イートモ日記

まずは振り返る

長期の休みに入ると、それまでの実践を振り返るようにしています。
数年前から、仲間と2,3人でそれぞれの振り返りをレポート書いて意見交換を行っていました。
昨年度は、拡大サークルとして、サークルの仲間と一般参加の先生方と十数名で行いました。さらに、校内で呼びかけたところ、数名の同僚が集まり、年度末に意見交換をしました。
その時その時で、一生懸命に取り組んでいたことを落ち着いて振り返ってみます。
振り返れば、それは宝の山です。
振り返らなければ、そのまま流れていってしまいます。
何がうまくいって、何がうまくいかなかったのか。
その原因は何か。
1学期が終わった今書くことに価値があります。
書くために、1学期に書いた週案と学級通信、ノートを全部読み返しました。
ここから成果と課題を3つずつ書きます。
書いた時点で、ほぼ満足です。
その上に、同僚や管理職からも意見を言っていただけるのです。
どんな講座を受けるよりも大きな学びになります。

今回は夏の校内研修の1つに位置付けてもらいました。


[PR]
# by pyson-i | 2017-07-22 22:08 | Comments(0)

得をする

来週の校内研修の道徳講座のための準備を始めました。
これまで集めてきた資料を読み返したり,プレゼン資料を作ったりしています。
この機会がなかったら怠け者の私はぜーったいこんなことをしていないので,今回も得をしているのは私です。
「やります!」
今回もこの言葉で成長できそうです。
[PR]
# by pyson-i | 2017-07-20 21:40 | Comments(0)

1学期が終わりました

これ以上のことはできない。

1学期を終えてそう思いました。
もちろん,今から振り返って「あの時あれもできた。これもできた。」というのはあります。
それについては,これから振り返って整理し,今後に活かしていきます。
しかし,その時その時ではベストだと思ってやってきました。
今感じているのは,心地よい疲れです。

さあ,夏休みもやることはいっぱいあるぞ。
まずは,来週の道徳講座の準備,学級経営を振り返る会のレポート作成。

それにしても,明日から子供達に会えないのは寂しいなあ。
[PR]
# by pyson-i | 2017-07-20 21:37 | Comments(0)

クラス会議の話をします

この夏は2か所でクラス会議の話をします。
13年ほど前に『クラスはよみがえる』という本に出合って衝撃を受けました。
それに数ページ書かれていたことを頼りに,クラス会議の実践を始めました。
まわりにクラス会議を実践している人はいなく,この本だけを頼りに1人で実践していました。
うまくいかず,それでも「ああでもない。こうでもない。」と悩みながら自分なりに実践を続けました。
数年後,赤坂先生に出会いました。
赤坂先生のご講演,ご著書,いただいたマニュアルにより,なんとか形になってきました。
しかし,それでもうまくいかないことだらけでした。
何度も赤坂先生の話を聞きに行ったり,本を読んだり,自分なりに修正をしたりを繰り返しました。

うまく機能するようになったのは,ここ5,6年のことです。
実践の半分くらいは暗黒時代でした。

それが,こうやって人前で話をするようになるというのが実におもしろいです。
うまくいかなかった期間が長くあったので,だからこそ人に伝えられるのだと思っています。
[PR]
# by pyson-i | 2017-07-17 21:00 | Comments(0)

菊池省三先生のお話をお聞きしてきました

今日は木更津まで行って,菊池省三先生のお話をお聞きしてきました。

2つ書きます。

1つ目は,対話のよさを実感できたことです。
毎回,菊池先生は気さくに話しかけてくださいます。
今回も菊池先生と1対1で対話をすることができました。
その中で,最近読んだ先生の本の話をしました。
わずか5分の対話でしたが,これまでのいろいろなことがつながり自分の中ではかなり深い話ができました。
自分がこんなに身振り手振りを使って話をしていることに驚いたほどです。
私は普段人と話す時にこんなに手を使っていないと気づきました。
自分の気づきを何とか伝えたいと必死になったようです。
わずかの対話の時間で,相手にこれだけのインパクトを与える菊池先生はさすがだと思いました。
そして,今回隣でいっしょに講座を受けたのは松尾氏です。それぞれが感じたことを話し合ったことでも対話のよさを感じました。同じように感じたこと,違うところ,おもしろかったです。

2つ目は,菊池先生の授業のうまさです。
授業観に基づく,一つ一つの指導言,所作などさすがです。
たくさんメモしました。
さっそく取り入れようと思います。
[PR]
# by pyson-i | 2017-07-16 20:57 | Comments(0)

信じているからな。

「おれはお前のことを信じているからな。」

親友の松尾英明氏が教え子に言い続けていたというこの一言。
松尾氏と知り合った頃,上の言葉を聞いた。

生徒指導場面になると,松尾氏のこの言葉を思い出す。
そして,松尾氏が言っていた「信じている」という言葉の意味を自分なりに考える。
信じているという言葉は深い。
教師は子供のうそを見抜かなければならない。
本当のことを言っているのか,うそを言っているのか。
うそだと見抜いた上で,それを承知で,その子が成長するためにはどうすればよいのかを考える。
だまされたフリをするのか。
正すのか。
信じているというのは,その子が成長することを信じているということだ。

うそをついているとかついていないとかそんな浅いことではない。
「お前の成長を信じている」
そういうことなのだと今思う。
[PR]
# by pyson-i | 2017-07-08 08:18 | Comments(0)

前任校の授業参観に行って来ました。

前任校の授業参観に行って来ました。

自分が4年生で教えた子供たちが,現在6年生になっています。

自分が1年間教えた子供達が現在どうなっているのか?
私の教育を1年間くぐった子供達はどうなっているのか?
1年間「これ以上のことはできない」と最善を尽くしたつもりではあるけれど,それが自己満足になっていないかどうか?
そんなことを,直接自分の目で見て知りたい。
いや,単純に大好きなあの子達に会いたくて会いたくて会いたくて,それだけだったのかもしれません。

とにかく,日程が合ったので,行ってきました。
授業参観だけピンポイントで行ってしまうと,騒がしくなって,担任の先生に迷惑をかけてしまうと思い,ちょっと前から行きました。
教室に行く時,ドキドキしました。
1年3か月のブランクがあるのに,当時のように子供達は話しかけてくれました。
ちょっと見ない間に,子供達は大きくなっていました。
6年生らしくなっていました。
授業もがんばっていました。
そんな姿を見られてうれしくなりました。
いや,本当はがんばっていてもいなくても,会えただけでうれしかったのかもしれません。

授業後には,たくさんお話ができました。
たくさんのエネルギーをもらいました。

お世話になった保護者のみなさんともお話ができてよかったです。
中学校3年生になる教え子達の様子も聞かせてもらいました。

お忙しいのに,先生方は温かく迎えて下さいました。
感謝しております。

そうそう,「イートモ日記読んでます。」と声をかけてもらいました。
○○さん,読んでいますか?
今日は会えてうれしかったです。
[PR]
# by pyson-i | 2017-07-01 16:05 | Comments(0)

今年の夏は

ここ数年,県外から講師依頼をいただいて、遠出していたのですが、今年はそれがありません。
今年は県内の官制研修が3つのみです。
県内の教育委員会の研修が1つ。
県内の教育研究会が1つ。
自分の学校の校内研修が1つ。
うれしいのは、自分の学校で夏休みに私の学級経営の講座を開かせてもらえることです。
それも、前任校から続いて3年連続で。
直接見てくれている人たちから、自分の学級経営が認めてもらえているようで、これはうれしいです。
手の届く範囲で自分ができることに精いっぱい取り組んでいこうと思います。

ブログを書く時間があったら学級通信を書こうというのが今のスタンスです。

今年は4月からで、現在57号まで書きました。
過去最速ペースです。
[PR]
# by pyson-i | 2017-06-24 21:43 | Comments(0)

授業力&学級経営力 2017年7月号

『授業力&学級経営力 2017年7月号』に少しだけ書かせていただきました。
https://www.meijitosho.co.jp/detail/21088
c0167323_20595280.jpg

[PR]
# by pyson-i | 2017-06-13 20:59 | Comments(0)

道徳な日々

9日(金)は,指導室訪問で道徳の授業を展開した。
この授業に向けて,学年の他のクラスで授業をやらせていただき,先生方のご意見も聞くことができた。
「考え議論する」道徳に向けて,大きなヒントを得ることができた。
その日のうちに子供たちのノートを読んで感想をまとめる。
夜はそのままサークルへ。
さっそくこの日の授業を紹介する。
自分自身を振り返る発問が思い浮かばないでいたが,高橋先生によいことを教わる。

10日(土)は朝から大宮へ。
「主張ある道徳授業を創る!」の学習会に参加した。
連日の疲れが出て、ちょっとつらかったが,やはり来てよかった。
午前中の実践発表では,大いに考えさせられた。
深澤先生にズバッと斬られていたが,自分自身が斬られているようだった。
鈴木健二先生の「小さな道徳授業」は,自分が毎朝やっていることと同じだった。
もちろん鈴木先生のものははるかにハイレベルだった。
切り口のバリエーションが増えた。
横山験也先生の「道徳読み」。
この発想は私にはなかった。
そして、やってみたいと思った。
既知道徳。改知道徳。新知道徳。
子供たちがどんなことを言うのか楽しみだ。

「小さな道徳」+「道徳読み」と組み合わせてやってみようと思った。

深澤先生の「禁じ手」の発想,そして、「子供が学校生活の中で一番勇気を発揮する場面はいつか?」という問い。
本当にすごい先生だ。

懇親会でも大いに語ることができた。

行き帰りの中での読書も含めて,この日も道徳漬けの1日だった。

[PR]
# by pyson-i | 2017-06-11 19:55 | Comments(0)

小学校の教員イートモの日々の出来事や思いのメモです。 
by pyson-i
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by pyson-i at 21:24
元教え子さん コメント..
by pyson-i at 17:09
ほんと素敵ー
by たつちゃんねるtatutyanneru at 07:49
そうなんですよね。 挙..
by pyson-i at 20:17
発言しなくても、脳に汗を..
by スギちゃん at 21:29
ご盛会をお祈りしています!
by pyson-i at 20:39
イートモ先生 告知あり..
by セミナー事務局 at 09:48
とても分かりやすい説明を..
by メロンパン at 22:21
これでお答えになったでし..
by pyson-i at 06:29
メロンパンさん コメン..
by pyson-i at 06:16

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな