イートモ日記

<   2011年 05月 ( 40 )   > この月の画像一覧

悪口を言わない。

先日の「明日の学級づくりを語る会」では、子どもにプラスのレッテルをはるという話をしました。
それに関連して、自分の中で決めていることがあります。
それは「絶対に子どもの悪口を言わない」ということです。
私が子どもの悪口を言っているのを聞いた人は、いないはずです。
たぶん。
きっと。
なぜなら、自分の中でそのように決めているからです。
もう何年も自分との約束を守り続けているので、「つい言いたくなる。」ということもありません。
[PR]
by pyson-i | 2011-05-31 20:36 | Comments(0)

お掃除ルーレットをやってみようかなあ

ここ何年か掃除では土作先生の「清掃士資格認定制度」を追試してきました。
おかげで、毎年子どもたちの掃除への取り組みはすばらしかったです。
しかし、今年度はそれが必要ありません。
ちょっとした声かけで子どもたちは一生懸命働いています。
何なのでしょう?
この素直さは?
そのくらいよくやっています。
サボる子なんて一人もいません。

よくあるお掃除ルーレットシステムも、この子たちならうまく機能しそうです。
これまで、このやり方が好きではありませんでした。
なぜなら、きちんとやっていてもそうでなくても次の時には同じように仕事がまわってくるということが嫌だったからです。
しかし、この子たちの場合、このツールを使って鍛えることができそうです。
これできちんとできれば、ホンモノです。
[PR]
by pyson-i | 2011-05-31 20:29 | Comments(0)

子どもたちの姿

今日は朝の会から帰りの会まで大学生が教室にいました。
とても熱心な学生で、終わった後1時間くらい質問タイムが続きました。
1日の活動をいろいろ解説しました。
話している私自身が勉強になりました。
このような機会があったことに感謝しています。

学生さんは子どもたちの姿に感動していました。
私の自慢の子どもたちです。
素直にうれしいです。

それにしても大学生の時から、現場に丸1日張り付くなんて、ものすごい気合いです。
きっとすごい教師になるのでしょうね。
[PR]
by pyson-i | 2011-05-31 20:22 | Comments(0)

今日は

今日は大学生が1日学級にいます。
「将来は小学校の先生になりたい。」と言う熱心な学生さんです。
せっかく来てくれるので、そんな夢を壊さない1日にしたいです。
あまりムチャぶりはしないようにします。
[PR]
by pyson-i | 2011-05-31 04:54 | Comments(0)

明日の学級づくりを語る会

2時間、学級づくりについて語り合ってきました。
あっという間でした。
もっともっと話が聞きたかったです。
刺激を受けてきました。
明日、子どもの前に立つのが楽しみです。
[PR]
by pyson-i | 2011-05-30 21:32 | Comments(0)

ミニバス

ミニバス練習が始まりました。
子どもたちはものすごくがんばっています。

この子たちを強くすることで、ここ数年市内で常識になっていることを覆したいです。
それは「強い社会体育のチームがある学校が優勝する。」ということです。
これを覆したいです。
そうではなくて「真面目に努力しているチームが優勝する。」という常識を作りたいです。
口で言うのは簡単。
実行あるのみです。

ドラッガーの「マネジメント」を読んでいたらできるような気がしてきました。
[PR]
by pyson-i | 2011-05-29 20:23 | Comments(0)

目的と目標

生徒指導主任として、今年度、重点目標については数値目標を設けました。
数値目標という言葉に反発する方もいるかもしれません。
目的と目標の違いをきちんと理解しておく必要があります。
この場合の目的は、「子どもたちが幸せになるため」です。
そのための一つの目標が「あいさつができる」ということです。
目標はあくまでも目的に近づくための道標(みちしるべ)です。
それを見えやすくするために数値化しただけです。
あくまでも道標なので、達成することだけに夢中になっては、意味がありません。
ここをきちんと生徒指導会議の中で、確認しておかなければ、先生方は動いてくれません。
[PR]
by pyson-i | 2011-05-29 20:19 | Comments(0)

ピンチはチャンス

長男の髪を切っていました。
切っている途中にいつも、嫌がって「早く。早く。」と言ってきます。
じっとしているのに耐えられないのです。
この日の彼は小さなはさみを持っていました。
「ちょっと自分で切っていい?」
と聞いてきました。
それであきないで、じっとしているならと思い、
「ちょっとだけならいいよ。」
と言うと、自分でほんのちょこっとずつ前髪を切っていました。
これくらいだったら、後で整えれば大丈夫と判断しました。
その間に、私は横と後ろを切っていました。
しばらく夢中で切っていると、妻が来ました。
信じられないものを見た表情です。
なんといつのまにか長男が前髪をものすごく短くしていました。
しかもギザギザです。
絶句。
私たちの表情を見て、長男は泣き出しました。
しかし、ピンチはチャンス。
これを活かしてかっこいい髪型にしてやろうとすぐに気持ちを切り替えました。
がんばること20分。
今までの彼とは全く違うスポーティーな髪型になりました。
かなりかっこいいです。
自分も短くしようかなあと思うくらい。
いやあ、よかった。
よかった。
[PR]
by pyson-i | 2011-05-29 19:49 | Comments(0)

イベント

学年や学級でイベントを仕組んでいくことはよいと思います。
でも、「めあてがないと、荒れるから。」という理由で学校行事の合間に次々とイベントを仕組むのはどうかなあと思います。
それがないと荒れてしまう教育ってどうなのでしょうか?
「イベントを通して、個人や集団にどんな力をつけるのか?」
そういう発想でないと、イベントを仕組んだところで、だめだと思います。

ちなみに、私のクラスは来週「得意技発表会」を開きます。
このイベントでは、友だちの意外な一面を知ることができるし、それぞれの得意分野で友だちに自分のよさをアピールすることができます。
発表者よりも見ている子の指導が大事になります。
一生懸命発表しているのに、失礼な見方をされたら、効果がありません。
自己肯定感を高めること。
友だちの意外な一面を知ること。
発表力。
発表を見る力。
肯定的、共感的感情を表す力。
クラスの団結力。
こういった力をつけるために行います。

詳しくは「授業づくりネットワーク」の3月号に書きました。
よかったら読んでみて下さい。
[PR]
by pyson-i | 2011-05-26 19:46 | Comments(0)

気候の特色に合わせた人々のくらし

社会の授業。
最初にこう言いました。
「先生,沖縄にこういう家を建てようと思うんだ。暑さ対策ばっちりでしょ。」
言いながら、「3びきのこぶた」の絵本の中から,わらの家を見せました。
すると、子どもたちは、
「台風で絶対飛ばされちゃうよ。」
「雨もりがひどいからやめた方がいいよ。」
こんな反応でした。
みんなが反対でした。
ここから、沖縄では住まいにどんな工夫をしているのかを調べました。

有田先生のポストを参考にこのような導入を考えました。
[PR]
by pyson-i | 2011-05-25 21:55 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48
とても分かりやすい説明を..
by メロンパン at 22:21
これでお答えになったでし..
by pyson-i at 06:29
メロンパンさん コメン..
by pyson-i at 06:16

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな