かされました。
その著者にすぐにメールをしました。
直接会いにも行きました。
「この本の内容を子どもたちに授業したい!」と思いました。
でも、どのように授業化したらよいのかわからず時間だけが過ぎていきました。

成功哲学を子どもたちに教えたい。
子どものうちにこのことを知っていれば幸せになれるに違いない。

その思いが、引き寄せてくれました。
すでに、小学校で成功哲学を教えていた先生との出会いを。

その先生からのメールでした。
メールを読んで、返事をして、不思議な感覚でした。
あの時、本を読んでいなければ。
あの時、セミナーに参加していなければ。
あの時、勇気を出して話しかけていなければ。

今の自分はいない。

それほど私に影響を与えて下った、作家さんと先生がつながった。

心から尊敬するお二人との出会いに感謝しています。
[PR]
by pyson-i | 2011-11-24 03:30 | Comments(2)

二人でホメホメクラブ

公開研究会の休憩時間に、いっしょに参加していた同僚の先生と話していました。
職場の先生方の話を。
改めて私の学校には素晴らし先生方がたくさんいらっしゃると思いました。
悪口のような言葉は一切出てこないで、二人ともひたすら職場の先生方のここがすばらしいというホメホメクラブでした。
指導力のある先生方。
母親のように子どもたちをきめ細かくお世話して下さる先生方。
何かしているとすぐに動きを感じて手伝ってくだっさる先生方。
呼応の動きができる先生方。
見守って下さり、相談にのって下さる上司。

私の学校はとてもよい学校です。
子どもや保護者のみなさんがまずよいです。
でも、先生方もすばらしいのだと改めて思いました。
自分は恵まれているなあと思いました。
職場の先生方の影響をもろに受けて、今の自分はいます。

先生方のよいところの話をいっしょにしてくださった先生に感謝します。
二人でホメホメクラブ、最高でした。
その先生が、私のクラスの子たちを1、2年で教えて下さいました。
子どもたちは、その先生のことが大好きです。
人の良い面に目を向けるすばらしい先生です。

そして、私もほんのちょっとでもまわりの人の役に立てればと思いました。
[PR]
by pyson-i | 2011-11-23 05:31 | Comments(0)

公開

このブログにもよくコメントをしてくださる仲間のJ氏の公開授業を見てきました。

授業がうまい!
子どもたちが楽しそうに、夢中になって学習していました。
素材そのものは、それほどおもしろいものではありません。
それを、あんなに夢中に取り組ませるのは教師の腕です。
そして、子どもたち。
「わからない。」と言える子。
その子に「どれどれ、教えてあげるね。」と教えに行く子。
子ども同士の関わりを大事にしていることがわかりました。
日々の授業の中で意図的に、
教材と子どもをつなぐこと。
教師と子どもがつながること。
子ども同士をつなぐこと。
これがされていることがわかりました。
よい授業、よい学級経営を見せていただきました。

授業終了後に、私は握手やサインをねだる子に囲まれました。
とっても人なつっこくてかわいい子たちでした。

ちなみに、教室に行ったとたんJ氏に「モノマネの名人が来ました。」と言われました。
[PR]
by pyson-i | 2011-11-22 22:55 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

最新のコメント

授業をした直後、「ああ、..
by pyson-i at 05:14
飯村先生が授業下手って(..
by 松尾 at 22:42
元教え子さん。コメントあ..
by pyson-i at 20:36
コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな