イートモ日記

<   2010年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Mini-1にむけて

Mini-1が迫ってきました。
発表する授業は、ぼやっとしたものは頭にありますが、まだ具体化していません。
今はまだイメージを広げている段階です。
来週あたりから、授業化していこうと思っています。

Mini-1は、名前を見ればわかるとおり、漫才のM-1からきたものです。
M-1スタイルのコンテスト形式で、授業で使えるネタやそれを使う腕を競う場です。
だから、順位にこだわることも大事です。
しかし、あくまでも見て下さった方に、「授業で使えるネタや、やり方を提供する場」であることを忘れてはいけません。
順位というのは、あくまで結果であって、最初からそこをめざすつもりはありません。
単なる発表会にするより、このようなコンテスト形式にした方が、発表者にも刺激になるし、見ている人も楽しんで見ることができます。このMini-1という形はすごいと思います。これは、昨年出場して実感したことです。

だからこそ、見失ってはならないのは、発表者、参観者、その他の人たちがそれぞれの立場での「目的」です。
私が今回参加する目的は、次の2つです。
①参観されたすべての方に、おもしろい授業のネタを提供する。
②Mini-1、JUTを通して、高めた力を見てもらう。

これらの目的のための目標が「優勝すること」です。
[PR]
by pyson-i | 2010-07-31 07:56 | Comments(0)

学級通信

昨日はかなり時間をかけて、8年半で書きためた学級通信をすべて読み返しました。
タイトルを並べてみます。

1年目「ドリーマー」
    夢を持とう!というメッセージを込めて付けた記念すべき最初の学級通信。

2年目「どらぽけ」
    ドラえもんのポケットの略。
    楽しい道具がたくさん出てくるドラえもんのポケットのようなクラスにしよう。
    そして、最高学年として全校の役に立とう。
    そんな思いを込めました。

3年目「WA」
    和(仲がよい)
    輪(輪の演技に代表される学校の伝統を引き継ぐ
    わっ(すばらしくて驚く)!

4年目「わっしょい」
    最高学年として、みんなで「わっしょい」とおみこしをかついでいこう。

5年目「くらすくらす」
    ただいっしょに勉強するだけのクラスではなくて「暮らすクラス」になろう。

6年目「創る」
    新設校の1年目
    新しい学校、新しいクラスをみんなで創っていこう。

7年目「SACCHAN NEWS」
    クラスのシンボルキャラクター「さっちゃん」からとった名前。

8年目「はやあさ」
9年目「はやあさ」
    教え子が言ってくれた言葉「はやく明日の朝になればいいのに。」の略。
    放課後帰るときに、子どもたち全員がこのように思える楽しいクラスをつくりたい。
    そんなメッセージを込めました。

必要があってすべて読み返しました。
全部で500号くらいありました。
けっこういろいろやっていたなあと懐かしく思いました。
でも、最初の頃のものは、読んでいて恥ずかしくなるくらいあつかったです。
変な汗をかきました。
[PR]
by pyson-i | 2010-07-30 07:11 | Comments(0)

学校=テーマパーク

今日は、ある人の話を聞いてきました。
千葉には、あの有名なネズミのいるテーマパークがあります。
そのテーマパークを運営する会社の人の話でした。

印象に残ったのは、「学校=テーマパーク」ということです。

その方は、学校の研修の講師として呼ばれ、数十年ぶりに学校を訪れたそうです。
その時に、学校は一般社会とは違う空間であると感じたそうです。
学校独特のにおい
子どもたちのにぎやかな声やチャイムといった音
跳び箱、フラスコ、黒板など学校にしかない物
こういったものがある空間はまぎれもなくテーマパークである。
「学びの場」というテーマのテーマパーク

私は、毎日いるので感覚がマヒしてしまっていますが、実におもしろい見方だと思いました。
学校は確かに、一般の社会とは明らかに違う世界です。
キャスト=教師
ショー、アトラクション=授業、行事
と考えることができます。

そのテーマパークのテーマは「ゲストにハピネスを提供すること」だそうです。
学校のテーマは「人格の完成を目指すこと」でしょうか。

やはり教員以外の人と関わるといろいろな考えに触れることができて、いいなあと思いました。
[PR]
by pyson-i | 2010-07-28 17:32 | Comments(0)

ちょっとだけこだわっていること

昨日はミニバスの審判をやりました。
ちょっとした練習試合だったからか、私以外の審判は皆普通の服装でした。
でも、私は審判用の服(レフェリーカッター)を着てやりました。
私は、試合の大小に関わらず、絶対にレフェリーカッターを着て審判をするようにしています。
それがちょっとだけこだわっていることです。

カッターを着て笛を吹くことで、まわりから「審判」として信頼されます。
審判を信頼できるということは、子どもにとってはよいことです。
例えば、負けたときです。
審判のジャッジが悪くて負けた。
こう思ってしまっては、うまくいかない原因が自分たちの力不足であるということになかなか目が向きません。あの「審判のせいで」と思わせてしまったら、かわいそうです。伸びる機会を奪ってしまいます。

今から朝練に行ってきます。
今回、指導を外れているので、お手伝いですが、一生懸命にやっている子どもたちを見るとちょっとでもうまくしてあげたいなあと思っています。
[PR]
by pyson-i | 2010-07-28 05:49 | Comments(0)

教えるっていい仕事だな

今日は午前中にミニバスの審判をやりました。
私の学校のクラブチームの子はダントツでうまかったです。
ここまでうまくなったら、バスケットが本当に楽しいだろうなあと思います。
指導者も、教えていて楽しいと思います。

午後は、図工の研修会に参加してきました。
最初の新教育課程の話は睡魔との戦いでしたが、実践発表で一気に目が覚めました。
実践発表をされた先生がすばらしかったです。
図工の専科の先生でした。
絵画指導の実践発表でした。
ご自身が指導されている3年生から6年生までの絵をずらーっと壁にかざって見せて下さいました。全部で100枚以上はありました。
すごい!!
どうやったら、子どもがこんな絵を描けるんだ!
こんな絵が描けたら子どもは図工が楽しいだろうなあ。
自分もクラスの子にこんな絵を描かせられるようになりたいなあ。
そんなことを思いました。
さっそくこの先生にお手紙を書きました。
この先生にお会いして直に教えを請おうと思います。

ミニバスにしろ絵にしろ、教えたことで子どもができるようになるってすごいことです。
教えるっていい仕事だなあと思いました。
やっぱり教師はいい!
[PR]
by pyson-i | 2010-07-27 18:09 | Comments(2)

レーシック

小学校時代左右2.0あった視力も、今では0.1ありません。
眼鏡やコンタクトがないと何も見えません。
妻もいっしょです。
そこで、1年くらい前からレーシック手術に興味を持ち始めお金を貯めていました。
今年の夏、妻といっしょにレーシック手術を受ける計画です。
そして、昨日、電話で予約をとりました。
もっと簡単にできると思っていましたが、結構時間を取られることがわかりました。
1日目:検査(3、4時間)
2日目:手術(回復の時間も含めて3時間)
3日目:翌日の検査(1時間、場合によっては2時間以上)
4日目:1週間後の検査(1時間)
この後もまだ検査をするそうです。
東京の病院に往復するのにも時間がかかります。
うーん。
めんどくさくなってきました。
でも、このめんどくささを超えれば、眼鏡やコンタクトを使わない生活が手に入ります。
手術のリスクもあります。
とりあえず、1日目の検査を受けてからやるかどうか最終的に決めようと思います。
[PR]
by pyson-i | 2010-07-27 05:11 | Comments(0)

赤坂先生から

本日、植物に水をやるために学校に行きました。
すると、私の机の上にはがきがありました。
なんと、赤坂先生からです。
私のクラスの「ホメホメクラブ八千代支部長」(私のクラスの子、赤坂先生に任命していただきました。)にお手紙を書いて下さいました。
超超超お忙しい先生なのに、こんなのことをしてくださるなんて!
感激しました。

1ヶ月くらい前のことです。
私は追実践をすると、オリジナルを考えた方に報告をするようにしています。
今回も、赤坂先生に「ホメホメクラブ」の報告をしました。
それが赤坂先生のブログで紹介されました。
支部長の子にブログで紹介されたことを伝えました。
赤坂先生のことを、私が尊敬する先生で、ホメホメクラブを考えたすごい先生だよと紹介しました。
写真も見せました。
すると、赤坂先生に手紙を書きたいというので、彼女が授業後に書いた感想といっしょに手紙を出しました。
今日いただいたのは、そのお返事でした。
赤坂先生はお手紙の中で、その子のことをほめてくれていました。
私はこの子を担任してから、彼女の心のコップを愛情で満たしてあげたいと思っていました。
今回、赤坂先生に直接、協力していただけるなんて、感激です。
私は赤坂実践の影響をもろに受けているので、間接的にはいつも力になっていただいています。
赤坂先生なくして今の自分はいません。そのくらい影響を受けています。

さっそくいただいたお手紙を明日届けに行こうと思っています。
彼女の笑顔が浮かんできます。
[PR]
by pyson-i | 2010-07-25 20:47 | Comments(0)

最近身につけた技

最近、矢野顕子のモノマネをマスターしました。
精度はかなり低いです。
最悪でしょう。
でも、うちの長男にはうけます。
どんな状況でも、
「二人の恋はまるで~♪」
と歌い始めると大爆笑です。
試しに今やってみたら、また大爆笑です。
これは我が家では使えます。
[PR]
by pyson-i | 2010-07-25 20:20 | Comments(2)

入力型学習と出力型学習

野中先生のブログ「風にふかれて」で、「入力型学習」と「出力型学習」について書かれていました。
自分自身の学びに置き換えて考えてみると、「なるほど、その通りだ。」と納得しました。


私は初任の頃からいろいろなセミナーに参加してきました。

講師は教えてくれる。
私は話を聞く。

入力型学習です。
2万円を払って、有名な先生の教え方教室に行ったこともありました。
当時としては、これはこれで有意義な時間でした。
こういった時間があったから今の自分がいるのだと思います。

でも、参加の仕方をここ何年かで変えてきました。
出力型学習をするようになりました。
きっかけは、ある勉強会ででした。
交通費と時間をかけ、すばらしい先生方の実践を学びに行きました。
講師の先生方はすばらしく、よいお話を聞くことができました。
でも、どうも不満足でした。
やっぱり聞いているだけじゃだめだと帰りの電車の中で思いました。

そこで、その勉強会の第2回目では、実践発表することを立候補しました。
「心と心をつなぐソフトバレーボール」という実践でした。
たった7分という時間でしたが、それにむけて準備したことや、終わった後に聞いて下さった先生方から教えていただいたこと、大勢の人の前で話したことなどはそれまでの聞いているだけの状態からは比べものにならないほど勉強になりました。

やっぱり、こうでなくちゃ。

これで、完全に味をしめました。
以来、出力型学習をするようになりました。
セミナーで話をする。
本や雑誌の原稿を書く。
それまでの入力型学習だけとはまったく違う学びになっています。
出力するためには、入力をしなければなりません。
入力型学習の質も上がりました。

今年の夏は4つのセミナーに参加します。
そのうち、3つで出力する場をいただきました。
このような機会を与えていただいたことに感謝しています。

セミナーに参加して、教えてもらう。
これだけでは、入力型学習で終わってしまいます。
それでは、講師以外はみんな出力型学習ができないのでしょうか?
そんなことはありません。
出力型学習は、講師だけができるものではありません。
聞いている人もできます。
教室に帰って、自分のクラスでやってみる。
学んだことを文章にまとめる。
仲間と学んだことについて話し合ってみる。
これらも立派な出力型学習です。
だから、出力することを前提にした入力型学習をすることが大切なのです。
入力→出力→入力→出力・・・
これを繰り返していくことが学びの質を上げます。
[PR]
by pyson-i | 2010-07-25 10:01 | Comments(0)

お祭り

地元のお祭りに行ってきました。
家族4人で行ってきました。
長男にゴセイナイトのお面と剣を買ってあげると、とても喜んでいました。
お面をかぶってポーズを決めている姿がかわいかったです。
帰ってからもずっとそれで戦いごっこでした。

私は、このお祭りに、子どもの頃からほぼ毎年行っています。
子どもの頃は、本当に楽しみでした。
何ヶ月も前から、友だちとお祭りの計画を立てていました。
最初に何を買って、何をして遊ぶか。
そんなことを何ヶ月も前から、夢中で話し合っていました。
この日ばかりは、お小遣いをいっぱいもらえて好きなものを帰るというのがよかったです。
雨で中止になった年は、がっかりしたものです。

子どもの頃、お祭りの日にはお金を落とす人がたくさんいるから、翌日の早朝に行けば、お金がいっぱい落ちているという噂が流れました。
私たちもお金が落ちていないか探しに行きました。
それも毎年。
でも、1回も見つけられませんでした。

お祭りの時に友だちとけんかしたことや、好きな子といっしょにいったこと、かたぬきのおじさんが子ども相手にむきになっていたこと、受験勉強で行かなかったことなど、いろいろなことを思い出しました。
おじちゃん、おばちゃんになっていた同級生にも会いました。
いつの間にか年をとりました。
[PR]
by pyson-i | 2010-07-24 20:57 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

最新のコメント

授業をした直後、「ああ、..
by pyson-i at 05:14
飯村先生が授業下手って(..
by 松尾 at 22:42
元教え子さん。コメントあ..
by pyson-i at 20:36
コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな